付点4分音符と付点2分音符

音符や休符の直ぐ近くに、小さい黒い点が付くことがあります。それを付点(ふてん)と言い、合わせて付点音符付点休符と言います。付点音符や付点休符になると、音の長さも変わるので、当然リズムにも影響が出てきます。

付点4分音符=4分音符+8分音符

4分音符4分休符1拍
4分音符 4分休符 4分音符と4分休符の長さ
8分音符8分休符0.5拍
8分音符 8分休符 8分音符と8分休符の長さ
付点4分音符付点4分休符1.5拍
付点4分音符 付点4分休符 付点4分音符と付点4分休符の長さ

付点4分音符と付点4分休符

先ずは付点4分音符付点4分休符を見てみましょう。付点は表の音符と休符を見ても分かるように、直ぐ右隣に小さい黒い点が付いています。肝心の音の長さですが、その音符の半分の長さがプラスされます。つまり、4分音符の半分の長さは8分音符なので「付点4分音符=4分音符+8分音符」ということになります。付点4分休符も同じように「付点4分休符=4分休符+8分休符」となります。


付点4分音符
付点4分音符がある小節
4分音符+8分音符
4分音符と8分音符がタイ記号で結ばれている小節

付点4分音符をタイ記号で考える

左(上)の小節は、付点4分音符を含む1小節です。付点4分音符は、4分音符に8分音符がプラスされた長さなので、右(下)の小節のように、4分音符と8分音符をタイ記号で結んでやっても、付点4分音符と同じ長さになります。付点4分音符のリズムがつかめない時は、タイ記号で考えてみるのもいいでしょう。


付点4分休符
付点4分休符がある小節
4分休符+8分休符
4分休符と8分休符が並んでいる小節

4分休符と8分休符で付点4分休符

今度は付点4分休符の長さを考えてみましょう。左(上)の小節は、付点4分休符で記されており「ウン」の4分休符と「」の8分休符だけ休んでいます。休符の書かれ方が分かりづらく、リズムが崩れてしまうようなら、右(下)の小節のように、4分休符と8分休符で考えても、付点4分休符と全く同じ長さになります。

付点2分音符=2分音符+4分音符

2分音符2分休符2拍
2分音符 2分休符 2分音符と2分休符の長さ
4分音符4分休符1拍
4分音符 4分休符 4分音符と4分休符の長さ
付点2分音符付点2分休符3拍
付点2分音符 付点2分休符 付点2分音符と付点2分休符の長さ

付点2分音符と付点2分休符

付点は4分音符だけに付くものではなく、全ての音符や休符に記されます。付点2分音符(付点2分休符)の考え方も、付点4分音符(付点4分休符)と全く同じです。先ずは2分音符の長さを、復習しておきましょう。4分音符を1拍とすると、2分音符は倍の2拍分に相当します。付点は元になる音符の、半分の長さがプラスされるので、付点2分音符は2分音符に4分音符が加えられた、3拍分の長さになります。やはり付点2分休符も同じ考え方で、2分休符と4分休符の3拍分です。


4分の4拍子
4分の4拍子で付点2分音符がある小節
4分の3拍子(ワルツ)
4分の3拍子(ワルツ)で付点2分音符がある小節

拍子記号が違う付点2分音符

左(上)の小節は付点2分音符が1つで、これは4分音符に直すと3つ分になります。小節内にはもう1つ4分音符があるので、合わせて4分音符が4つになり、4分の4拍子ならこれで1小節内は満たされます。右(下)の小節、ワルツとも言われる4分の3拍子になると、4分音符が3つで1小節が終わり、という意味になるので、4分音符が3つ分に相当する付点2分音符1つで、小節内は満たされます。


付点2分休符
付点2分休符がある小節
付点2分休符は4分休符3つ分
4分休符が3つ並んでいる小節

付点2分休符は4分休符3つ分と同じ

左(上)の小節は、4分休符が3つ分に値する付点2分休符と、4分音符が1つあるので、これで4分音符(4分休符)が4つ分になり、4分の4拍子を満たしています。右(下)の小節も4分の4拍子で、付点2分休符を分かりやすく、4分休符3つで表しています。音符の書き方としては、左(上)の小節の方がスッキリしていますが、右(下)の小節も間違いではなく、視覚的にもリズムが分かりやすいでしょう。

付点4分音符と付点2分音符のリズム練習

付点2分音符は楽に把握できるリズムですが、付点4分音符と8分音符のセットは、少し苦労するかと思います。頭で考えるのも大切ですが、何度も聴いて慣れてしまうことも大切かと思います。

付点2分音符と付点4分音符を練習する譜面

付点4分音符を聴き慣れる

1小節目は4分音符が4つあり、2小節目は付点2分音符と4分音符が1つあり、比べてみると付点2分音符が4分音符3つ分に値する、というのが分かります。頭で分かったら今度は音を聴いて、リズムもとれるようになりましょう。4小節目は付点がない普通の2分音符なので、前のリズムに惑わされないようにしましょう。

5小節目からの付点4分音符は、8分音符3つ分になるので、歌うと「タタタ」となります。この長さを一回で歌うのが、付点4分音符と考えてください。5・6小節目のように、付点4分音符から8分音符のリズムもあれば、7・8小節目の8分音符から、付点4分音符のリズムもあるので、間違いやすいです。歌いながらも、目は1小節先を見て、音符を確認できるようになるといいでしょう。


付点4分休符と付点2分休符を練習する譜面

付点4分休符のリズムの取り方

2小節目から3小節目にかけては、4分音符と付点2分音符が、タイ記号で結ばれています。合計すると、4分音符が4つ分で分かりやすいですが、小節をまたいでいるので、リズムがとりづらいです。歌いながらもしっかりと拍を数えて、3小節目の4拍目の8分休符には、ピタッと音を止められるようにしましょう。

7小節目には付点4分休符があり、4分休符を「ウン」と歌い、残りの8分休符を「」と歌っていますが、譜面には8分休符が書かれてないので、リズムがとりづらいかもしれません。そういう場合は、付点4分休符を8小節目のように、4分休符と8分休符に分けて考えてみましょう。また、付点4分休符を8分休符3つに分け「ウウウ」と歌っても問題なく、分かりやすいリズムの取り方をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 千葉勇治 より:

    例えば付点付4分音でテンポが45の場合、メトロノームは45でいいのでしようか?

    • o-kaka より:

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      8分の6拍子の曲でしょうか?
      基本はそれで良いと思いますが
      合わせ辛かったら3倍にしてみて
      135の速度で練習してみても良いかと思います。

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です