パッシングノート(経過音)のベースライン

ベースラインはコードの構成音ではない音を使ってもよく、それをパッシングノートと言ったりします。コードトーンが主役の音なら、パッシングノートは脇役と言える音になるでしょう。パッシングノートの使い方を考えていきましょう。

パッシングノートは経過音

コードトーンだけを使った2小節のベースライン

コードトーンだけを使ったベースライン

コード「CM7」を表した5フレットまでの指板図

指板図はコード「CM7」を表すもので、それからも分かるように、上記の2小節は「CM7」のコードトーンだけを使ったベースラインです。コードトーンだけでも、動きの多いベースラインを組み立てられ、コードの構成音だけを使っているので、安定感もあります。しかし、常にコードトーンだけに絞って考えてしまうと、ベースラインが窮屈に感じられることもあります。同じコード「CM7」で、ベースラインに変化をつけてみましょう。

経過音も使った2小節のベースライン

経過音も使ったベースライン

コード「CM7」のコードトーンとパッシングノートも表した5フレットまでの指板図

今度の2小節も、同じようなベースラインですが、コードトーン以外の音も使い、少しアレンジしています。指板図からも分かるように、コードトーンではないフレットは、で表しています。このような音をパッシングノートと言い、日本名では経過音(けいかおん)と言います。パッシングノートはコードトーン同士を繋ぐ、橋渡し的な役割をしてくれ、ベースラインに流れを作ることが出来ます。しかし、パッシングノートはコードの構成音ではないので、目立つ使い方をし過ぎると、おかしくなるので気をつけましょう。

スケール(音階)について

曲にはスケール、日本名で音階(おんかい)という音の並びが使われ、もちろんベースラインにもスケールを適用します。「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」もスケールの一つで、Cメジャースケールと言われ、先ほどの2小節もCメジャースケールを中心に、ベースラインが作られています。2弦3フレットと4弦1フレットは「ファ」の音で、Cメジャースケールに含まれる音なのが分かります。こういう場合「ファ」の音はパッシングノートとはしない、という考え方もあります。しかし、ここではコードトーン以外の音をパッシングノートの経過音、として考えていきたいと思います。スケールについては、エレキベースのスケールで説明しています。


パッシングノートを使ったベースライン

パッシングノート(経過音)を利用したベースライン

人によっては「このパッシングノートには違和感がある」という音も出てくるはずです。そんなふうに感じたパッシングノートは、別のパッシングノートに変更するか、無理に使わなくてもいいでしょう。例えば、5小節目の2弦3フレットを1弦2フレットにし、前からの流れで「1弦0フレット」→「1弦2フレット」→「1弦4フレット」という、ベースラインの方がしっくりくる人もいるでしょう。聴いている人には大した違いではありませんが、拘りを持った方が後々にも、必ず良いベースラインに繋がるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です