Cメジャースケールの運指

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」は、あらゆる楽器の基本練習として用いられ、エレキベースでも良い運指の練習になります。これを英語音名にすると「C・D・E・F・G・A・B・C」となり、英語圏ではCメジャースケールと言われます。同じCメジャースケールですが、運指・押弦の違いに注目してください。

運指の役割分担・シフティング・開放弦の利用

英語音名
5フレットまでのCメジャースケールの英語音名を記した指板図
イタリア語音名
5フレットまでのCメジャースケールのイタリア語音名を記した指板図
Cメジャースケールの譜面

運指を役割分担させる

2フレット目を人差し指で押弦、3フレット目を中指で押弦、4フレット目を薬指で押弦、5フレット目を小指で押弦、というように、フレット毎に運指を役割分担させてやりましょう。1小節目の3弦3フレットの中指から、3弦5フレットの小指の開きもきついと思いますが、初心者で一番苦労するのは1弦4フレットの薬指から、1弦5フレットの小指かと思います。最初は指も開かず思うようにも動いてくれないのが普通なので、あせらずゆっくりと練習してください。親指はしっかりとネックに立てる、クラシックスタイルをとり、残り四本の指をいっぱいに広げて押弦しましょう。


英語音名
5フレットまでのCメジャースケールの英語音名を記した指板図
イタリア語音名
5フレットまでのCメジャースケールのイタリア語音名を記した指板図
運指にシフティングの指示があるCメジャースケールの譜面

シフティングで指の開きを軽減

今度も押さえるフレットは同じなのですが、押弦する指が違います。3弦3フレットは人差し指から入っており、次の3弦5フレットは小指で押さえていて、これなら指の開きに余裕が生まれるはずです。2弦2フレットは人差し指の指示がありますが、その前に矢印があり、これはシフティングを表しています。シフティングとはポジション移動のことで、手を動かして押弦しにいきます。矢印のポイントでシフティングさせてやると、指を大きく広げる必要はないでしょう。


英語音名
開放弦を利用した5フレットまでの英語音名のCメジャースケール
イタリア語音名
開放弦を利用した5フレットまでのイタリア語音名のCメジャースケール
開放弦を利用したCメジャースケールの譜面

開放弦で運指に変化

最後もCメジャースケールですが、5フレット目を開放弦に直してあります。開放弦を使うと運指にも変化があり、1小節目なら小指を使わなくていい分だけ、楽な運指になっているでしょう。また、開放弦を弾いている間に、次に押さえるフレットの準備が出来るので、余裕も生まれてくるはずです。2小節目の1弦4フレットは使う指によって、指を広げての押弦か、シフティングでの押弦になるでしょう。開放弦を上手く使えば楽な運指になりますが、人によって難しくなってしまう場合もあるので、弾き比べてみるのがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です