ミュートというフィンガリング

弦は指先で真上から押さえる、というのが基本です。しかし、あえてそうしないケースもたくさんあり、ミュートというフィンガリングを使う場合もそうなります。ミュートは地味なテクニックですが、大事なテクニックだと思います。

エレキベースのミュート

鳴っている音を止めるには、指で押さえていた弦を、フレットから離してやればいいのですが、開放弦の音を止める場合はそうもいきません。消音を意味するミュートというフィンガリングを使って、開放弦の音の止め方を見ていきましょう。

エレキベースのミュートを説明する譜面

開放弦の音が重ならないようにするミュート

先ずは譜面にある運指の通り弾いてみましょう。1・2小節目の開放弦であるの音が、次からの音に重なり、音が濁ってしまった人もいるかもしれません。気にならなければ良いとは思いますが、好ましくはありません。そういう場合は、次のようにの場所で、開放弦をミュートしてやりましょう。

人差し指で2弦2フレットを押弦しながら1弦をミュートしている写真

1小節目の開放弦のミュート

2弦3フレットの押弦が中指とありますが、次の音である2弦2フレットも同時に、人差し指で押弦して準備をしておきます。その時に指を寝かせて、左記の写真のように、1弦にも人差し指を触れさせ、1弦の開放弦の音をミュートしてやります。


人差し指で3弦2フレットを押弦しながら2弦をミュートしている写真

2小節目の開放弦のミュート

押弦する場所が違いますが、ここでも方法は前と同じです。3弦3フレットを中指で押さえ、同時に人差し指でも3弦2フレットを押さえておきます。その時に指を寝かせるようにして、2弦に触れミュートさせます。1弦にも人差し指が触れても問題ありません。

ミュートのコツ

ミュートさせる弦は、指で触れるだけにしておきましょう。弦をフレットまで押さえ込んでしまうと、余計な音が出てしまうかもしれません。人差し指の指先では弦を押さえ、指の第一関節あたりでは、弦に触れるだけという繊細な押弦スキルが必要ですが、この先も使えるテクニックなので、覚えておきましょう。

ミュートの指は自由

ここでは開放弦をミュートする指が人差し指でしたが、他の指を使っても問題ありません。この運指の場合、薬指と小指が余っているので、その二本の指をミュートに当ててやる人もいるでしょう。また、ミュートは押弦する手の方だけでなく、ピックや指で弾く側の手を使うこともあり、両手をセットで使えるようになるともっといいでしょう。それはまた別のページでも説明しています。


エレキベースのミュートを説明する譜面

ミュート状態を常に作っておく

今度も同じ譜面ですが、押弦する指を変えて見ていきましょう。また、四本の弦には常に指を触れさせておく、ということも考えてみてください。そうすることによって、やはり余計な音が出ないように気を配るためです。上記の2小節は、人差し指が1フレット目に来る、ハーフポジションの運指です。同じようにで出した開放弦の音を、のタイミングでミュートしています。ここでも人差し指のミュートで、使い方に注目してみましょう。

開放弦だけを人差し指でミュートしている写真

開放弦だけをミュート(1小節目)

1弦0フレットの音を、次の2弦3フレットを小指で押弦するのとほぼ同時に、写真のように人差し指でミュートしています。薬指は小指の補助、中指は次の音を押さえています。これでも問題ありませんが、この場合3弦と4弦に触っている指がありません。


開放弦以外も人差し指でミュートしている写真

開放弦以外もミュート(2小節目)

2小節目の3弦3フレットを、小指で押弦している状態で、同時に1つ前の2弦0フレットを、人差し指でミュートしていますが、今度は人差し指が、1弦から4弦全てに触れているのが分かります。場合によっては、こういうミュートが有効な時もあります。

ミュートのフィンガリングは必要か?

演奏中も全ての弦に指が触れさせ、ミュートの状態を作るのは簡単ではありません。難しいフレーズになってくると、運指だけで大変になり、4弦や3弦に触れる指がなくなる場合もよくあります。そういう時は前述したように、弦を弾いているもう片方の手でミュートする、という方法をとります。このように、ミュートに気を配るベーシストもいれば、全く気にしないというベーシストもいて、それはそれで構わないかもしれません。僕も最初は気にしませんでしたが、音楽学校で先生に指摘されてから、ミュートにも気を配るようになりました。

弦の共鳴を説明する4弦0フレットの音が続く譜面

弦は共鳴する

例えば、この2小節のように、4弦0フレットが続くとしましょう。暫くすると4弦の振動に釣られて、他の弦もプルプルと震え出し、それをピックアップが拾い、余計な音が出てしまいます。これを弦の共鳴(きょうめい)と言います。この2小節の4弦0フレットを弾く時は、押弦する必要はありません。でも、共鳴を防ぐために、他の弦にも指を触れさせながら、弾いていくことが望ましいと思います。

弦の共鳴を防ぐミュートは臨機応変に

弦の共鳴は直ぐに起こる現象ではなく、少しずつジワジワとやってくることが多いです。また、自宅練習用の小さいアンプだと、弦の共鳴に気づかないかもしれません。しかし、ライブハウスにあるような、大きなアンプになってくると、弦の共鳴は目立ちます。また、音楽ジャンルによっても左右され、ロックのような激しいジャンルだと、他の楽器の音でかき消されたりして、弦の共鳴なんて気にならないかもしれません。しかし、バラードのような静か目な曲で、弦を共鳴をさせてしまうと大変なので、ミュートに気を配ることも必要です。

開放弦のミュート

音符が音を鳴らすのに対して、音を鳴らさないものを休符と言い、これもミュートのフィンガリング使って音を止めてやります。四分音符(しぶおんぷ)と、四分休符(しぶきゅうふ)を見ながら、開放弦からのミュートついて見てみましょう。

四分音符と四分休符の譜面

四分音符と四分休符

それぞれの音符が四分音符で、の休符が四分休符を表しています。四分音符と四分休符は、四分という共通している言葉から、音を鳴らす鳴らさないの違いはありますが、同じ長さを持った音楽記号です。この譜面は開放弦から音を止める、という進行なのが分かりますでしょうか。簡単な2小節ですが、先ずはミュートを意識しながら、弾いてみてください。

開放弦の音を止めるミュートの説明をした写真

開放弦からのミュート

上記のような分かりやすい譜面なら、鳴っている開放弦だけに指を触れさせるのではなく、写真のように、四本の弦全てに四本の指を使い、音を止めてやるといいでしょう。そうすると、はっきりと分かりやすく、音を消すことが出来るかと思います。


開放弦が連続する小節
開放弦が連続する小節
開放弦の連続をなくした小節
開放弦の連続をなくした小節

ミュートのフィンガリングを弾き比べてみる

どちらの小節も同じフレーズですが、タブ譜面が少し違っています。左(上)の小節は開放弦が1弦から2弦へと連続しており、ミュートをしないで弾くと音が重なってしまいます。なので、2弦0フレットを弾くのと同じ位に、1弦0フレットの音を止める為に、1弦に指を触れさせて、ミュートしてやる必要があります。

右(下)の小節は1弦0フレットを、2弦5フレットに直してみました。こちらも2弦0フレットのミュートが必要で、矢印ではシフティング(ポジション移動)も必要でしょう。でも、ミュートも開放弦が続く小節より楽で、シフティングも開放弦の間に行えばいいので、難しくはないかと思います。

どちらが弾き易いかは、演奏者によって違ってくると思います。僕が初心者の頃は、開放弦が連続するミュートが苦手だったので、開放弦を5フレット目に直していた記憶があります。開放弦は便利ですが、僕のようにミュートで弾きづらくなる場合もあるので、5フレット目に直してみるのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です