ボサノバ(ボサノヴァ)のベースライン

1950年代の後半に、ブラジルで始まったとされるのがボサノバです。僕の主観も含めると、ボサノバは賑やかさや派手さを感じさせない、ゆったりとした心地良い音楽かと思います。ボサノバのベースラインは、ルート(根音)と5度で構成されるのが基本です。特に気にすることではありませんが、ボサノバはボサノヴァと表現されることも多いでしょう。

ボサノバはルートと5度のベースライン

8分休符が多いボサノバのベースライン

8分休符が多いボサノバ

おおよそ基本的なボサノバのベースラインかと思われ、1小節目から4小節目まではコード「C」で、ルートの3弦3フレットに対し、それの完全5度が2弦5フレットです。それ以降も、ルートと完全5度を基本に組み立てた、ボサノバのベースラインですが、他の音が混ざっても問題ありません。上記の譜面は、8分休符が多く使われているボサノバのベースラインで、この後に紹介する、8分休符のないボサノバと比べてみると、雰囲気が大きく違うのが分かると思います。


8分休符の少ないボサノバのベースライン

8分休符の少ないボサノバ

一つ前の譜面と比べてみると、ボサノバの基本であるルートと完全5度の間に、8分休符が使われていないのが分かり、これによりまた違ったボサノバの雰囲気が出せると思います。譜面を見ても分かるように、全く8分休符がないという分けではなく、4小節目や10小節目のように、ちょこっと使ってやるのも面白いかと思います。音を伸ばす所は十分に伸ばし、休符で音を切る所はしっかりと切り、メリハリをつけて弾けるようになるといいでしょう。


下の完全5度を使うボサノバのベースライン

下の完全5度を使うボサノバ

ルートと5度を使うのがボサノバの基本ですが、ルートに対して音が高くなる「上の完全5度」だけではなく、音が低くなる「下の完全5度」を使う、ボサノバのベースラインもあります。1小節目のコード「E」や、2小節目のコード「C#m」が、ルートに対して下の完全5度を弾いてるのが分かります。また完全5度だけに拘らずに、10小節目と14小節目の「C#m」のように、上下の短3度の音を使ってやるのもいいでしょう。


減5度で不安定な音を演出するボサノバのベースライン

減5度で不安定な音を演出

コード「B△7」のルートが3弦2フレットで、完全5度は2弦4フレットです。完全5度の半音下にある、2弦3フレットは「減5度」という音に当たります。この減5度はコード「B△7」の構成音に含まれない音なので、減5度で不安定な音を演出できると思います。この譜面では減5度を、少し使い過ぎてしまったと思いますが、ボサノバに減5度を取り入れてやれば、良いアクセントを出せるかもしれません。


コード進行が4度進行するボサノバのベースライン

コード進行が4度進行するボサノバ

コードに「#」が付いて、見た目もややこしいですが、コード進行は4度進行をしている、ボサノバのベースラインです。全体的にベースライン自体は難しいものではありませんが、1小節目から4小節目までの運指が、地味に難しく感じられるかと思います。僕は前後の小節の流れを考え、人差し指のセーハを使った押弦にしていますが、他の押弦になっても構いません。どんな運指にせよ、小節の終わりにある8分音符が、次のフレットを押さえることに焦り、不自然な長さで途切れないようにしましょう。


アップテンポなボサノバのベースライン

アップテンポなボサノバ

これまで見てきたものより、アップテンポなボサノバなので、少し難しく感じられるでしょう。また4分音符にスタッカートが付いていることも、リズムを捉え辛い要因になっているでしょう。スタッカートの付いている音符は、約半分の長さになるので、4分音符のスタッカートは「8分音符+8分休符」と考えればいいでしょう。ゆったりとしたボサノバもあれば、こういったテンポの速い、小刻みなボサノバもあると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です