ハ長調で運指の練習

Cメジャースケールは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」のことだと、過去のページでも説明しました。このCメジャースケールを、日本語読みにするとハ長調(はちょうちょう)と言います。ピアノの鍵盤図とエレキベースの指板図を使って、ハ長調についての簡単な説明と、ハ長調で運指の練習をしてみましょう。

ハ長調について

ピアノのハ長調を表した鍵盤図

ピアノの鍵盤図で表したハ長調の音名

イタリア語音名の「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を英語音名で表すと「C・D・E・F・G・A・B・C」となります。更にこれを日本語音名で表すと「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ」となり、ハから始まっているのでハ長調と呼ぶ分けです。ピアノなどの鍵盤楽器の場合、ハ長調は全て白鍵(はっけん)と言われる、白いキーだけで作られており、その位置は見た目でも分かりやすいでしょう。


エレキベースのハ長調を表した指板図

エレキベースの指板図で表したハ長調の音名

今度は4弦のエレキベースで表した音名ですが、ハ長調である「C・D・E・F・G・A・B・C」の音名が、どのフレットで作られているかは、ピアノのように直ぐには分からないと思います。そこでハ長調のフレットだけを使い、色んなフレーズを弾き覚えていく分けです。それを音楽用語でスケール練習と言います。次からはハ長調でスケール練習をしていきますが、ハ長調のフレットを覚えるというよりも、運指を覚えるという目的で、練習していきましょう。

ハ長調(Cメジャー)のスケール練習

4フレット4フィンガー、4フレット3フィンガー、シフティング(ポジション移動)を利用しながら、ハ長調の譜面を弾いていきましょう。速く弾ける必要はないので、押弦する指とフレットを、一音ずつ確認しながら、ゆっくり始めてください。

運指が4フレット4フィンガーを主とするハ長調の譜面

運指は一通りに非ず

押弦の指示は4フレット4フィンガーの運指になっていますが、それ以外の運指になっても構いません。1小節目~4小節目に限らず、全ての譜面で指示がある指は参考程度に考え、そこからアレンジしていってもいいと思います。矢印はシフティング(ポジション移動)を表しています。

5・6小節目は運指を分けてあり、上段は指を広げて押さえていくのでシフティングが少なく、下段は指を大きく開かない分だけ、シフティングの回数が多くなっています。恐らく下段の運指の方が、単純で分かりやすいかと思います。どちらの運指にしても、指示されてある指で押弦しづらいなら、指を変えてみましょう。7・8小節目はシフティングなしの、4フレット4フィンガーで終わっています。


ハーフポジションで3フレット4フィンガーに切り替える譜面

3フレット4フィンガーに切り替える

途中までは一つ前の譜面と似ていますが、2小節目の終わりから音が下がっていきます。4小節目まではシフティングをしながらも、4フレット4フィンガーで弾いていきましょう。5フレット目は開放弦に直すことも可能ですが、まずは運指の練習のために、タブ譜面の通り弾いてみてください。

5·6小節目はハーフポジション(0フレットから3フレット)なので、3フレット4フィンガーの運指に切り替えてやりましょう。7小節目でシフティングがありますが、ここからも3フレット4フィンガーを続けるといいでしょう。開放弦が入ってくると、3フレット4フィンガーが弾き易くなってくるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です