Eマイナースケール(ホ短調)

主音が「E」音のマイナースケールがEマイナースケールです。ここでもピアノの鍵盤図と、エレキベースの指板図の両方から、Eマイナースケールを考えてみましょう。要領はこれまで通り♭か#を使い、マイナースケールの並び方にします。

Eマイナースケール(ホ短調)の内容

Eマイナースケールのホ短調になっていない鍵盤図

Eマイナースケールはホ短調

Eマイナースケールは日本式でホ短調(ほたんちょう)と言います。第一音の「E」音から「F」音は半音なので、いきなりマイナースケールの並び方になっていません。これをマイナースケールの「||||||」に変えるには、どうすればいいでしょうか。過去のページを順番に見てきた人なら、それほど難しいことではないので、先ずは自分で考えてみるのもいいでしょう。


Eマイナースケールのポジション
Eマイナースケールのポジションを記した指板図
Eマイナースケールの音名
Eマイナースケールの音名を記した指板図

Eマイナースケールのポジションと音名

Eマイナースケールのポジションは、Aマイナースケールのポジションを、弦一本分ずらしたポジションになっているのが、分かるでしょうか。Aマイナースケールの音名には、どの音にも♭や#は付きませんでしたが、Eマイナースケールは4弦2フレットに「F#」が入っています。フレットだけを見て考えると「G」とも言えますが、ここは「F#」で考えてください。


Eマイナースケールのホ短調を表す鍵盤図

Eマイナースケール(ホ短調)の完成

主音の「E」音から「F」音へ進まず、「F#」音へ進むと全音になり、「F#」音から「G」音が半音となるので、「F」音を半音上げることで、辻褄が合うわけです。これでマイナースケールの並び方になり、このEマイナースケール(ホ短調)の場合だと、第一音の主音が「E」、第四音の下属音が「A」、第五音の属音が「B」、第七音の導音(正確な導音ではない)が「D」となります。


EマイナースケールのF♯は嬰ヘを説明する小節

Eマイナースケールの「F#」は「嬰ヘ」

Eマイナースケールのホ短調を、改めて確認しておきましょう。英語音名の「E」音は日本語音名では「ホ」音になり、それが主音なのでホ短調です。半音上げるという意味の#を、日本式にすると嬰(えい)なので、「F#」は「嬰ヘ」となります。上記は4弦0フレットからのEマイナースケールですが、これを全体的に1オクターブ上げる、3弦7フレットを主音とする、Eマイナースケールも弾いてみましょう。


Eマイナースケールを4弦だけで表した指板図

Eマイナースケールを4弦だけで表す

最後に4弦だけで表した、Eマイナースケールも確認しておきましょう。ピアノの鍵盤図と同じように、4弦1フレットの「F」音を半音上げ、4弦2フレットの「F#」音にすることにより「全音|半音|全音|全音|半音|全音|全音」という、マイナースケールの並びになっているのが、指板図でも分かると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です