調号で見る長調と短調

長調(ちょうちょう)はメジャーキー、メジャースケールのことで、短調(たんちょう)はマイナーキー、マイナースケールのことだと思ってください。「キー(key)」という音楽用語には、複数の意味がありますが、ここでは音の高さを意味し、日本式には「調(ちょう)」と直せるでしょう。そのキーを決定付ける調号(ちょうごう)について見ていきましょう。

調号(♭のキー)

♭の調号を記した譜面

♭の調号で分かるキー

過去のページでは、音符の一音ずつに♭や#を付け、音階を説明しましたが、譜面の最初に表記する調号を使うのが、最も一般的です。Aメジャーなら、音名の「B-E-A-D」の高さに予め♭を書いておくと、どんな高さの「B-E-A-D」の音名には常に♭が付く、というのを表しています。また、この調号を見ると一目で、何のメジャーキーかマイナーキーかが分かります。もちろん、これには訓練や慣れが必要です。♭が付く音名は、上にも表しているように「B-E-A-D-G-C」の順です。♭が7つ付く、CメジャーとAマイナーは、他のキーでも表せるため省略しています。

ベースの指板で♭の長調を探る

♭が3つの調号

暗記力の良い人なら、♭が3つある調号では、何のメジャーキーか直ぐに分かるでしょう。丸暗記もシンプルで良い方法ですが、ベースの指板を使った方法を見ていきましょう。

調号の♭の数を表す番号
調号の♭の数を表した指板図
調号の♭の数に合わせた音名
調号の♭に合わせた音名を記した指板図

左(上)の指板図の青い番号は、調号による♭の数だと思ってください。それと右(下)の指板図の、音名を照らし合わせて見ていきます。例えば♭の調号が1つなら、4弦1フレットので、そのフレットの音名が「F」になり、♭の調号が1つなら、Fメジャー(ヘ長調)となります。♭の調号が3つなら、2弦1フレットので、そのフレットの音名が「E」になり、♭の調号が3つなら、Eメジャー(変ホ長調)となります。僕は左(上)の指板図のような、からの配列にしましたが、音名さえ合わせれば、他のフレットでも可能なので、覚えやすい配列にしても良いです。


Eから半音3つ分下
E♭から半音3つ分下を表した指板図
Fから半音3つ分下
Fから半音3つ分下を記した指板図

長調のフレットから短調のフレット

先ほど説明したのは、♭の調号から長調(メジャーキー)を見つける方法でした。今度はそこからの続きで、平行調である短調(マイナーキー)を見つけましょう。♭の調号が3つの時は、Eメジャーだと分かりましたが、そのフレットであった、2弦1フレットから半音3つ分下は、3弦3フレットに当たります。そこの音名が「C」になり、Eメジャーの平行短調は、Cマイナー(ハ短調)と判断できます。

♭の調号が1つの時は、4弦1フレットので、そのフレットの音名が「F」なので、Fメジャー(ヘ長調)です。その4弦1フレットからは、半音3つ分下がないので、同じ音名に当たる2弦3フレットなどを使い、そこから半音3つ分下の音名「D」を割り出し、Fメジャーの平行短調は、Dマイナー(ニ短調)だと分かります。

調号(#のキー)

♯の調号を記した譜面

#の調号で分かるキー

#の調号の考え方も、♭の調号と全く同じです。楽譜の冒頭に予め#を書き込んでおき、それが幾つあるかで、メジャーキーとマイナーキーが決定されます。#が2つの調号だと、Dメジャー(ニ長調)かBマイナー(ロ短調)、#が4つの調号だと、Eメジャー(ホ長調)かC#マイナー(嬰ハ短調)、という具合です。#が付く順番は「F-C-G-D-A-E」ですが、直ぐに覚えることもないでしょう。#が7つ付く、C#マイナー(嬰ハ短調)と、A#マイナー(嬰イ短調)は省略しています。

ベースの指板で#の長調を探る

♯が4つあの調号

#の調号も、ベースの指板を使い探すことが可能で、♭の調号で説明した方法と同じです。#が4つの調号なら、何のキーになるでしょうか。ベースの指板で考えてみましょう。

調号の#の数を表す番号
調号の♯の数を表す番号
調号の#の数に合わせた音名
調号の♯の数に合わせた音名

左(上)の指板図の番号は、調号の#の数で、右(下)の指板図は、調号の数に合わせた音名です。#の調号が無しの0だとすると、1弦5フレットので、そのフレットの音名は「C」になり、#の調号が0なら、Cメジャー(ハ長調)と考えます。#の調号が4つあるなら、2弦2フレットので、そのフレットの音名は「E」になり、#の調号が4つなら、Eメジャー(ホ長調)と考える分けです。番号の配列を覚えないといけませんが、これも♭の調号と同じように、音名さえ合わせれば、違う配列になっても構わないので、覚えやすいように作り直してもいいでしょう。


Eから半音3つ分下のC#
Eから半音3つ分下のC♯
Aから半音3つ分下のF#
Aから半音3つ分下のF♯

半音3つ分下は半音9つ分上

次は長調であるメジャーキーの平行調、短調のマイナーキーを探してみましょう。#の調号が4つある時のメジャーキーは、フレットの音名から「E」だと分かりました。そこから半音3つ分下がると「C#」になるのが、指板図からも分かります。そこが短調のC#マイナーとなります。#の調号が3つの時は、Aメジャー(イ長調)になりますが、やはり「A」のフレットから半音3つ分下がると、そこが短調のF#マイナー(嬰へ短調)になる分けです。逆に、短調のフレットから、半音3つ分上がると、そこが長調のフレットだということにもなります。

平行調の平行短調と平行長調のページで、メジャースケールの第6音から始めると、それが平行短調のマイナースケールになると説明しました。主音から第6音目を、半音にすると9つ分上で、主音から半音3つ分下と、音名が重なる分けです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です