ダイアトニックスケールとチャーチモード(教会旋法)

音楽用語の一つにダイアトニックスケールというものがあり、メジャースケールやマイナースケールも、そのダイアトニックスケールに当てはまります。全音と半音の数に注目しながら、ダイアトニックスケールと、その仲間に入るチャーチモードというスケールについて考えていきましょう。

ダイアトニックスケールは全音階

全音が5つと半音が2つのダイアトニックスケールであるメジャースケールを説明した小節

メジャースケールの全音と半音の数

上記はCメジャースケール(ハ長調)の音階で、全音半音の並び方は、メジャースケールの条件である「全音|全音|半音|全音|全音|全音|半音」となっています。しかし、ここでは並び方に注目するのではなく、全音が5つ、半音が2つ、ということに注目してください。ここでは主音が「C」音の、Cメジャースケールを例に挙げていますが、他の音が主音のメジャースケールの場合も、全音半音の数は同じになります。


全音が5つと半音が2つのダイアトニックスケールであるマイナーケールを説明した小節

マイナースケールの全音と半音の数

次はCメジャースケールの平行短調に当たる、Aマイナースケール(イ短調)の、全音半音の数を見てみましょう。「全音|半音|全音|全音|半音|全音|全音」という並び方が、マイナースケールの条件でした。やはり、並び方より数が問題なので、数えてみると全音が5つ、半音が2つあります。他の音が主音のマイナースケールも、全音半音の数は同じですが、ナチュラルマイナースケール(自然的短音階)に絞って考えてください。

ダイアトニックスケール(全音階)の条件

このように全音半音の並び方ではなく、1オクターブのスケール内に全音が5つ、半音が2つあるものをダイアトニックスケール、日本名では全音階(ぜんおんかい)と言います。冒頭にも書きましたが、メジャースケールと(ナチュラル)マイナースケールは、ダイアトニックスケールの条件を満たしている分けです。

チャーチモードは教会旋法

教会音楽で使われていた音階をチャーチモード、日本名では教会旋法(きょうかいせんぽう)と言います。ダイアトニックスケールというものが、どういうものかを理解していたら、チャーチモードの内容も直ぐに分かるでしょう。ピアノやピアニカの、鍵盤図と一緒に考えてみてください。

ドリア旋法を表した鍵盤図

ドリア旋法

主音を「D」音にして、そこから白鍵だけを順番に弾くと「||||||」という並び方になります。これはメジャースケールでも、マイナースケールの並び方ではないですが、全音5つと半音2つの、ダイアトニックスケールが出来上がります。これをドリア旋法と言います。


ドリア旋法を表した鍵盤図

フリギア旋法

主音を「E」音にして、そこから白鍵だけを順番に弾きましょう。やはりメジャースケールでも、マイナースケールでもない「||||||」という並び方になり、全音5つと半音2つの、ダイアトニックスケールが作れました。これをフリギア旋法と言います。


リディア旋法を表した鍵盤図

リディア旋法

主音が「F」音だと「||||||」という並び方になります。これは「B」音に♭を付けるとメジャースケールになる、というのをFメジャースケール(ヘ長調)のページで説明しました。このように「B」の黒鍵を通らずに、白鍵だけを順に弾くとリディア旋法という音階になります。


ミクソリディア旋法を表した鍵盤図

ミクソリディア旋法

主音が「G」音では「||||||」という並び方になり、これは「F」音に#を付けるとメジャースケールになる、というのをGメジャースケール(ト長調)のページで説明しました。「F#」の黒鍵を通らずに白鍵だけを順に弾くと、ミクソリディア旋法という音階になります。


エオリア旋法を表した鍵盤図

エオリア旋法

主音が「A」音だと「||||||」になり、これをエオリア旋法と言います。気づいた人もいると思いますが、エオリア旋法は自然的短音階のナチュラルマイナースケールと、同じ並び方をしているのが分かります。後にも説明しますが、この二つは呼び方が違うだけで、同じ音階だと思ってください。


ロクリア旋法を表した鍵盤図

ロクリア旋法

主音が「B」音だと「||||||」になり、最初に半音が位置するのはフリギア旋法と同じですが、これはロクリア旋法と言われます。フリギア旋法とは、後の半音の位置が1つ分だけ違うので、少しややこしいです。


イオニア旋法を表した鍵盤図

イオニア旋法

主音が「C」音だと「||||||」となり、これはメジャースケールの自然的長音階と同じです。ナチュラルマイナースケールをエオリア旋法と言ったのと同じく、メジャースケールは別名でイオニア旋法とも言います。

イオニア旋法とエオリア旋法が現代音楽のメインスケール

このように「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」各音を主音にして、白鍵だけを順番に弾いてやると、ダイアトニックスケールが作れます。この7つの音階は大昔のギリシャが起源とされ、中世ではヨーロッパを中心に、教会で使われていたみたいです。教会がチャーチ、旋法がモードやスケールを意味し、教会旋法やチャーチモードと言われます。これら7つの音階は現代に近づくにつれ、イオニア旋法(メジャースケール)と、エオリア旋法(マイナースケール)以外は使われなくなっていきます。しかし、他の5つの音階も、新しい音楽に取り入れられたりと、ここ何十年かで少しずつ、使われているようにもなってきています。

チャーチモードの呼び方

チャーチモード呼び方のことですが、イオニアはイオニアンやアイオニアン、ドリアはドリアン、フリギアはフリジアン、リディアはリディアン、ミクソリディアはミクソリディアン、エオリアはエオリアン、ロクリアはロクリアン、と言われたり書かれたりもするので、臨機応変に対応してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です