ベースのチューニング方法

チューナーを使うチューニング方法に慣れてきたら、いずれは自分の耳を頼ったチューニング方法も覚えておくと便利です。また、チューニングにはレギュラーチューニング以外に、音を下げて合わせるチューニングがあります。レギュラーチューニングほど使用する機会は多くありませんが、偶に必要とする場合も出てくると思うので覚えておきましょう。

異弦同音を利用したチューニング

異弦同音(いげんどうおん)でも説明したように、4弦から2弦の5フレット目は、開放弦でも同じ音が出せます。これを利用したチューニング方法もありますが、最初はかなり難しく感じられるので、繰り返しの練習が必要でしょう。

3弦をA音に合わす
3弦をA音に合わせる指板図
4弦5フレットを3弦に合わす
4弦5フレットを3弦に合わせる指板図

2弦を3弦5フレットに合わす
2弦を3弦5フレットに合わせる指板図
1弦を2弦5フレットに合わす
1弦を2弦5フレットに合わせる指板図

異弦同音チューニングの手順

  1. 先ずはチューナーを使い3弦をA音に合わせます。
  2. 次に4弦5フレットを押さえながら、これを3弦の音に合わせます。
  3. 今度は2弦を3弦5フレットの音に合わせます。
  4. 最後に1弦を2弦5フレットの音に合わせます。

チューニングと音の関係

ここでは3弦を基準の音にしましたが、異弦同音の仕組みが分かっていれば、どの弦を基準にしても合わせられるでしょう。また、音によってもチューニングが左右されるかと思います。アンプの設定で低音を下げ、高音を上げてやると聴き取りやすい音が作れるので、チューニングし易くなるかもしれません。

ハーモニクス奏法を利用したチューニング

倍音(ばいおん)とも言われるハーモニクスは、簡単にいうと高い音のことです。仕組みを説明すると長く難しくなるので省略しますが、指定されたフレット(実際に指で触れるのは弦)の上に軽く指を置きます。その状態からピックか指で弦を弾くと同時に、弦に軽く置いていた指を離します。成功するとプーンと高い音が鳴り、その音がハーモニクスです。

チューナーを使い
3弦0フレをA音に合わす
3弦0フレをA音に合わせる指板図
3弦7フレのハーモニクスに
4弦5フレのハーモニクスを合わす
3弦7フレのハーモニクスに4弦5フレのハーモニクスを合わせている指板図

3弦5フレのハーモニクスに
2弦7フレのハーモニクスを合わす
3弦5フレのハーモニクスに2弦7フレのハーモニクスを合わせている指板図
2弦5フレのハーモニクスに
1弦7フレのハーモニクスを合わす
2弦5フレのハーモニクスに
1弦7フレのハーモニクスを合わせている指板図

ハーモニクスチューニングの手順

  1. 先ほどと同じくチューナーで3弦をA音に合わせます。この3弦の音が基準になるので、もう3弦のペグは回しません
  2. 3弦7フレットのハーモニクスを出してください。その音に4弦5フレットのハーモニクスを合わせるので、回すペグは4弦です。
  3. 3弦5フレットのハーモニクスを出してください。その音に2弦7フレットのハーモニクスを合わせるので、回すペグは2弦です。
  4. 2弦5フレットのハーモニクスを出してください。その音に1弦7フレットのハーモニクスを合わせるので、回すペグは1弦です。

ハーモニクスの音

5フレット目と7フレット目のハーモニクスが出やすいので、まずはそのフレットで練習してみるといいでしょう。下記の音源はハーモニクス奏法でチューニングをしている様子です。二音で鳴っていたハーモニクスが、最終的には一音になったかのように、合わさった様子が分かるかと思います。

チューナーで確認

最初はハーモニクスの音を出すだけでも苦労するので、これでチューニングをしようと思うと大変です。何となくでもいいので、出来たと思ったらチューナーを使い、音が合っているか確認してみましょう。繰り返すうちにポイントも分かってくると思います。これが出来るようになれば、チューニングを素早く済ませられるので、ライブなどの時には重宝すると思います。

実音を聴いてチューニング

最後にシンプルなチューニングをしてみましょう。僕が録音した4弦から1弦の開放弦の音を聴きながら、それと同じ音に合わせてやりましょう。チューニング方法自体は簡単ですが、もちろん直ぐには出来ないと思います。


チューニングのコツ

どのチューニングにでも言えることですが、音の揺れに注目してみましょう。音が合ってない時は音の揺れが大きく、合わさってくると音の揺れが少なくなり、完全に合うと音の揺れがなくなり、一つにまとまる感じがします。チューニングは耳はもちろんのこと、感覚でも音を拾えるようになるといいかもしれません。

弦の呼び方について

弦は1弦・2弦・3弦・4弦という呼び方だけではなく、開放弦の音名に因んで呼ばれることがあります。4弦をE弦3弦をA弦2弦をD弦1弦をG弦、といった具合です。チューニングとは直接関係ないことですが、覚えておきましょう。

ハーフダウンチューニングとドロップDチューニング

4弦をE音、3弦をA音、2弦をD音、1弦をG音、に合わすのが通常のチューニングで、それをレギュラーチューニングと説明しました。多くはレギュラーチューニングでの演奏になりますが、それ以外のチューニング方法も存在します。ここではレギュラーチューニングから音を下げる、代表的なチューニングを見てみましょう。

レギュラーチューニング
レギュラーチューニングを表す指板図
ハーフダウンチューニング
ハーフダウンチューニングを表す指板図

ハーフダウンチューニング

レギュラーチューニングから、全ての弦を半音下げてやるのがハーフダウンチューニングです。最近のチューナーは、フラット機能というもの備わっているので、それを利用すればレギュラーチューニングと同じように、ハーフダウンチューニングも容易に合わせることが出来ます。しかし、フラット機能がないチューナーもあるので、その場合は各弦の1フレット目を押さえ、普段通りのチューニングをすれば、ハーフダウンチューニングになります。またハーフステップダウンチューニングとあっても、同じ意味なので覚えておきましょう。

ハーフ(ステップ)ダウンチューニングについて

キー(中心となる音)がEの曲があったとします。ボーカルがそのキーでは声が出ないので、半音下げて演奏しようとなった時に、辻褄を合わせる為に、ハーフダウンチューニングが使われたりします。しかし、ハーフダウンチューニングの指定があっても、開放弦が使えない弾きづらさや、曲の印象が変わることもありますが、レギュラーチューニングのままで弾けないこともありません。


レギュラーチューニング
レギュラーチューニングを表す指板図
ドロップDチューニング
ドロップDチューニングを表す指板図

ドロップDチューニング

レギュラーチューニングから、4弦だけを全音(フレット2つ分)下げてやったものがドロップDチューニングです。半音下げ機能があるチューナーのように、全音下げ機能のチューナーもありますが、それが無い場合、4弦2フレットを押さえながら、通常通りのチューニングをしてください。2弦と4弦が同じ音名のDになりますが、2弦と4弦は1オクターブ上下の関係にあります。

ドロップDチューニングについて

ドロップDチューニングはロックやハードコア等の、ヘビーなジャンルで使われることが多いです。4弦だけですが、ハーフダウンチューニングよりも半音低くすることによって、音に厚みが増し、重いサウンドを出すことが出来ます。弦には太さを表すゲージという言葉がありますが、ドロップDチューニングを頻繁に使用するベーシストは、弦のゲージを大きくしている傾向にあり、そうすることによってテンション(張力)を上げ、弦の緩みを抑えている分けです。

チューニングの種類はたくさん

僕は使ったことがないので、詳しくは分かりませんが、他にもドロップCチューニングや、全ての弦を全音下げたりするチューニングや、主にギターで使われる、コードを簡単に弾くための、オープンチューニングなどがあります。また、音を下げるチューニングばかりではなく、レギュラーチューニングより音を高く合わせる、アップチューニングなどを使うベーシストもいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です