ドミナントアプローチのベースライン

クロマチックアプローチは、次のコードへ半音で繋げました。ここで説明するドミナントアプローチは、名前の通りドミナントで繋げていきます。ドミナントは属音や第五音という意味があり、分かり易くは完全五度と同じことです。

ドミナントノートでドミナントアプローチ

コード「C」のポジション
コード「C」のポジションを表した指板図
ドミナントのフレット
ドミナントのフレットを説明した指板図

ドミナントアプローチを指板図で見る

左(上)の指板図はコード「C」のポジションで、完全五度である完全5度を表す記号のフレットに注目しましょう。右(下)の指板図は、単に完全5度を表す記号に変えただけです。ルートのルートを表す記号は1弦5フレットと3弦3フレットにありますが、ここでは3弦3フレットを基準に考えてみます。そうすると、ルートを表す記号から2弦5フレット(1弦0フレット)のは上のドミナント、4弦3フレットは下のドミナント、と考えることが出来ます。

何でもいいので、あるコードから指板図のコード「C」へ進行するとします。あるコードの最後の音を、コード「C」の2弦5フレット(1弦0フレット)ので終わり、コード「C」に繋げると、上からのドミナントアプローチで、4弦3フレットので終わり、コード「C」に繋げると、下からのドミナントアプローチとなります。


ドミナントノートを説明した3小節のコード進行

ドミナントノートは次のコードの完全五度

1小節目のコード「C」は2弦3フレットので終わっていて、2小節目のコード「B」の、3弦1フレットのルートを表す記号へ、上からのドミナントアプローチです。

2小節目のコード「B」は、4弦0フレットので終わっており、3小節目のコード「Am」の3弦0フレットのルートを表す記号へ、下からのドミナントアプローチです。

3小節目のコード「Am」の、4弦2フレットのは、次のコード「F」のルートを表す記号へ半音で繋げているクロマチックノートです。コード「F」に入った4弦2フレットのはパッシングノートで、4弦3フレットのが1小節目のコード「C」に、下から繋げるドミナントアプローチです。

このように、現在弾いているコードのドミナント(完全五度)ではなく、次のコードのドミナントで終わり繋げていくので、少しややこしいですが、間違いないように気をつけましょう。また、のような音をドミナントノートと言います。


ドミナントアプローチとノンコードトーンを利用したベースライン

ドミナントアプローチとノンコードトーン

クロマチックアプローチに比べると、ドミナントアプローチはそれほど見る機会は多くなく、使われ方も1小節目や3小節目ののように、少しだけ使うことが多いように思います。2小節目は割りと長く使っていて、しかもコード「Em」のコードトーンに含まれない音なので、違和感を感じる人もいるでしょう。8小節目のコード「G7」ではのパッシングノートとして、4弦4フレットを使っています。これも「G7」のコードトーンではない音で、そういった音をノンコードトーンと言ったりします。その4弦4フレットの音は、4分音符と比較的長い音なので、少し気持ち悪く感じる人も多いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です