Fメジャースケール(ヘ長調)

Cメジャースケールと同じメジャースケールですが、ここでは「F」音が主音となるFメジャースケールを見ていきましょう。指板図と鍵盤図の、両方を利用し考えていくと、Fメジャースケールの仕組みも、分かりやすくなると思います。

Fメジャースケール(ヘ長調)の内容

Fメジャースケールになっていない鍵盤図

Fメジャースケールはヘ長調

ハ長調の場合だと「C」音から順番に白鍵だけを押さえていけば、メジャースケールの並び方である「||||||」になりました。しかし、Fメジャースケールであるヘ長調(へちょうちょう)は「F」音から順番に白鍵だけを押さえていくと、上図の鍵盤図からも分かるように「||||||」となってしまい、全音と半音が、メジャースケールの並びになってくれません。


Fメジャースケールのポジション
Fメジャースケールのポジションを記した指板図
Fメジャースケールの音名
Fメジャースケールの音名を記した音名

Fメジャースケールのポジションと音名

Cメジャースケール(ハ長調)のポジションを思い出してください。あのポジションはCメジャースケールだけでなく、全てのメジャースケールに共通したポジションです。なので、上記の指板図のように、4弦1フレットの「F」音から始めてみると、Fメジャースケールのポジションが作れます。そうして作ったポジションの音名を見ると、3弦1フレットに「B」があり、流れを確認すると「A→B→C」という順番なのが分かります。これを踏まえて、もう一度鍵盤図を見てみましょう。


Fメジャースケールを表した鍵盤図

Fメジャースケールにするために

白鍵である「A」音から「B」音へは進まずに、「B」音を半音下げた「B」の黒鍵を通ってやると、「A」音から「B」音が半音になり、「B」音から「C」音が全音になります。これでメジャースケールの条件である「||||||」になりました。ヘ長調の場合、第一音の「F」音が主音、第四音の「B」音が下属音、第五音の「C」音が属音、第七音の「E」音が導音、となります。


Fメジャースケール(ヘ長調)を記した音符とTAB譜面

変はフラット

改めてFメジャースケールを確認しておきましょう。「F」音を日本式に直すと「ヘ」音で、「ヘ」音から始まるので、ヘ長調(Fメジャースケール)と言います。また、「♭」を日本式にすると変(へん)と言い、「B」なら「変ロ」となります。ポピュラー音楽をやっていると、日本式の読み方はあまりしないと思うので、一応は説明していますが、面倒なら覚えなくてもいいかと思います。


Fメジャースケールを4弦だけで表した指板図

Fメジャースケールを4弦だけで表す

最後に4弦だけで表したFメジャースケールも、指板図で確認しておきましょう。通常は一本の弦だけを使って、弾くことはありませんが、鍵盤図と同じように見られるので、全音半音の音程が分かりやすいと思います。4弦6フレットが「B」ですが、このフレットが鍵盤図でいうところの、黒鍵のキーに当たる分けです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です