音楽記号のタイ記号

音符と音符を曲線で結んでいる、音楽記号をタイ記号と言います。タイ記号は音楽ジャンルに関わらず、頻繁に使用される音楽記号、それによりリズムが大きく変わります。譜割り・符割を理解するには、必要不可欠な音楽記号でしょう。また、タイ記号によく似ている、音楽記号についても一緒に見ておきましょう。

タイ記号は同じ高さの音符を結ぶ

タイ記号で4分音符同士を結んでいる小節

タイ記号で4分音符同士を結ぶ

2小節目の2つ目から3つ目にかけての4分音符が、タイ記号の曲線によって結ばれているのが分かります。タイ記号は同じ高さの音を結び、後の音をそのまま続けるので、この場合4分音符が2つ分の長さになる分けです。どういうリズムになるか、先ずは想像で音を鳴らしてみてください。


タイ記号で8分音符同士を結んでいる小節

タイ記号で8分音符同士を結ぶ

今度は2小節目に、8分音符同士がタイ記号で結ばれており、やはり3弦3フレット同士の、同じ高さであることが分かります。8分音符と8分音符が結ばれているので、8分音符が2つ分になり、計算的には4分音符が1つ分の長さになる、ということになります。少し複雑なリズムなので、直ぐには分からないでしょう。


タイ記号とスラー記号を比較している2小節

タイ記号とスラー記号

1小節目は先ほども見てきたように、8分音符の2弦5フレット同士を結ぶタイ記号です。2小節目の音符全体を囲うような曲線を、演奏記号のスラー記号と言い「滑らかに演奏しなさい」という意味です。説明したように、タイ記号は2つの音符を結び、音を1回しか鳴らしませんが、スラー記号は2つ以上の音符を囲い、音も音符の数だけ鳴らします。両方ともよく似た形状をしていますが、意味の違う音楽記号なので気をつけましょう。タイ記号はポピュラー音楽でも頻繁に見られますが、スラー記号はそれほど目にすることもないでしょう。

タイ記号のリズム練習

4分音符同士や8分音符同士、または4分音符と8分音符が、タイ記号で繋がっているリズムを練習していきましょう。音符から休符へ、または休符と休符がタイ記号で繋がることはなく、休符とタイ記号は直接関係ありません。しかし、休符が入ってくると、タイ記号のリズムが難しくなることは確かなので、休符とタイ記号のリズムも練習しておきましょう。

4分音符と8分音符を使ったタイ記号の譜面

4分音符と8分音符を使ったタイ記号

4小節までには3回のタイ記号が出てきており、4分音符同士がタイ記号で結ばれているので、4分音符2つ分を1回で鳴らします。特に小節をまたぐタイ記号は、リズムを見失うことが多いので、クリック音をよく聴いておきましょう。クリック音と同じように合わせ、足で4分音符のリズムをとりながら、音符を歌っていくのもいいでしょう。

5小節目は8分音符同士がタイ記号で結ばれており、4分音符と同じ長さと頭では分かっていても、実際にリズムを歌うとなると直ぐには歌えないのが普通です。また、7・8小節目は特に難しいので、何度も音源を聴く必要があるでしょう。一度タイ記号を取り外して歌ってみるのも、タイ記号のリズムを掴むコツかと思います。音源のテンポに拘らず、ゆっくりとしたテンポで歌えれば十分です。


休符が入ってくるタイ記号の譜面

休符が入ってくるタイ記号

今度は一枚目の譜面に、4分休符と8分休符を加えてあります。タイ記号のリズムが読めれば、4小節目までは難しいリズムではないかと思います。強いて言うなら、4小節目の最後にある、8分休符と8分音符が続く「」のリズムかと思います。「」が4つ目のクリックと同時に入る、と感じながら歌いましょう。

5小節目からは全て難しいリズムなので、1小節ずつクリアしていくといいでしょう。ここも一枚目の譜面に、8分休符が加えられているリズムなので、まずは一枚目の譜面の5小節目から8小節目を、完璧に歌えるようにならないと厳しいかと思います。都合よく考えると、8分音符だった「」の部分を、8分休符の「」に変えるだけでいいので、一枚目の譜面がクリア出来ていれば読めるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です