サンバのベースライン

ボサノバと同じくサンバのリズムもブラジルで生まれた、リオのカーニバルなどでも御馴染みの、賑やかで軽快な音楽です。サンバとボサノバでは、雰囲気が大きく変わりますが、ベースラインでは似たところがあり、それはルート(根音)と5度を基本に組み立てられることです。また、サンバは4分の2拍子でリズムを取ることが多いですが、ここでの譜面は、4分4拍子で表記していきます。

サンバもルートと5度のベースライン

コードに記される減5度のサンバのベースライン

コードに記される減5度

本場のブラジルサンバのリズムとは程遠いと思いますが、僕が考えるオーソドックスなサンバのリズムが、このような感じです。コードについて触れておくと、5小節目と13小節目のコード「Bm7(♭5)」は、(♭5)が示すように、完全5度から半音下がった減5度です。その「Bm7(♭5)」で完全5度を使ってはいけない、ということはないですが、減5度を優先させることが多いでしょう。


16分休符がポイントのサンバのベースライン

16分休符がポイントのサンバ

ここでは各小節の1拍目と2拍目に見られる、ルートと完全5度の4分音符が基本になっており、サンバのベースラインでよく見られると思います。後半の8小節のポイントは16分休符で、前半の8小節と比べると、大きな違いが感じられるでしょう。頭で16分休符の長さを考えるのも良いですが、先ずは音源を聴いて、16分休符がどのように入っているのかを、感じ取ってください。


グリッサンドはスライド奏法があるサンバのベースライン

グリッサンドはスライド奏法

9小節目までは耳に残るベースラインが印象的で、サンバのベースラインと言われれば、そうでもないかと思います。10小節目からは、オクターブ違いのルートと完全5度を利用した、サンバにも見られるベースラインでしょう。9小節目にある「×」は、この場合ゴーストノートではなく、グリッサンドやスライド奏法を意味するもので、好きなフレットからスライドダウンしてやりましょう。僕は4弦の12フレットあたりからグリッサンドしていますが、他の弦の好きなフレットからの、グリッサンドでも何の問題もありません。


シフティングはポジション移動が必要なサンバのベースライン

シフティングはポジション移動

オクターブ高くなっている小節もありますが、ルートの動きは6・4・2・1フレット、と下がっているのが分かります。この譜面にある押弦の指示だと、ルートは人差し指で押さえていくので、ポジション移動を意味するシフティングが、必要不可欠なフィンガリングです。手の大きい小さいに関わらず、シフティングが必要なベースラインは、必ず出てくるものなので、正確な手の移動を心がけてください。


ゴーストノートを多様しているサンバのベースライン

ゴーストノートもベースライン

全小節にゴーストノートを表す「×」があり、そこは押弦をせずにピッキングするので、音的には対して意味のあるものではありません。なので、ゴーストノートの「×」では何もせず、休符に変えてしまう人もいます。それでも問題ないですが、次に弾く音までのタイミングを取ったり、気持ちの良いリズムを作れたりするので、ゴーストノートは積極的に取り入れてやる方が、僕は良いと思っています。


N.C.はコードは無しサンバのベースライン

N.C.はノンコードでコードなし

前半の8小節までは、運指的には難しいベースラインではないですが、譜割りが難しいので、リズムを取るのに苦労するかと思います。譜割りが分からない人は、音源を何度も聴いて、リズムを暗記してしまいましょう。サンバのベースラインに直接は関係ないですが、1小節目から8小節目にかけてのN.C.はノンコードの略で、コードなしを意味します。コードを付けようと思えば、付けられるのですが、作曲者の都合で必要ないとされた場合などは、N.C.と表記されます。バンドスコアでも、時折見られる音楽記号なので、覚えておいてもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です