2分音符(2分休符)と全音符(全休符)

8分音符は4分音符より音の長さは短く、丁度半分の長さでした。今度は4分音符より、音が長い音符を見ていきましょう。4分音符を基準にした時に、音の長さも丁度2倍と4倍に当たる音符なので、分かりやすいと思います。タイ記号や他の音符を交えても、リズムを歌えるようにしておきましょう。

2分音符の2倍が全音符

4分音符4分休符1拍
4分音符 4分休符 4分音符と4分休符の長さ
2分音符2分休符2拍
2分音符 2分休符 2分音符と2分休符の長さ
全音符全休符4拍
全音符 全休符 全音符と全休符の長さ

2分音符と2分休符

4分音符(4分休符)を1拍とした時に、その2倍の長さに当たるのが2分音符(2分休符)です。2分音符が1回鳴っている間に、4分音符を2回鳴らせる計算です。また、4分音符2つをタイ記号で結んでやった長さと、2分音符1つは同じ長さになります。

全音符と全休符

同じく4分音符を1拍とした時に、その4倍の長さが全音符(全休符)です。全音符という箱があったなら、4分音符なら4つ収まり、2分音符なら2つ収まる分けです。音符と休符の形や視覚的な長さも、上の表で確認しておきましょう。


2分音符と2分休符がある2小節

小節内の2分音符と2分休符の

TAB譜を見ても分かるよう、2分音符は4分音符と区別する為に、フレットの数字を丸で囲んでいます。1小節目は2分音符が1つ、4分音符が2つで、4分音符が4つ分になっています。2小節目は4分音符が2つ、次は2分休符で音こそ鳴りませんが、長さは4分音符2つ分あります。


全音符と全休符がある2小節

小節内の全音符と全休符

全音符は1つで4分音符4つ分になるので、全音符1つ入れば1小節目のように、それだけで終わります。全休符も同じことで、2小節目は全休符1つで小節内はいっぱいになります。もしも、拍子記号が4分の5拍子になったら、1・2小節目のどちらも、あと4分音符1つ分だけ余裕が出来る分けです。

2分音符と全音符のリズム練習

4分音符を1拍分とすると、2分音符は2拍分、全音符は4拍分となります。いつも4分音符を基準に考えておくと、リズムを掴みやすくなるかと思います。2分音符と全音符だけでなく、過去のページで説明した、4分音符と8分音符とタイ記号も登場しています。それらも合わせて、読めるようにしておきましょう。

2分音符と全音符のリズムを練習する譜面

4分音符を4つ分にする

4小節目までのリズムは簡単なので、符割の計算をしてみましょう。ここでも4分の4拍子なので、小節内には4分音符が4つ入って丁度です。1・2小節目の2分音符は、4分音符2つ分になり、元からある4分音符2つと合わせると、4分音符4つになります。3小節目の8分音符4つは、4分音符に直すと2つ分になり、後の2分音符1つと合わしてやると、4分音符が4つ分になります。4小節目は全音符が1つで、丁度4分音符4つ分になります。

5小節目からはタイ記号が入ってくるので、リズムも少し難しくなるでしょう。5・6小節目にまたがるタイ記号は、2分音符+8分音符の長さになります。まずは2分音符の長さをしっかりと歌い、6小節目に入っても、8分音符1つ分だけ音を伸ばしてやります。そのためにはクリックと同じように、自分でも4分音符でリズムをキープしておき、小節の頭(1拍目)を把握しておくことが大事です。


2分休符と全休符のリズムを練習する譜面

2分休符も全休符も4分休符を基本に

1小節目にある2分休符は、4分休符が2つ分なので、譜面のように「ウンウン」と2拍分歌ってやりましょう。4小節目は2分休符と4分休符があるので、まずは3拍休みます。4拍目は8分休符と8分音符に分かれて、丁度4分音符1つ分になります。クリック音をよく聴いて、8分音符を歌うタイミングを計りましょう。

8小節目には全休符がありますが、2分休符と形が似ているので、忘れることもあります。しかし、4分の4拍子の場合は、全休符1つで小節内が埋まってしまうので、符割的には考えなくてもいいでしょう。また、8小節目は音を鳴らすことはありませんが、しっかりと4拍分の休符を数えてから終わりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です