16ビートのベースライン

8分音符の半分の長さが16分音符で、それが主体となったリズムを16ビートと言ったりします。16ビートはR&B・ファンク・フュージョンなどで見られ、8ビートと同様に、ポピュラー音楽でもよく耳にするリズムでしょう。16ビートも和製英語で、英語圏では「16th note rhythm」や「16th note feel」と言われます。

16ビートは16分音符

16分音符同士のタイ記号で作られるリズムがある16ビートのベースライン

16分音符同士のタイ記号で作られるリズム

最後の小節以外に共通してあるのが、2拍目と3拍目に見られる、16分音符同士がタイ記号で結ばれたリズムです。このリズムには苦労する人が多く、僕自身もベース初心者の頃に悩まされたリズムです。符割を読んで覚えるのも一つの方法ですが、譜面を見ながら音源も聴き、耳や体に覚えこませてやるのもいいでしょう。こういったややこしい16分音符を含むリズムは他にもあるので、それらを譜割り・符割(ふわり)のカテゴリーで説明しているので、参考にしてください。


2弦2フレットのセーハ(バレーコード)がポイントになる16ビートのベースライン

2弦2フレットのセーハ(バレーコード)がポイント

8分音符の2弦2フレットから、16分音符の3弦の2フレットと4フレット、という流れは全ての小節で2拍目に出てきます。そこでのフィンガリングのポイントですが、2弦2フレットを人差し指のセーハ(バレーコード)で押弦することにより、続く3弦の2フレットから、4フレットのハンマリングが、スムースにフィンガリング出来るようになっています。他の運指でも弾けないことはないですが、説明したように、セーハを利用するのが、僕は一番楽な運指になると思います。


スローテンポの16ビートシャッフルがかかっている16ビートのベースライン

スローテンポの16ビートシャッフル

テンポというのは曲の速さを表しますが、ミディアムテンポ以上の曲に慣れてしまっている人には、このベースラインのようなスローテンポを、取りづらい傾向にあります。また、16ビートによるシャッフルもかかっているので、それもまたリズムが難しくなっている要因でしょう。ベーシストもドラマーと同様に、バンド全体のテンポをキープするのが仕事なので、自分の得意なテンポばかりで練習せずに、こういったテンポの遅い曲にも、慣れておいた方がいいでしょう。


半音階のクロマチックスケールを利用した16ビートのベースライン

半音階のクロマチックスケール

全体的に半音階を意味する、クロマチックスケールから成るベースラインです。1小節目や5小節目を例に挙げると、2弦2フレットから半音ずつ下がるベースラインで、途中に2弦0フレットの開放弦を使っています。場合によっては、シフティング(ポジション移動)も必要なので、異弦同音を利用した3弦7フレットから弾き始める譜面も確認してみましょう。こちらは薬指での押弦も出てきますが、その方が弾き易い人もいると思います。9小節目以降は、開放弦を使った方が楽な場合もあるので、2枚のTAB譜を上手くミックスさせてやっても良いでしょう。


ゴーストノートでリズムを作る16ビートのベースライン

ゴーストノートでリズムを作る

譜面全体的に目立つのが、音符の長さが半分になるスタッカートで、前半の8小節で目立つのが×印で、これはゴーストノートという音楽記号です。空弾きとも言われるこのテクニックは、弦をフレットには押さえ込まずにピッキングするので、音らしい音は出ません。聴かせるゴーストノートもありますが、ここでのゴーストノートは、リズムやタイミングを取る為のフィンガリング、と言ってもいいでしょう。ゴーストノートを必要ないと感じたら、それを休符にしてもらっても構いませんが、ゴーストノートを上手く取り入れていけば、リズムを作り出せることもあるので、試してみる価値は十分にあります。


16分音符が連続するピッキングは力まずに弾くことを説明する16ビートのベースライン

16分音符が連続するピッキングは力まずに

このような16分音符が連続するベースラインは、ピック奏法ならダウンピッキングとアップピッキングを繰り返す、オルタネイトを利用すれば、そう難しくはありません。ツーフィンガー奏法(指弾き)では、指が思うように動いてくれないと思いますが、これくらいのテンポなら、練習次第で十分弾けるようになります。ピック弾きにしろ指弾きにしろ、16分音符が連続していると、どうしても力が入ってしまいますが、少しずつリラックスして弾くようにしてください。そうすると余計な力も抜け、余裕も持てるようになるでしょう。


休符もベースラインの大事な要素である16ビートのベースライン

休符もベースラインの大事な要素

全ての小節には出てこないものの、1・2・3小節目では2拍目に見られるような、付点8分音符+16分音符というリズムが、この譜面の多くを占めています。そのリズムを把握していないと、このベースラインの良さを殺してしまうことになるので、音源を良く聴いて、同じように弾けるようにしましょう。また、1・2・3小節目には16分休符も見られますが、その細かな休符も大切なリズムの一つで、それの有無では雰囲気が大きく違ってきます。その後にも休符が出てくる小節がありますが、休符も大事なベースラインの要素なので、大事に扱ってください。


8分音符のスタッカートがある16ビートのベースライン

8分音符のスタッカート

これまでにも何度か出てきましたが、4小節目や6小節目などに見られるのは、8分音符にスタッカートが付いたリズムです。これは「8分音符をおよそ半分の長さで演奏する」という意味なので、16分音符に近い長さにカッティングして弾いてやります。なので、譜面には表されていませんが、16分休符が入ってくることになります。音源と全く同じ通りに弾かなくてもいいので、スタッカートでは切れ良く音を止めてやりましょう。


拍子記号が一時的に4分の2拍子になる16ビートのベースライン

拍子記号が一時的に4分の2拍子になる

8小節目だけは一時的に、4分の2拍子に変化するので、リズムが狂わされやすい小節です。7小節目までは「イチ・ニー・サン・シー」とカウントしますが、8小節目では「イチ・ニー」のカウントだけで、次の9小節に入っていきましょう。上手く弾けない場合は、一先ずエレキベースを置いて、カウントを取る練習だけしてもいいでしょう。4分の2拍子の8小節目と、4分の4拍子に戻る9小節目とが、タイ記号で結ばれているのも、リズムを難しくしているので、タイ記号を一旦外して考えてみるのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です