連桁と2拍ずつで譜面を読みやすく

譜面は見るだけの方が多いかと思いますが、これから音楽を続けていくと、採譜(さいふ)という、譜面を書き記すことをするかもしれません。自分だけが読む場合はいいですが、譜面を他人にも見せる場合は、読みやすい譜面を作成しましょう。

連桁で音符を繋げる

連桁なしの8分音符
連桁を使っていない8分音符の小節
連桁ありの8分音符
連桁で繋いでいる8分音符の小節

8分音符は2つから連桁

左(上)の小節は、4分音符が1つと8分音符が6つあり、合計すると4分音符が4つ分丁度で、4分の4拍子を満たしていますが、非常に見づらい小節です。既に見慣れていると思いますが、8分音符が2つ以上続く場合は、右(下)の小節のように、少し太めの横線で繋げてやります。この横線を連桁(れんこう)と言います。


連桁なしの8分音符と8分休符
連桁を使っていない8分音符と8分休符の小節
連桁ありの8分音符と8分休符
連桁で繋いでいる8分音符と8分休符の小節

連桁と8分休符

左(上)の小節は、連桁が使われていない8分音符で、間には8分休符も使われています。やはりこれでは見づらく、連桁を使い見やすくしたのが、右(下)の小節です。連桁で繋がれた8分音符の間には、8分休符が書かれることもあります。このようにして連桁を使い、見やすい譜面を書くように心がけましょう。

2拍ずつを意識した小節

4分音符を1拍ずつ
4分音符を1拍ずつ区切った小節
4分音符を2拍ずつ
4分音符を2拍ずつ区切った小節

4分の4拍子の1拍

左(上)の小節は、小節内に4分音符が4つあり、それぞれを1拍という単位で区切っていて、手拍子を1回と考えてもいいでしょう。右(下)の小節も、4分音符が4つありますが、今度は2拍ずつで区切っています。小節内は2拍ずつで区切ってやると、見やすい譜面になります。2拍ずつを意識して、次からの小節で考えていきましょう。


3拍と1拍に分かれる小節
3拍と1拍に分かれる小節
2拍ずつに分かれた小節
2拍ずつに分かれた小節

付点2分音符を2拍ずつに分ける

左(上)の小節は、付点2分音符と4分音符が1つずつあります。付点2分音符は4分音符が3つ分なので、3拍分ということになり、後の4分音符は1拍なので、3拍と1拍に分かれており、2拍と2拍の形になっていません。これを同じリズムで、2拍ずつに直したのが、右(下)の小節です。2分音符と4分音符を、タイ記号で結んで3拍分にしています。でも、左(上)の小節のように書く人もおり、それでも間違いではありません。これは好みの問題かと思います。


2.5拍と1.5拍に分けた小節
2.5拍と1.5拍に分けた小節
2拍と2拍に分けた小節
2拍と2拍に分けた小節

タイ記号で見やすい小節にする

左(上)の小節は、付点4分音符と4分音符で2.5拍分となり、後は4分音符と8分音符で1.5拍分となっています。リズムが分かれば良いと思うかもしれませんが、こういう譜面の書き方は、分かりづらく良くありません。タイ記号を利用して、2拍ずつに分けてやった、右(下)の小節が正しい譜面、と言えるでしょう。これは採譜をし始めの頃には、よくやってしまうことなので、気をつけましょう。


8分音符をタイ記号で結んだ小節
8分音符をタイ記号で結んだ小節
4分音符を利用した小節
4分音符を利用した小節

8分音符2つは4分音符1つ

これは左右(上下)の小節とも、2拍ずつでまとまっています。左(上)の小節は、8分音符が8つ並んでいますが、二ヶ所だけタイ記号で結ばれています。8分音符同士をタイ記号で結んでやると、4分音符と同じ長さになり、それを4分音符で記したのが、右(下)の小節です。右(下)の小節の書き方が一般的ですが、タイ記号を使った音符の長さや、そのリズムの感じ方などを知るために、左(上)の小節で考えてみるのも、練習方法としては良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です