ナチュラルマイナースケール・ハーモニックマイナースケール・メロディックマイナスケール

メジャースケール(長音階)にはあって、マイナースケール(短音階)にはない音程があります。音階の一音ずつには、名前と機能があると説明しましたが、第7音目に当たる導音(どうおん)に注目しながら、長音階と短音階について見ていきましょう。

マイナースケールに導音を作る

メジャースケールの自然的長音階を説明する小節

メジャースケールは自然的長音階

これは「C」音を主音としたメジャースケールで、メジャースケールは自然的長音階(しぜんてきちょうおんかい)と言うのが、正確な日本式の呼び方です。第7音目の「B」音は、次の音の主音へと半音で繋がっているのが分かり、この「B」音のことを導音と言います。主音へと半音で繋がる導音があることによって、自然的長音階がスッキリ終わるという、終止感をもたらしてくれます。


ナチュラルマイナースケールの自然的短音階を説明する小節

ナチュラルマイナースケールは自然的短音階

今度はCメジャースケールの、平行短調に当たるAマイナースケールで、今まではマイナースケールと説明してきましたが、正しくはナチュラルマイナースケールと言い、日本式では自然的短音階(しぜんてきたんおんかい)と言います。このナチュラルマイナースケールには、半音による導音が存在せず、最後は全音で終わっているのが分かります。この場合、メジャースケールでは得られていた終止感が弱まり、不安定でスッキリしない音階だとされています。


ハーモニックマイナースケールの和声的短音階を説明する小節

ハーモニックマイナースケールは和声的短音階

ナチュラルマイナースケールに、半音の導音を作ろうとして考えられたのがハーモニックマイナースケールで、日本名では和声的短音階(わせいてきたんおんかい)と言います。難しいことではなく単純に、Aナチュラルマイナースケールだと、第7音目の「G」音を半音上げ「G#」音にして、主音との関係を半音にしてあります。しかし、これにより第6音目と第7音目の音程が、半音3つ分も空いてしまい、ハーモニックマイナースケールは、不自然さが残る音階だとされています。


メロディックマイナースケールの旋律的短音階を説明する小節

メロディックマイナースケールは旋律的短音階

ハーモニックマイナースケールの不自然さを解消したのがメロディックマイナースケールで、日本名は旋律的短音階(せんりつてきたんおんかい)です。これも単純に第6音目を半音上げ、第7音目との音程を全音にしてやったものです。メロディックマイナースケールが最終形なので、これが一番良いマイナースケールかと思ってしまいますが、そういう分けではありません。曲調によって使い分けられ、ベースラインを考える時も同じことが言えるでしょう。

下行形はナチュラルマイナースケール

メロディックマイナースケールは、音が上がって行く上行形では、今も説明した、第6音と第7音を半音上げた音階が使われますが、音が下がって行く下行形では、ナチュラルマイナースケールに戻して使う、という説明をよく目にします。その方が、自然な流れを生み出せるらしいですが、絶対的な決まりではないので、そのあたりの音の使い方は自由でいいと思います。また、この後のページでは、単にマイナースケールや短音階と書かれていたら、ナチュラルマイナースケールの自然的短音階を指している、と思ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です