4分音符(4分休符)と8分音符(8分休符)

音符(おんぷ)と休符(きゅうふ)の、最も基本的なことになりますが、音符は音を鳴らす音楽記号で、休符は音を休む音楽記号です。どれだけ音を鳴らすのか、どれだけ音を休むのかは、それぞれ数字を使って表されます。

4分音符の半分が8分音符

4分音符4分休符1拍
4分音符 4分休符 4分音符と4分休符の長さ
8分音符8分休符0.5拍
8分音符 8分休符 8分音符と8分休符の長さ

4分音符と4分休符

曲に合わせて手拍子を打つ時など「ワン・ツー・スリー・フォー」とカウントしますが、その1つずつが4分音符(4分休符)と同じ長さだと思ってください。また、これから練習していく音源に、メトロノーム(クリック音)が一緒に鳴っていますが、それも4分音符と同じタイミングで鳴っていると思ってください。他の音符の長さを考える時に、この4分音符を基本にしていくと分かりやすいかと思います。

8分音符と8分休符

4分音符を半分にした長さが8分音符(8分休符)になります。4分音符が1回鳴る間に、8分音符は均等に2回鳴らせる分けです。数字は4から8の倍になっていますが、音の長さは半分になるので、勘違いしないようにしましょう。まずは4分音符と8分音符の長さ関係を、頭で理解してください。

4分音符と8分音符のリズム練習

音符の基本とも言える4分音符と4分休符、それの半分に当たる8分音符と8分休符を、譜面と音源で確かめてみましょう。この4分音符と8分音符の長さ関係が頭で分かり、耳でも分かれば、これから先の符割も分かるはずです。音符も休符も声に出し、歌ってやることがポイントでしょう。

4分音符と8分音符のリズムを練習する譜面

音符の長さを歌う

音の長さを把握する練習なので、音の高さは3弦3フレットで一定しています。エレキベースを弾くのもいいですが、譜面に「ターター」や「タタタタ」と記されているように、声に出して歌ってみるのも、譜割りを知る良い練習になります。8分音符は2つ以上4つまで連続すると、4小節目のように繋げて表記されます。

5小節目は全て8分音符で埋まっていて、僕は「タタタタタタタタ」と歌っていますが、歌い方は何でもよく「デデデデ」や「ララララ」などでも問題ありません。声に出しながらも手拍子を打ったり、椅子に座っている人は両手を使い膝を叩いてやるのも良いでしょう。実際に僕も音楽学校でこういう練習をしていました。


4分休符と8分休符のリズムを練習する譜面

休符の長さも歌う

1・2小節目にある4分休符は「ウン」と、3・4小節目にある8分休符は「」と表現しています。音符と同様に休符も声に出して歌ってやることが大事で、休符だから何も意識しないで次の音符を待つ、ということでは、リズムを感じることは出来ません。休符も「ウン」や「」以外の歌い方になっても構いません。

5小節目の「ター」というような、突然の休符の対応には困るものです。リズムが上手くつかめないようなら、休符を音符に変えてしまい「タータタ」と何度か歌ってみて、それから休符に戻してやるのも、コツかもしれません。2・4小節目のように、小節の頭から休符の場合も多くあるので、そういう時の為にも、休符のリズムをしっかりと感じて、声に出して歌うということをしていきましょう。

拍子記号について

譜面の最初には拍子記号(ひょうしきごう)という音楽記号があります。分母と分子で表される数字で、これはリズムの進行を決める要素の一つです。先ほどは4分音符を基準に教える、と説明しましたが、拍子記号が変わってくると、基準は4分音符でなくなることもあります。

拍子記号は4分の4拍子
拍子記号は4分の4拍子を記す小節
拍子記号は8分の6拍子
拍子記号は8分の6拍子を記す小節

4分の4拍子

下の数字の分母が「基準となる1拍の音符」で、上の数字の分子が「小節内に入る音符の数」のことを意味します。4分の4拍子でいうと、分母の4分音符を1拍として、それが4つ入ると1小節が終わり、ということになります。左(上)の小節も、4分音符が4つ入っているのが分かると思います。上記でも説明していますが、4分の4拍子は「4分の4拍子を表す音楽記号」とも表されたりします。

8分の6拍子

8分の6拍子は、分母が8なので8分音符を1拍とし、分子が6なので8分音符が6つ入ると、1小節が終わるという意味です。音符の代わりに休符が入ることもあり、右(下)の小節も、8分音符4つと8分休符が2つあり、長さを合わせると、8分音符が6つということになります。分母の音符が分子の数だけ、音符か休符でスペースなく埋まるといった感じです。

4分の4拍子を基本に

説明したように、拍子記号が変わると1拍とする音符や、それが小節内に幾つあるのかが違ってきます。でも、よく耳にする曲のリズムは、4分音符を1拍として、それが小節内に4つ入る、4分の4拍子が最も多いです。なので、ここから先も4分の4拍子を基本に、説明や練習をしていきたいと思います。でも、必ずしも4分音符が1拍となる、ということではないので、誤解しないように気をつけてください。拍子記号については、拍子記号のページでも説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です