チューナーの使い方

楽器にはそれぞれ正しい音が決まっています。電子ピアノなど必要ない楽器もありますが、その楽器を基準の音に合わす、という作業をしなければいけません。エレキベースにも基準とする音がありますが、それを簡単に教えてくれるのがチューナーです。チューナーは必需品なので、必ず一つは持っておくようにしましょう。

チューナーで開放弦を合わす

レギュラーチューニングを説明するTAB譜面

チューニング or 調弦

ギターやベースなどの弦楽器は、開放弦を決められた音に合わすのが普通です。このことをチューニングと言い、日本語では調弦(ちょうげん)と言います。上記の小節のように4弦をE音、3弦をA音、2弦をD音、1弦をG音に合わせます。これが4弦ベースのノーマルなチューニング方法で、レギュラーチューニングと言います。レギュラーチューニング以外のチューニング方法もありますが、大抵はレギュラーチューニングで演奏すると思ってください。

チューナーの種類

チューナーにも幾つかの種類が見られます。接続式のチューナーは、エレキベースとチューナーを、シールドで繋いでチューニングする、最もノーマルなタイプでしょう。クリップ式はエレキベースのヘッド部分に挟み、弦の振動でチューニングします。クリップ式のチューナーはコンパクトですが、最初は確実に音を合わせられる、接続式のチューナーをお勧めします。ピアノやギターの音をもらったり、音叉(おんさ)を使って、自分の耳を頼りに合わせるチューニングもありますが、慣れるまではチューナーを使った方が確実で安心でしょう。

ストロボチューナーは強力

リペアマン(楽器の製造や修理をする人)や、プロミュージシャンが使うチューナーにストロボチューナーというのがあり、普通のチューナーより正確なチューニングが出来ます。ストロボチューナーは、半音を千分の一まで計算できるらしく、非常に高性能です。ピーターソンとソニックリサーチ、という会社のストロボチューナーが有名で、これにも接続式とクリップ式があります。しかし高性能な分、値段も高く何万円とするので、最初からは必要ありません。普通のチューナーに満足できなくなったら、購入を考えるといいでしょう。

チューナーの見方とチューニングのコツ

チューナーを使ったチューニングは、何も難しいことではありません。4弦から1弦を、先ほども説明した音に合わせればOKです。しかし、チューニングは非常にデリケートな作業なので、細かいことに気を配れるようにしてください。

チューナーの画面

チューニングの基本

チューナーにはアナログ式とデジタル式がありますが、大体が針やメーターが動き、それを合わせるタイプでしょう。上の画像のように、メーターを真ん中に合わすことが出来れば、その弦はチューニング出来ているということです。何弦からチューニングしても問題ないと思いますが、一番太い4弦から一番細い1弦へと、チューニングするのが一般的かと思います。チューニングの時は、ボリュームノブさえ上げておけばいいと思いますが、僕はその他のトーンコントロールノブも、一杯に上げてチューニングしています。音を完全にピッタリと合わすのは難しいと思いますが、それに近いチューニングを目指してください。

弦の共鳴を防ぐ

例えば、右手で4弦をピックか指で弾きながら、左手でペグを回すとします。この時わずかですが、他の弦も4弦の振動に釣られて、小さく震えています。これを弦の共鳴(きょうめい)と言い、ピックアップがこの共鳴の音を拾います。この小さな弦の震えが、チューニングに大きな影響をもたらす、と言えばそうでもないでしょう。しかし、チューニングは神経質なくらいが丁度いいので、4弦を鳴らしたら、他の3弦と2弦と1弦に手を触れて、共鳴を抑えておきましょう。

チューニング時のペグの回し方

ペグを勢いよく回し過ぎると、思ったより音が大きく動いてしまうものです。チューニングが丁度くらいの所まで来たら、ゆっくり少しずつ回すようにしてください。また、チューニングが高くなりすぎた場合ですが、一度大きくペグを緩めてしまいましょう。ペグを緩めながらのチューニングは狂いやすい傾向にあるためです。チューニングはペグを締めながら、音を合わすようにしましょう。

チューニングは繰り返しが基本

弦が張られる力のことを、張力やテンションと言います。弦楽器のテンションは想像以上に強く、ネックに相当な力がかかっています。特に弦が太いエレキベースは、テンションが大きいでしょう。4弦から1弦まで正確なチューニングをしたと思っても、テンションの影響で最初にチューニングした、4弦(他の弦も)が狂っているということが多いです。特に張り替えたばかりの弦は、弦自体が急激に伸び縮みするので、激しくチューニングが狂います。なのでチューニングは最低でも、3回は繰り返すようにするといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です