Gメジャースケール(ト長調)

ソの「G」音から始まるのがGメジャースケールです。Fメジャースケールでも説明したように、このGメジャースケールも、音に変化を与えてやり、長音階の並びにしていきます。ここでも、鍵盤図と指板図の両方で見ていきましょう。

Gメジャースケール(ト長調)の内容

Gメジャースケール(ト長調)になっていない鍵盤図

Gメジャースケールはト長調

英語音名の「G」音は日本語音名なら「ト」音になり、Gメジャースケールはト長調(とちょうちょう)と言います。「G」音から順番に白鍵だけを押さえていくと「||||||」となるので、メジャースケールの音程にはなりません。最後の「」と「」が入れ替わると、丁度メジャースケールの並び方になるのは、分かると思います。Fメジャースケールでは♭を使い、全音と半音の辻褄を合わせましたが、ここでも同じように、♭を使って長音階の並び方に出来るでしょうか?


Gメジャースケールのポジション
Gメジャースケールのポジションを表した指板図
Gメジャースケールの音名
Gメジャースケールの音名を表した指板図

Gメジャースケールのポジションと音名

3弦3フレットから1弦5フレットまでの、Cメジャースケールのポジションを、覚えてますでしょうか。以前のページで説明した、Fメジャースケールでもそうでしたが、の主音を中心に、フレットを移動させることによって、そのフレットの音名である、メジャースケールを作れます。なので、左右(上下)の指板図は、Gメジャースケールを表します。2弦4フレットは「F#」で、前後の流れは「E→F#→G」となります。


Fメジャースケールを表した鍵盤図

Fメジャースケールを作る

「E」音まで来たら「F」音には進まず、半音高い「F#」音へ進むと、「E」音から「F#」音が全音となり、「F#」音から「G」音が半音になるので、これで「||||||」の、メジャースケール(長音階)の並び方を、作ることが出来ます。ト長調の場合だと、第一音の「G」が主音、第四音の「C」が下属音、第五音の「D」が属音、第七音の「F#」が導音になります。


Gメジャースケールを記した音符とTAB譜面

嬰はシャープ

Gメジャースケールを見直していきましょう。「G」音を日本語音名にすると「ト」音になり、「ト」音から始まるのでト長調です。♭の日本名は変(へん)でしたが、#の日本名は嬰(えい)と言い、「F#」なら「嬰ヘ」となります。変や嬰も覚えておくに、越したことはないですが、クラシックを勉強する人以外は、使ったり見たりする機会は、あまり多くはないと思います


4弦のみのGメジャースケールを表した指板図

Gメジャースケールを4弦のみで表す

Gメジャースケールの並び方を、4弦のみでも確認しておきましょう。14フレットの音名が「F#」となりますが、これが先ほどの鍵盤図で例える、黒鍵のキーとなっています。ここでは4弦3フレットの「G」音から始めていますが、2弦5フレットや、1弦0フレットの「G」音から始めても、この指板図と同じ音程です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です