ワルツ(4分の3拍子)のベースライン

ポピュラー音楽の多くは「イチ・ニー・サン・シー」と繰り返すリズムの、4分の4拍子で作曲されています。これが「イチ・ニー・サン」と繰り返したならワルツ(4分の3拍子)というリズムに変わり、ベースラインの感じ方や雰囲気も、大きく変わったものになるでしょう。拍子記号も分数で「4分の3」と表記されているのが分かります。

ワルツ・ワルツ・ワルツ

FineとD.C.の音楽記号があるワルツのベースライン

Fine(フィーネ)とD.C.(ダ・カーポ)

ワルツのリズムに慣れてもらう為に、レッスンでも使用している譜面です。薬指を使っても問題ありませんが、譜面にも指示があるように、2フレット目を人差し指、3フレット目を中指、4フレット目を小指で押弦していけば楽だと思います。8小節目にあるFineは終わりを意味しますが、1回目はその効果は無効です。16小節目にあるD.C.は最初の1小節目に戻ることを意味し、2回目の8小節目のFineで終わります。FineD.C.は、この後にも出てくるので覚えておきましょう。


括弧の小節があるワルツのベースライン

括弧(かっこ)の小節がある場合の進行順

ベースライン的には最後の16小節目にある、付点4分音符と8分音符のリズムと、1弦から4弦へ飛ぶフィンガリングに、少し戸惑うかもしれませんが、それほど苦労することもないでしょう。9小節目には括弧1があり、8小節目から9・10・11・12小節と進み、12小節目のリピート記号で5小節目へ戻ります。次は9小節目から12小節目は飛ばし、8小節目から括弧2の13小節目へと進んでください。括弧の小節は、バンドスコアでも頻繁に使用されています。


運指は考えられるようになることを説明するワルツのベースライン

運指は考えられるようになる

14小節目の1弦2フレットは、前の小節からの流れもあり、僕は人差し指のセーハで押弦していますが、他の指でも構いません。15小節目の2弦2フレットの中指(または人差し指)から、16小節目の3弦3フレットの、小指へのフィンガリングは少し窮屈ですが、上手く指をたたんで押弦してください。また、他に押さえやすい運指があれば、それでも問題ありません。慣れないうちは、指示通りの運指が無難でしょう。しかし、慣れてくれば、自分に合う運指が考えられるはずです。


ワルツでもシャッフルで演奏するワルツのベースライン

ワルツでもシャッフル

譜面の冒頭にシャッフルを指示する記号があるので、8分音符のリズムに変化が表れることになります。8小節目までなら2・3・6小節に、8分音符が2つ続く音があり、前の8分音符と後ろの8分音符の、音の長さが違ってきます。また、8小節目にある「8分休符+8分音符」もシャッフルのリズムで、跳ねる意識を持って演奏してやりましょう。先ずは音源をよく聴いて、シャッフルのリズムを掴んでください。


4フレット3フィンガーで運指するワルツのベースライン

4フレット3フィンガーで運指する

この譜面は4フレット3フィンガーで、運指していくと良いでしょう。押弦の指示を見ると、7小節目は4フレット3フィンガーではない運指、のように思えますが、2弦4フレットはスタッカートで音を短く切るので、その間にポジション移動が可能なので、4フレット4フィンガーに切り替えなくてもいいでしょう。11小節目からは、リズムが崩れやすいベースラインなので、しっかりと3拍子のカウントをキープしながら弾いてください。譜面を一見すると、リピート記号と括弧の小節が紛らわしいので、先ずは小節の進行順を確認しておきましょう。


シフティングが必要なワルツのベースライン

シフティングが必要なワルツのベースライン

5小節目をタブ譜面通りに押弦しようとすれば、シフティング(ポジション移動)は必要不可欠です。同じシフティングをするにしても、1弦1フレットを異弦同音の2弦6フレットにし、それを小指で押弦してやる方が、その後の運指が楽になる人もいるでしょう。同じように、9小節目からも異弦同音に変更してみて、その後のベースラインが楽に弾けないかを、試してみるのもいいでしょう。


4フレット4フィンガーで運指するワルツのベースライン

4フレット4フィンガーで運指する

13小節目と14小節目を除けば、3フレット目を人差し指、4フレット目を中指、5フレット目を薬指、6フレット目を小指が基本の、4フレット4フィンガーの運指をしています。4フレット4フィンガーに慣れてない人は、特に薬指と小指の動かし方に、苦戦する人が多いですが、慣れれば非常に重宝する運指で、11・12小節目のように、動きの多いベースラインにも対応しやすいです。先ずはシフティングなしの、4フレット4フィンガーで弾いてみてください。


指板を見ない運指押弦に慣れるワルツのベースライン

指板を見ない運指押弦に慣れる

1小節目の4弦6フレットと3弦8フレットは、人差し指と小指(または薬指)での押弦になり、5小節目までは同じフレットの間隔です。出来ればこの間隔を指に覚え込ませ、シフティングの時も指板を見ないで、運指押弦できるようにしましょう。その後の6・7・8小節目までなら、指板を見ないで弾くことも、難しくはないと思います。そこから先は複雑な運指も出てくるので、指板に目が行くのも仕方ないですが、時々チラ見する程度に、弾けるのを目標にしてください。

リピート記号で戻ってきた2回目の9小節目ですが、間違えてタイ記号なしで弾いてしまっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です