8ビートのベースライン

ポピュラー音楽で中心となるリズム一つに8ビートがあります。8ビートを簡潔に説明すると、8分音符が主体のリズムということです。8分音符が基本なだけで、4分音符や16分音符が入ってくることもあります。8ビートは和製英語なので、英語圏では「8th note rhythm」や「8th note feel」と言われます。

8ビートは8分音符

開放弦を使うと運指が変わる8ビートのベースライン

開放弦を使うと運指が変わる

休符は一つも使ってない、全ての小節が8分音符だけで埋まっているベースラインです。リズム的には簡単な8ビートですが、動きの多いベースラインなので、押弦する運指も少し難しいかと思います。恐らくTAB譜面を見て演奏する人が多いと思いますが、5フレット目を開放弦にすることで、ベースラインも少しは楽になると思います。開放弦を利用した譜面も作っておきましたが、開放弦を使うと逆に難しくなる小節もあるので、両方の譜面を上手く組み合わせたTAB譜面を、自分なりに考えてみるのもいいでしょう。


8分休符と4分休符を読み取る8ビートのベースライン

8分休符と4分休符を読み取る

3段目の9小節目から12小節目以外は、全ての小節に4分休符や8分休符が出てきます。なので、しっかりと休符の長さを、読み取れるかがポイントになってくるでしょう。元々この譜面は、僕が音楽学校を入学する時に、初見のテストとして出されたものです。それを今では僕が、少しアレンジしてベース教室で使っており、プロを目指す人たちにはTABなしの譜面で練習してもらってます。読譜の初級練習くらいには丁度いいので、興味のある人は挑戦してみてください。


スタッカート記号がある8ビートのベースライン

スタッカートは音の長さを半分くらいに

譜面を見渡すと音符の上に、黒い点が付いているのが目立つと思います。これはスタッカートという音楽記号で、その音符を半分の短さにして弾いてやります。この譜面では全て、4分音符にスタッカートがあるので、その音符は8分音符の長さになりますが、きっちりと8分音符を意識する必要はないので、若干長くなったり短くなったりしても構いません。心地よい音の長さにしてやりましょう。


ハンマリング・オンとプリング・オフがある8ビートのベースライン

ハンマリング・オンとプリング・オフ

1小節目や2小節目で見られる、ハンマリング・オンで使う指ですが、僕は3フレットを中指、4フレットを小指という運指です。これでフィンガリングしづらい場合は、3フレットを人差し指、4フレットを中指にするなど、自分が使い易い指を選んでください。これは2小節目と4小節目にある、プリング・オフも同じことが言えますが、使う指によっては、シフティング(ポジション移動)が必要になってきます。ハンマリング・オンやプリング・オフは、苦手とする指でも出来るようにしておくと、その前後のベースラインにも、余裕が生まれてくるでしょう。


運指はシフティングでカバーする8ビートのベースライン

運指はシフティングでカバー

9小節目までは、スタッカートと休符のリズムを感じ取れれば、そう難しくはないベースラインです。11小節目には、人差し指のセーハによる押弦がありますが、これは中指などに変えても問題ありません。大変なのが14小節目からで、指を大きく広げての押弦が必要ですが、手の大きさによっては無理な人もいます。そういう場合は、シフティングによるポジション移動でカバーするといいでしょう。また、使えるフレットは、このTAB譜で示しているフレットだけではないので、異弦同音のフレットに直してやるのもいいでしょう。


タイ記号でリズムを崩しやすい8ビートのベースライン

タイ記号はリズムを崩しやすい

リズムを崩しやすい要因の一つに、音符同士を結ぶタイ記号があります。特に前半の9小節はかなり難しく、音源を何度も聴く必要が出てくるでしょう。最初から音源と同じテンポで弾こうとせずに、ゆっくりと確認しながら進めるといいでしょう。後半の8小節ですが、スタッカートは歯切れよく、タイ記号ではしっかりと音を伸ばし、ドラムともリンクするように、メリハリをつけたベースラインが理想的です。


運指押弦が複雑な8ビートのベースライン

運指押弦が複雑

1小節目を後の小節でも何度か繰り返しますが、これが初心者には複雑な運指押弦に感じられるでしょう。小節によって少し変更はしますが、譜面にもあるように、3弦6フレットを中指、1弦6フレットを薬指、1弦5フレットを人差し指、2弦8フレットを小指、という運指で僕は弾いています。もちろん、この運指以外になってもいいので、色んな運指押弦を試してみてください。終盤には指の力が無くなり、しっかりと押弦できずに、音がビビってしまうことも多いので、気をつけてください。


セーハ(バレーコード)の押弦が必要な8ビートのベースライン

セーハ(バレーコード)の押弦

一本の指で、複数の弦をコントロールするフィンガリングをセーハ、またはバレーコードと言います。大抵は人差し指によるセーハが多く、この譜面も2弦と3弦の4フレット目を中心に、人差し指でセーハしています。セーハを使わないフィンガリングになっても構いませんが、結果的にはセーハを利用した方が、楽なフィンガリングになると言えるでしょう。なので一先ずは、この譜面にある運指で練習してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です