セブンスコードは七の和音

メジャーコード(長三和音)やマイナーコード(短三和音)に、メジャーセブンス(長七度)やドミナントセブンス(短七度)が加わったコードを、まとめてセブンスコードと言い、日本式には七の和音と言います。ルートを3弦3フレットの「C」として、セブンスコードのポジションを復習しておきましょう。

セブンスコード(七の和音)のまとめ

メジャーコード
メジャーコードのポジションを表した指板図
メジャーセブンスコード
メジャーセブンスコードのポジションを表した指板図

メジャーセブンスコード(長七の和音)

左(上)の指板図が、三和音のメジャーコード「C」で、右(下)の指板図が、長7度を表す記号の長七度を加えた、四和音のメジャーセブンスコード「CM7」です。3弦3フレットのルートを表す記号から、音が高くなる1弦4フレットの長7度を表す記号を上の長七度、音が低くなる3弦2フレットの長7度を表す記号を、下の長七度としておきましょう。


メジャーコード
メジャーコードのポジションを表した指板図
ドミナントセブンスコード
ドミナントセブンスコードのポジションを表した指板図

ドミナントセブンスコード(属七の和音)

同じく、左(上)の指板図のコード「C」から考えると、そこへ短七度の短7度を表す記号を加えたのが、右(下)の指板図のコード「C7」です。3弦3フレットのルートを表す記号から1弦3フレットの短7度を表す記号が上の短七度、3弦1フレットの短7度を表す記号が下の短七度です。コード「CM7」の上下の長7度を表す記号を、半音下げたものと考えてもいいでしょう。


マイナーコード
マイナーコードのポジションを表した指板図
マイナーセブンスコード
マイナーセブンスコードのポジションを表した指板図

マイナーセブンスコード(短七の和音)

今度は左(上)の指板図で見られる、三和音のマイナーコード「Cm」から考えてみましょう。そこに短七度である短7度を表す記号を加えたのが、右(下)の指板図の、マイナーセブンスコード「Cm7」です。先ほどのドミナントセブンスコード「C7」の、長3度を表す記号が半音低くなっただけなので、1弦3フレットと3弦1フレットの短7度を表す記号には、何の変化がないことを理解しておきましょう。


マイナーコード
マイナーコードのポジションを表した指板図
マイナーメジャーセブンスコード
マイナーメジャーセブンスコードのポジションを表した指板図

マイナーメジャーセブンスコード(短三長七の和音)

同じくマイナーコード「Cm」から考えてみますが、長七度の長7度を表す記号を加えてやりましょう。これはここまでには登場していないセブンスコードで、右(下)の指板図なら「CmM7(シーマイナーメジャーセブンス)」と言い、日本名では短三長七の和音です。三和音の「Cm」と、長七度の長7度を表す記号を組み合わしているのが、コード名と指板図からも分かると思います。

セブンスコードの種類と読み方

セブンスコードを4種類を見てきましたが、この他にもセブンスコードの種類はあります。それらはエレキベースのコードで説明しているので、必要に応じて覚えていけばいいでしょう。また、セブンスコードの読み方についてですが、例えば「CM7」なら「シーメジャーセブンス」ですが、最後の「ス」を省いた「シーメジャーセブン」と読み書きする人もいます。些細なことですが、覚えておいてもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です