TAB(タブ)譜面の読み方

音楽の経験がない人でもTAB(タブ)譜面なら直ぐに読めます。TAB譜面は弦楽器特有の便利な譜面で、まるで音符が翻訳されたように、簡単に読むことが出来るでしょう。教則本やバンドスコアなどでも、必ずと言っていいほどTAB譜面が使われています。また、TAB譜面は日本に限らず世界中で使われている譜面です。

TAB譜面は数字で表される

TAB譜面の読み方を説明する小節

TABの横線は弦、数字はフレット

上記のように、上段に音符が記され、その音符の下にTAB譜面が書かれる、というのが普通です。TAB譜面の横線は弦を表していて、一番上から1弦・2弦・3弦・4弦という具合です。ここでは4弦ベースなので線が4本ですが、5弦ベースになると線も5本になります。TAB譜面にある数字はフレットを表しているので、順番に読んでいくと「3弦3フレット」「2弦2フレット」「1弦4フレット」「4弦0フレット(開放弦)」になります。指板図でも確認しておきましょう。

3弦3フレット
3弦3フレットの指板図
2弦2フレット
2弦2フレットの指板図

1弦4フレット
3弦3フレットの指板図
4弦0フレット(開放弦)
4弦0フレットの指板図

最初に見たTAB譜面を、指板図で表してみたのが上記の4つです。TAB譜面にはフレットの区切りがないので、最初は少し戸惑うかもしれませんが、同じ弦とフレットのポジションを示しているのが分かると思います。前のページで見た、弦とフレットの数え方が理解できていれば、TAB譜面の読み方も理解できるでしょう。

ヘ音記号

ヘ音記号と拍子記号

音符が書かれる場所の最初には、音部記号(おんぶきごう)という音楽記号があり、それは音の高さを示す音楽記号だと思ってください。音部記号には種類があり、ここで見られるのはヘ音記号(へおんきごう)で、エレキベースやチェロなど、音の低い楽器に用いられる記号だと思ってください。ヘ音記号は他に、低音部記号やへ字記号とも言われます。しかし、TAB譜面を読むに限っては、ヘ音記号を特に意識する必要はありません。

拍子記号

ヘ音記号の右隣にあるのが、リズムを決める拍子記号(ひょうしきごう)というものです。多くは分母と分子で○分○拍子と表現しますが、ここではCとあり、これは4分の4拍子と同じ意味です。TAB譜面を読むのにもリズムは大切ですが、最初からタブ譜面だけ見て弾くより、音源と合わせて演奏することが多いと思うので、拍子記号でそんなに悩むこともないと思います。

TAB譜面のデメリット

ピアノなどの経験が無く音符に慣れていなくても、TAB譜面なら簡単な練習で直ぐに読めるかと思います。ほとんどの人がTAB譜面を見ながら弾くことになると思いますが、デメリットも幾つか考えられます。

開放弦を使わないTAB譜面
開放弦を使わないTAB譜面
開放弦を使っているTAB譜面
開放弦を使っているTAB譜面

TAB譜面は音楽的ではない

TAB譜面は音の高さが把握しづらいということで、音符では音の高低が確実に見てとれます。TAB譜面でも大体の音の高低は見て分かりますが、ギターやベースの経験がない人には分かりづらく、何より音楽的ではありません。また、後から譜面に手を書き加えることを考えても、TAB譜面は適してないと言えるでしょう。

TAB譜面は弾き方が限定されているよう

次に運指(うんし)のパターンです。運指とは字の通り指の運び方、弦の押さえ方のことです。上記の両方の小節を見比べてください。音符は全く同じですが、TAB譜では違っています。どちらかが間違いという分けではなく、どちらも正しい音の高さを記す音符とTAB譜面です。これは後のページでも説明していますが、異弦同音(いげんどうおん)という弦楽器の特徴です。TAB譜面だけを見ると一通りの弾き方だけしかない、と勘違いしてしまうこともあります。

TAB譜面はメリットの方が大きい

二つのTAB譜面のデメリットを挙げてみました。もしプロを目指すなら、TAB譜面より音符を読むようにしましょう。初見の読譜に強いミュージシャンは、重宝され仕事の数も増えるはずです。でも、そうでない人はTAB譜面だけ読めれば十分だと思います。音符を読み慣れるのには時間がかかりますし、それだけで嫌になってしまうかもしれません。デメリットで説明した運指パターンも、弦楽器の仕組みを理解すれば直ぐに分かることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です