ド・レ・ミを弾いてみよう

TAB譜面の読み方が分かったら「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」のフレットを覚えてみましょう。これがエレキベースを弾く上で基本にもなってくるかと思います。指の使い方はまだ気にしなくてもいいので、先ずは音を出してみましょう

Cメジャースケールの弾き方

TAB譜面を読む練習としてCメジャースケールを練習してみましょう。Cメジャースケールというと難しく聞こえますが、音楽の時間に多くの人がピアノで弾いたことのある「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と同じことです。始まりの音が3弦3フレットで、この音を基本のドと覚えておきましょう。

開放弦を使わないCメジャースケール

英語音名を覚えよう

音楽の授業で習った親しみのある「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」というのはイタリアから入ってきた音名です。これを英語にすると「C・D・E・F・G・A・B・C」となります。英語音名にも慣れておくと、後からコードネームという音楽記号を読むのに便利です。なので、余裕があれば英語音名も覚えておきましょう。このサイトでも英語音名を中心に説明をしています。

小節線で一区切り

譜面は縦の線の小節線(しょうせつせん)で区切られています。始まりの小節を1小節目として、次から2小節目→3小節目→4小節目と続いていきます。上の2小節で説明すると、1小節目の1拍目は3弦3フレットのCの音で、2小節目の2拍目は1弦2フレットのAの音、というような言い方が出来ます。


開放弦を使うCメジャースケール

開放弦を使うCメジャースケール

次も全く同じCメジャースケールですが、開放弦を使っています。TAB譜面の数字だけ見ると勘違いしてしまいますが、音符を見比べてみると、先ほどの2小節と全く同じです。実は3弦5フレットは2弦の開放弦と同じ音で、2弦の5フレットは1弦の開放弦と同じ音なのです。詳しいことは後のページでも説明しますが、開放弦を使うと少し弾くのが楽になると思います。


4弦8フレットからのCメジャースケール

4弦8フレットからのCメジャースケール

今度のTAB譜面は、先ほどの2枚のTAB譜面とフレットの数字が全く違いますが、音符を見比べてみると、やはり同じなのが分かります。開放弦を使った場合と同じように、弾く弦が違いますが、3弦3フレットと4弦8フレットは同じ高さのドの音です。それから先の音も同じ高さの音ですが、使っている弦が太いので、音圧も少し太く感じられると思います。また、実際のエレキベースではフレットの幅が狭くなっているので、弾きやすくなったと思う人もいるでしょう。

何通りかの弾き方

説明してきたように、エレキベースのような弦楽器では、1つのフレーズを弾くにしても、何通りかの弾き方が考えられます。何故こんなことが出来るのか分からないと思いますが、音の仕組みが分かれば簡単なことです。それらはこの先のページでも詳しく説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です