Aマイナースケール(イ短調)

長調がメジャーキーの、メジャースケールを表すのに対して、短調はマイナーキーの、マイナースケールを意味します。マイナースケールは「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ」という音階の、Aマイナースケールを基本に見ていきましょう。

Aマイナースケール(イ短調)の内容

マイナースケールの短音階の昨日と名前を説明した小節

マイナースケールは短音階

メジャースケールの日本名は長音階でしたが、マイナースケールは短音階(たんおんかい)と言います。英語音名の「A」を日本語音名にすると「イ」なので、Aマイナースケールはイ短調(いたんちょう)と言います。もっと正確に言うと「イ短調の短音階」かもしれませんが、イ短調でAマイナースケールを表しています。日本語音名の場合「イ・ロ・ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ」で、イ短調の1オクターブを記していることになります。

短音階の導音は完全な導音ではない

短音階の一音ずつにも、長音階と同じように、名前と機能が与えられています。それらはCメジャースケール(ハ長調)で、説明しているので省略しますが、第七音に当たる導音(どうおん)については、少し説明しておきます。導音は主音へと流れる力が強い音なのですが、それは長音階の時のように、半音で繋がっていないと、効果が非常に弱まります。なので「導音と呼べるのは、半音で主音へ繋がった時だけ」と説明する音楽理論書が多いですが、ここでは一先ず導音としておきます。このイ短調も、導音の2弦5フレットから、主音の2弦7フレットへは、全音で繋がっているのが分かります。


マイナースケール(短音階)を構成する全音と半音の並び方を説明した小節

マイナースケール(短音階)の全音と半音の並び方

メジャースケールにする為には、全音半音を決まった並び方にしましたが、マイナースケールもそうします。「全音|半音|全音|全音|半音|全音|全音」というのが、マイナースケールである短音階の並び方で、やはりAマイナースケール以外の場合も、この並び方が当てはまります。メジャースケールの並び方と違うので、ややこしいですが、半音の位置に気をつけてやるのが、ポイントかと思います。


イ短調の全音と半音を説明した鍵盤図

イ短調は白鍵だけ作られる

鍵盤図でも、イ短調の全音半音の並びを、確認しておきましょう。白鍵同士が隣り合っていても、その間に黒鍵があれば全音で、黒鍵が間になければ半音でした。この鍵盤図のイ短調も「||||||」と、先ほど説明した短音階の並びになっており、ハ長調と同様に白鍵のみで作られています。そういう意味でも、ハ長調とイ短調は関係が深いのですが、それは後のページで説明します。


Aマイナースケールを3弦だけで表した指板図

Aマイナースケールを3弦だけで表す

3弦だけで表したAマイナースケールでも、全音半音の並び方を、確認しておきましょう。3弦0フレットの「A」音から始めていますが、4弦5フレットや1弦2フレットの「A」音から始めても同じです。指板の音名を暗記していないと意味がないですが、もしマイナースケールの並び方を忘れたら、このようにして全音半音を思い出してもいいでしょう。


Aマイナースケールのポジション
3弦0フレットからのAマイナースケールのポジションを表した指板図
Aマイナースケールのポジション
4弦5フレットからのAマイナースケールのポジションを表した指板図

Aマイナースケールのポジション

メジャースケールの時と同様に、このと●がマイナースケールのポジションです。は主音を表し、左右(上下)の指板図だと「A」音になるので、これはAマイナースケールのポジション、ということになります。マイナースケールの全音と半音の並び方を考えなくても、このポジションを覚えておけば、のフレットを変えるだけで、その音名のマイナースケールが、1オクターブ内で完成する分けです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です