ジャズのウォーキングベースライン

ジャズでメインとなるベースライン、と言えばウォーキングベースラインです。コードを元にした一音ずつには、ルート(根音)・長3度・完全5度・長7度などを、このような記号で表しています。それらの意味が分からない場合は、エレキベースのコードを参照してください。また、ウォーキングベースの作り方に関しては、ジャズ入門で説明しているので、合わせて見ていくのもいいでしょう。

ウォーキングベースは4ビートの4分音符

ポピュラー音楽でも使われているウォーキングベースライン

ポピュラー音楽でもウォーキングベース

一般的なジャズの場合だと、使われるコードは四和音からが普通です。しかし、この譜面のように三和音のコードでも、ウォーキングベースは問題なく作れます。また、ウォーキングベースはポピュラー音楽で利用しても良く、何もジャズ専用のベースラインではありません。ドラムの叩き方もジャズ寄りなものでなくても、この音源のようにポップス的なドラムでも合うと思います。


同じコード進行でのウォーキングベースライン

同じコード進行でのウォーキングベースライン

四和音のセブンスコードを使ったウォーキングベースですが、一つ前と同じようにジャズという感じはせず、ポップスの色が強く感じられると思います。1小節目から8小節目まで、9小節目から16小節目までで、同じコード進行を2回繰り返していますが、ウォーキングベースラインは、同じでないことが分かります。このように、同じコード進行が続く場合は可能な限り、ウォーキングベースラインが同じにならないようにしてやりましょう。


1拍目にルート以外から入るウォーキングベースライン

1拍目にルート以外から入るウォーキングベースライン

1小節目と2小節目は、同じコードの「Am」が続いています。2小節目の1拍目も、コードの基本であるルートを表す記号(ルート)を持ってきてもいいですが、ルート以外のコードトーンを使うのも、ウォーキングベースらしさが出ます。僕は短3度を表す記号(短3度)を持ってきましたが、完全5度を表す記号(完全5度)を使ってみるのもいいでしょう。ジャズのウォーキングベースでは、1拍目にルート以外を使うのは自然なことで、8小節目の長3度を表す記号(長3度)や、14小節目の減5度を表す記号(減5度)など、随所に見られるでしょう。


ツーファイブという良い感じのコード進行があるウォーキングベースライン

ツーファイブは良い感じのコード進行

コード進行に「Dm7」「G7」「C」と「Bm7(♭5)」「E7」「Am」という流れを見られますが、これらはツーファイブというコード進行です。簡潔に説明すると、ツーファイブは4度進行を2回繰り返す、良い感じのするコード進行です。また、ツーファイブはジャズに限らず、ポピュラー音楽でも頻繁に登場します。この譜面のキーだけに限らず、ツーファイブを意識できるようになると、ベースラインの固定パターンが、幾つか定まってくると思います。ツーファイブの詳しくはツーファイブというコード進行を参照してください。


コードチェンジが多い時のウォーキングベースライン

コードチェンジが多い時のウォーキングベースライン

5小節目からにかけてと、13小節目からにかけてはコードチェンジが多く、ウォーキングベースを考えるのも大変だと思います。こういった場合は、先ずあまり難しいことをしようとせずに、シンプルなウォーキングベースラインを作ると良いでしょう。ここでもほとんどが、コードトーンだけを使ったウォーキングベースラインにしています。もっとシンプルに考えると、ルートだけを2拍ずつ置いてやってもいいでしょう。余裕が出てきたらツーファイブを考慮した、ウォーキングベースラインを作っていくといいでしょう。


「Isn't She Lovely」のウォーキングベースライン

この譜面はスティービー・ワンダーの「Isn't She Lovely」という曲のコード進行です。特に洋楽が多いと思いますが、ポピュラー音楽をアレンジして、ジャズで演奏されることもよくあります。この「Isn’t She Lovely」は、原曲だとキーが「Eメジャー」になりますが、ここでは「Fメジャー」に直してあり、コード進行も少しアレンジしています。キーやコードの変更はジャズではよくあることで、演奏者によって都合良く直されます。


枯葉は「Autumn Leaves」のウォーキングベースライン

ジャズのスタンダードナンバーに「Autumn Leaves」という曲があり、日本では「枯葉」として有名です。1コーラスが32小節と長く、コード進行は繰り返しが多いです。なので、ウォーキングベースラインを作るには、単純ながらにして、難しい曲と言えるでしょうか。こういったスタンダードナンバーでは、コード進行のアレンジは多少あるものの、キーは大抵同じなので、そのまま覚えてしまっても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です