マイナースケール(短音階)のまとめ

先ず始めに、Aマイナースケール(イ短調)でマイナースケール(短音階)の全音と半音の並び方を始め、その基本を説明しました。次にDマイナースケール(ニ短調)と、Eマイナースケール(ホ短調)でも確認したように、始まりの音である主音が変わると、音階に♭や#が付け、マイナースケールの全音と半音の並びにしていきます。改めて、マイナースケールの仕組みを確認してみましょう。

Aマイナースケール(イ短調)を基準に

マイナースケール(短音階)を構成する全音と半音の並び方を説明した小節

メジャースケールとマイナースケールの全音と半音

マイナースケール(短音階)には、それ専用の全音半音の並び方があると説明しました。それは、上記のAマイナースケール(イ短調)にも、記してあるような並び方です。メジャースケール(長音階)の並び方と見比べてみましょう。

  • メジャースケール「全音|全音|半音|全音|全音|全音|半音
  • マイナースケール「全音|半音|全音|全音|半音|全音|全音

マイナースケールの並び方を覚えておけば、他の音からでもマイナースケールを作れますが、それには♭や#で、全音半音の都合を合わせてやります。♭も#も必要ない、Aマイナースケールを基準にして、他を考えていくと良いでしょう。


Dマイナースケール(ニ短調)
Dマイナースケール(ニ短調)を表す小節
Eマイナースケール(ホ短調)
Eマイナースケール(ホ短調)を表す小節

マイナースケールにする為の♭と#

Aマイナースケールは♭の変も、#の嬰も付かない音階でした。それを基本として、DマイナースケールやEマイナースケールのように、主音が変わっていくと♭や#が付いていきます。これはメジャースケールの時もそうだったように、マイナースケールの「||||||」の並び方にする為です。マイナースケールの数もメジャースケールと同じだけあり、それはコインの表と裏のような関係、みたいなものです。ここでもマイナースケールの音階に、♭と#が増える順に従って、簡単にスラスラっと見ていきましょう。

♭の変が付くマイナースケール(短音階)

Gマイナースケール(ト短調) / ♭×2

Gマイナースケール(ト短調)を説明する小節

Cマイナースケール(ハ短調) / ♭×3

Cマイナースケール(ハ短調)を説明する小節

Fマイナースケール(ヘ短調) / ♭×4

Fマイナースケール(ヘ短調)を説明する小節

Bマイナースケール(変ロ短調) / ♭×5

B♭マイナースケール(変ロ短調)を説明する小節

Eマイナースケール(変ホ短調) / ♭×6

E♭マイナースケール(変ホ短調)を説明する小節

Aマイナースケール(変イ短調) / ♭×7

A♭マイナースケール(変イ短調)を説明する小節

#の嬰が付くマイナースケール(短音階)

Bマイナースケール(ロ短調) / #×2

Bマイナースケール(ロ短調)を説明する小節

F#マイナースケール(嬰ヘ短調) / #×3

F♯マイナースケール(嬰ヘ短調)を説明する小節

C#マイナースケール(嬰ハ短調) / #×4

C♯マイナースケール(嬰ハ短調)を説明する小節

G#マイナースケール(嬰ト短調) / #×5

G♯マイナースケール(嬰ト短調)を説明する小節

D#マイナースケール(嬰ニ短調) / #×6

D♯マイナースケール(嬰ニ短調)を説明する小節

A#マイナースケール(嬰イ短調) / #×7

A♯マイナースケール(嬰イ短調)を説明する小節

マイナースケール(短音階)もダブる

メジャースケールがそうだったように、マイナースケールも♭が付く短音階と、#が付く短音階とでは、物理的にダブるものがあります。Eマイナースケール(変ホ短調)と、D#マイナースケール(嬰ニ短調)は、主音が異名同音になるので、音階も同じになります。同じくAマイナースケール(変イ短調)と、G#マイナースケール(嬰ト短調)が、Bマイナースケール(変ロ短調)と、A#マイナースケール(嬰イ短調)の主音が異名同音で、TAB譜面では同じポジションになっています。音楽理論的には違う音階ですが、聴こえる音は同じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です