クロマチックアプローチのベースライン

コードが変わる直前の、ベースラインの音は自由ですが、効果的な方法もあります。次のコードを意識して、半音で繋げるクロマチックアプローチという方法です。クロマチックアプローチは、どんなジャンルの曲でも、よく使われています。

クロマチックノートでクロマチックアプローチ

コード「F」のルート半音上下
コード「F」のルート半音上下を表した指板図
コード「Em」のルート半音上下
コード「Em」のルート半音上下を表した指板図

クロマチックノートを指板図で見る

あるコードから、コード「F」へ進行するとします。ベースラインの最初の音はルートを表す記号のルートから弾き始めるのが基本なので、左(上)の指板図では、4弦1フレットか2弦3フレットになります。それらルートを表す記号の半音上下をとしてあるように、あるコードの最後の音をの音で終わり、コード「F」のルートを表す記号に半音で繋ぎます。

右(下)の指板図のコード「Em」へ進行する場合も同じことで、その前のコードの最後の音を、のフレットにしてやると、ルートを表す記号に半音で繋げる分けです。これをクロマチックアプローチと言い、そのの音をクロマチックノートと言います。クロマチックは半音、ノートは音符という意味です。

クロマチックアプローチとアプローチノート

コードのルートに半音で繋げてやると「次のコードに移りますよ~」と言うような、コードの移行感を演出できるかと思います。また、ルートだけに半音で繋げるのではなく、コードトーン(アルペジオ)のベースラインでも説明したように、小節の頭に、長三度や短七度といった音を持ってくる場合にでも、クロマチックアプローチは使われます。クロマチックアプローチはアプローチノートと言う場合もあるようですが、アプローチノートは全音で繋げることも含むので、ここでは区別しておきたいと思います。


クロマチックアプローチの使い方を説明した3小節

クロマチックアプローチの例

1小節目の終わりはの2弦2フレットで、2小節目のルートを表す記号のルートへ半音で繋がっているのが分かります。2弦4フレットからでも半音で繋げられますが、2弦2フレットは長3度を表す記号の長3度でもあるので、安定感が大きくなるかと思います。

2小節目の終わりはコード「F」のコードトーンには含まれない、の3弦2フレットで、3小節目のルートを表す記号へ半音上から繋がっています。もちろん、コード「F」の長3度に当たる、3弦0フレットから繋げるのを好む人もいます。

3小節目はの3弦2フレットの音を8分音符2つで、1小節目のルートを表す記号へ半音下から繋がっています。このように、クロマチックノートを二音続けても良いでしょう。


クロマチックアプローチはコードトーンに対してかけることを説明した2小節

クロマチックアプローチはコードトーンに対してかける

先ほどはコードが変わる直前の、半音で繋げる音を、クロマチックノートだと説明しました。しかし「クロマチックアプローチはコードトーン対してかける」というのが一般的な説明のされかたでしょう。そうすると、同じコード内にでも、クロマチックアプローチを見ることが出来ます。1小節目の2弦2フレットは、コード「C」の長三度である長3度を表す記号です。直前のの2弦1フレットは、長3度を表す記号に半音で繋げられており、これもクロマチックノートとして考えます。

同じく2小節目の4弦1フレットは、コード「G7」の短七度である短7度を表す記号で、一つ前のが4弦2フレットで、半音繋がりなのが分かります。このように、同じコード内のコードトーンに半音で繋げるのも、クロマチックアプローチです。しかし、ここでは「コードが変わる直前の音だけをクロマチックアプローチ」として説明していき、その他の音はの、パッシングノート(経過音)で表したいと思います。


クロマチックアプローチを利用したベースライン

クロマチックアプローチを利用したベースライン

コードが変わる直前でクロマチックノートを使っていますが、7小節目から8小節目にかけては少し違います。7小節目のコード「Dm7」は、終わりの音が2弦4フレットです。8小節目はコード「G7」なので、ルートへ半音で繋ごうとすると1弦0フレット(2弦5フレット)ですが、1オクターブ低い4弦3フレットから入っています。半音で繋がっていないので、クロマチックアプローチではありませんが、こういうベースラインも見られます。5小節目や8小節目のように、半音ずつで、次のコードのルートへ進行する、ベースラインもよく見ることが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です