Dマイナースケール(ニ短調)

Aマイナースケール(イ短調)で、マイナースケールの基本が分かったら、次はDマイナースケールを見ていきましょう。メジャースケールの時と同じように、ピアノの鍵盤図から、マイナースケールの構成を考えていきましょう。

Dマイナースケール(ニ短調)の内容

Dマイナースケールのニ短調になっていない鍵盤図

Dマイナースケールはニ短調

Dマイナースケールは日本式でニ短調(にたんちょう)です。主音の「D」音から白鍵だけを順番に弾くと「||||||」となるので、短音階の並び方にはなっていません。短音階の並びは「||||||」だったので、この並び方にするには、メジャースケールの時と同様に♭や#を使います。


Dマイナースケールのポジション
Dマイナースケールのポジションを表した指板図
Dマイナースケールの音名
Dマイナースケールの音名を表した指板図

Dマイナースケールのポジションと音名

1オクターブ内でのマイナースケールのポジションは、以前のページでも説明しました。主音のが3弦5フレットと、1弦7フレットに来ているので、指板図はDマイナースケールのポジションです。音名にも目を通してやると、2弦8フレットに「B」音があり、2弦7フレットの「A」音からは、半音の距離になっています。


Dマイナースケールのニ短調を表した鍵盤図

Dマイナースケールのニ短調を作る

「A」音から「B」音へ渡ってしまうと、全音の音程になるので、「A」音から「B」音へ進んでやると半音になり、「B」音から「C」音で全音になるので、これでニ短調の短音階が完成します。Dマイナースケールのニ短調だと、第一音の主音が「D」、第四音の下属音が「G」、第五音の属音が「A」、第七音の導音(完全なる導音ではない)が「C」となります。


変ロがB♭だと説明する小節

Dマイナースケールの「B」は「変ロ」

Dマイナースケールである、ニ短調を確認しておきましょう。英語音名の「D」を日本語音名にすると「ニ」で、それが主音なのでニ短調です。半音下がる意味を持つ♭を、日本式にすると変(へん)だったので、「B」は「変ロ」ということになります。過去のページでも何度か言っていますが、ポピュラー音楽の場合だと、日本読みで説明されることは少ないと思うで、無理に覚えなくてもいいでしょう。


Dマイナースケールを2弦だけで表した指板図

Dマイナースケールを2弦だけで表す

最後に2弦だけで表した、Dマイナースケールを見ておきましょう。指板は同じ弦の12フレット先が、丁度1オクターブ高い音になっており、それはどの弦の、どのフレットから始めても同じ仕組みです。この指板図も2弦0フレットが「D」音、2弦12フレットも「D」音となっており、短音階(マイナースケール)の全音半音の並びにもなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です