メジャースケール(長音階)のまとめ

第一音の主音が変わるとメジャースケール(長音階)の呼び名は変わります。それに伴い、音階に付く♭や#の数も異なってきます。最初にCメジャースケール(ハ長調)を説明し、それからFメジャースケール(ヘ長調)と、Gメジャースケール(ト長調)を、詳しく説明しました。ここで紹介する全てのメジャースケールを、暗記する必要はありませんが、メジャースケールがどういう仕組みで作られているのかを、改めてまとめておきましょう。

Cメジャースケール(ハ長調)から始める

メジャースケール(長音階)の並び方を説明した音符とTAB譜面

メジャースケールの全音と半音の並び

メジャースケール(長音階)の全音半音の並び方には、それにする為の条件がありました。それは上記にも示すように「全音|全音|半音|全音|全音|全音|半音」という並びをした時です。この並び方を覚えておけば、どんな音から弾き始めても、メジャースケールを作ることが出来ます。そして、Cメジャースケール(ハ長調)は、どの音にも♭や#を付ける必要がなく、メジャースケールの並びに出来る分けです。


Fメジャースケール(ヘ長調)
Fメジャースケール(ヘ長調)を記した小節
Gメジャースケール(ト長調)
Gメジャースケール(ト長調)を記した小節

主音と♭と#の関係

Fメジャースケールだと♭が1つ付き、Gメジャースケールなら#が1つ付きます。それはメジャースケールの条件である「||||||」の並び方にする為です。第一音である主音は他にも何種類かあり、何の音が主音になるかによって、♭や#の数が決まってきます。たくさんあり大変ですが、直ぐに覚えなくても全く問題ありません。また、♭と#が混合するメジャースケールはありません。♭と#が増える順番に、その他のメジャースケールを、サクサクッと見てみましょう。

♭の変が付くメジャースケール(長音階)

Bメジャースケール(変ロ長調) / ♭×2

B♭メジャースケール(変ロ長調)を記した小節

Eメジャースケール(変ホ長調) / ♭×3

E♭メジャースケール(変ホ長調)を記した小節

Aメジャースケール(変イ長調) / ♭×4

A♭メジャースケール(変イ長調)を記した小節

Dメジャースケール(変ニ長調) / ♭×5

D♭メジャースケール(変ニ長調)を記した小節

Gメジャースケール(変ト長調) / ♭×6

G♭メジャースケール(変ト長調)を記した小節

Cメジャースケール(変ハ長調) / ♭×7

C♭メジャースケール(変ハ長調)を記した小節

#の嬰が付くメジャースケール(長音階)

Dメジャースケール(ニ長調) / #×2

Dメジャースケール(ニ長調)を記した小節

Aメジャースケール(イ長調) / #×3

Aメジャースケール(イ長調)を記した小節

Eメジャースケール(ホ長調) / #×4

Eメジャースケール(ホ長調)を記した小節

Bメジャースケール(ロ長調) / #×5

Bメジャースケール(ロ長調)を記した小節

F#メジャースケール(嬰ヘ長調) / #×6

F♯メジャースケール(嬰ヘ長調)を記した小節

C#メジャースケール(嬰ハ長調) / #×7

C♯メジャースケール(嬰ハ長調)を記した小節

重なるメジャースケール(長音階)

「G」と「F#」は異名同音になるので、それが主音の、Gメジャースケール(変ト長調)と、F#メジャースケール(嬰ヘ長調)は、同じタブ譜面になっているのに、気づいた人もいるでしょう。また、Cメジャースケール(変ハ長調)は、Bメジャースケール(ロ長調)と、C#メジャースケール(嬰ハ長調)は、Dメジャースケール(変ニ長調)と同じです。音楽理論的に説明すると、難しく長くなってしまうので割愛しますが、作曲をする時などは、どちらを使っても問題ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です