完全4度・増4度・減4度のフレット

根音(ルート)からの距離は「度(ど)」という単位で表される、というのは過去のページでも説明してきました。更に度数によって「長」や「短」がついたり「完全」という言葉もつけられ、それにより音の性格が決められます。

完全4度のフレット

ルートが3弦3フレの度数
ルートが3弦3フレの度数を表す指板図
2弦3フレは完全4度
2弦3フレが完全4度を表している指板図

完全4度が正式名称

ルートのルートを表す記号が3弦3フレットで、長3度の長3度を表す記号が2弦2フレット、完全5度の完全5度を表す記号が2弦5フレットになるのは説明してきました。今回の主役は2弦3フレットにある4度の音で、これを正しく表すと完全4度(かんぜんよんど)と言います。英語式で表すと「Perfect・4th(パーフェクト・フォース)」と言い、右(下)の指板図のように、完全4度を表す記号と略されることが多いです。まずはこの3弦3フレットから、2弦3フレットの距離を、ルートと完全4度のフレットの基本としましょう。


4弦1フレが下の完全4度
4弦1フレが下の完全4度を表す指板図
ルートと完全4度の指板図
ルートと完全4度の音程を表している指板図

完全4度の上下

左(上)の指板図は先ほども見たように、ルートが3弦3フレットで、2弦3フレットが完全4度です。その完全4度からオクターブ低い4弦1フレットも、ルートから見た下の完全4度です。右(下)の指板図は、ルートが4弦0フレットと2弦2フレットで、そこから完全4度を表す記号が完全4度を表しています。ルートから音が高くなる上の完全4度と、音が低くなる完全4度のフレットも把握しておきましょう。


完全4度の響き

完全4度の他に「完全」がつく音程と言えば、完全5度でした。これらの完全音程は、ルートと上手く音が溶け合い、綺麗な音がするので「完全」という名前がついています。左(上)の鍵盤図の、ルートを「C」音とする完全4度と、右(下)の鍵盤図の、同じくルートを「C」音とする、完全5度を聴き比べてみましょう。両方とも二音が上手く溶け合い、綺麗な音程に感じられるでしょう。エレキベースでも完全音程を作れますが、低音楽器なので、高音域で確かめるといいでしょう。

増4度と減5度のフレット

完全5度が半音上がると増5度、半音下がると減5度と言いました。完全4度の場合も同じで、半音上がれば増4度(ぞうよんど)で、半音下がれば減4度(げんよんど)と表します。また、音楽理論的にも考えてみてください。

増4度のフレット
増4度のフレットを説明する指板図
減5度のフレット
減5度のフレットを説明する指板図

増4度と減5度のフレットは同じ

左(上)の指板図で、ルートを表す記号のルートから完全4度を表す記号の距離が完全4度です。その完全4度から半音上がった増4度を表す記号が、増4度を表しています。右(下)の指板図で、ルートを表す記号のルートから完全5度を表す記号の距離が完全5度で、完全5度から半音下がった、減5度を表す記号が減5度になります。なので、増4度と減5度のフレットは同じになる分けです。


減4度のフレット
減4度のフレットを説明する指板図
長3度のフレット
長3度のフレットを説明する指板図

減4度と長3度のフレットも同じ

同じく3弦3フレットのルートを表す記号のルートから、完全4度を表す記号の距離は完全4度で、そこから半音下がってやった、減4度を表す記号が減4度を表します。この減4度のフレットですが、右(下)の指板図にもある、長3度を表す記号の長3度と同じフレットになります。減4度と長3度もフレットだけを見れば、同じ音になることが分かります。

増4度と減5度、減4度と長3度のフレットは同じで、当然同じ高さの音が出ます。しかし、音楽理論的に考えると意味の違う音程になります。例えば「増4度」という答えが正解の問題で、音が同じだからと「減5度」と回答してしまうと、不正解になります。同じ増4度と減5度を例に挙げ、次の音符を見てみましょう。

増4度の音程
増4度の音程を説明する小節
減5度の音程
減5度の音程を説明する小節

音符の数で度数を見る

TAB譜面を見ると、両方とも3弦3フレットから、2弦4フレットの音程です。どちらにも「#」と「♭」が付いていますが、先ずはこれを外して考えてください。左(上)の増4度の音程は、ルートの「C」から数えて「F」まで、4つの音符の隔たりがある完全4度です。そして、外していた「#」を「F」につけてやると、半音広がり増4度となります。

右(下)の減5度の音程は、同じくルートの「C」から数えて「G」まで、5つの音符の隔たりがある完全5度です。また、外しておいた「♭」を「G」につけてやり、半音狭くなって減5度となります。このようにして、増4度と減5度などの正確な音程を見ます。少しややこしい話ですが、例えこれが分からなくても、エレキベースのコードに大きな影響はないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です