譜割り・符割を音符とTAB譜で考える

何枚かの簡単な譜面を見て、どういうリズムなのかを考えてみましょう。最後以外は4分音符と4分休符だけを使った譜面なので、直ぐに分かると思います。音の長さを表すのは、音符もTAB譜も同じということも知りましょう。

譜割り・符割は音符もTAB譜も同じ

4分音符だけの2小節

4分音符のリズム

1小節目と2小節目とでは音の高さは違いますが、4分音符という同じ長さの音符です。テンポ(曲の速さ)は自由でいいので「イチ・ニー・サン・シー」に合わせて、1小節目なら3弦3フレットを、2小節目なら2弦5フレットを弾けば良い分けです。どのフレットを押さえるかは、TAB譜を見れば分かります。


4分休符はがる2小節

4分休符のリズム

1・2小節目の位置にあるのが4分休符で、4分音符と同じ長さを持っていますが、休符なので音を鳴らさないようにします。一つ前の4分音符のリズムが弾けたなら、難しく考える必要はなく、4分休符がある部分だけ休めばいいだけです。音符もTAB譜も、休符は全く同じ記号で記されているのが分かります。


音程がある4分音符の2小節

音程がある4分音符のリズム

音程(おんてい)とは音と音の距離のことで、上記の2小節の音符には、その音程があるのが分かります。一見すると複雑そうに思えますが、リズム自体は4分音符と4分休符だけです。なので、前の2つの譜面が分かれば、この譜面も弾けるでしょう。音の高さを知るにはTAB譜の数字を見ればわかるので、それを弾いていけば、フレーズがどんなものか分かると思います。


4分音符と4分休符以外もある2小節

4分音符と4分休符以外のリズム

リズムが4分音符と4分休符だけなら苦労はしませんが、他の音符や休符もあります。押さえるフレットはTAB譜を見れば分かるとして、音の長さを知るにはTAB譜を見るにしろ、それぞれの音符や休符の長さ、を知っておかなければなりません。上記のような譜面の場合、音の高さは3弦3フレットで一定ですが、色んな種類の音符と休符が使われていて、直ぐには分からないでしょう。音符とTAB譜では、どれだけ音を鳴らすか休むかは、同じように表されます。

譜割り・符割とは?

今、バンドのコピーなどをしている人は、バンドスコアとCDを併用して練習していると思います。それで同じように弾くことが出来れば、何も問題ありません。CDを聴いて音符や休符の長さを把握するのも、良い練習方法だと思います。ただ、翌々はTAB譜を見ただけでも、リズムが分かるようになりたければ、数種類ある音符と休符の長さを知ることです。譜割り・符割(ふわり)を知るとはそういうことで、小節内にある音符や休符の長さと数を把握し、弾けるようになるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です