ピックの種類・持ち方・弦に当てる角度

ピックと言われる道具を弦に当て、音を出す弾き方をピック奏法ピック弾きと言います。ピックには大きさ・形・材質などの種類があり、それにより音や持ち方なども変わってくるでしょう。ピックを弦に当てる角度にも、基本とされる角度がありますが、角度を変えて弾いてみることも覚えておいてください。

ピックの種類について

代表的な三種類のピック

ピックの種類は大きく三種類

ピック多くはプラスティックから作られており、それにも大きさや形がバラエティーに富んでいます。ここでは上記の画像にもあるよう、ピックを三種類に分けて見ていきましょう。また、変わったところでは、鉄やガラスから作られているピックもありますが、それらはあまり実用的ではないでしょう。

三角形で大きく厚いピック

エレキベースの教則本などには、初心者向けのピックと紹介されていることが多いです。僕も最初はこういうピックを使ってましたが、大きすぎて使いやすいとは思えませんでした。しかし、今はよく使います。

ミディアムピック

大きさも手頃で、形は丸みを帯びた三角形、厚さは1ミリ程度のノーマルなピックです。このタイプのピックを使っているベーシストが、最も多いかと思います。一枚は持っておきたいピックです。

小さくて薄いピック

ミディアムより少し小さめで、薄さが0.5ミリ程度のピックです。弦に当たる感触がソフトなので抜けが良く、弾きやすいと感じる人も多いです。厚いピックに比べると、音は少し薄い印象を受けるかもしれません。

ピック選びは大変

言うまでもなく、使い易いピックを選べばいいのですが、それまでが凄く大変で、多ければ百枚以上は試すことになるでしょう。やっと合うピックを見つけても、販売中止になったりする場合もあるので、予備のピックも数枚あると安心でしょう。ピックに強い拘りがなければ、その日の気分や曲調に合わせて、ピックを使い分けるのもいいでしょう。ピック1枚で、音や弾き心地はかなり違ってくるものです。ピックは1枚100円程度で売られています。

滑り止めを施したピックの写真

ピックの交換時期と滑り止め

ピックは弦との摩擦により、先端が徐々に削れてしまいます。左(上)の写真はまだマシな方ですが、そのうち音や弾き心地も変わるので、交換の必要があります。また、ツルツルのピックの場合、滑り止めの為にカッターで、わざと傷をつけることもあります。

ピックの持ち方について

次はピックの持ち方について見ていきましょう。しかし、難しく考える必要はなく、先ずは自然に持って弾いてみるのも良いでしょう。力まずに、鉛筆やシャーペンを握っているのと、同じ位での力が良いと思います。

人差し指側から見たピック
人差し指側から見たピックの持ち方の写真
親指側から見たピック
親指側から見たピックの持ち方の写真

ピックの持ち方のポイント

エレキベースの教則本には「親指と人差し指でピックの中心をつまむ」というように説明されていることが多く、上記の写真が丁度そんな感じです。ピックの大きさ次第では、親指と人差し指だけでなく、中指も加え三本指でピックをつまむ、というベーシストも多く見られます。ピックをつまむ強さは「弦を弾いた時にピックが飛ばされない程度の力で持つ」とする説明が多いでしょうか。前述したように、ピックの持ち方は自由ですが、これらを参考に始めてみるのもいいでしょう。

ピックの先を指から出す長さ

ピックをつまんでいる指から、ピックの先をどのくらい出して弦に当てるかですが、これにも個人差があります。ピックの先を長めに出すと、弦に当て易く音もしっかりとしたものになります。ピックの先を短めにすれば、速弾きに適していますが、弦に当て難く音も薄くなるでしょう。長い短いと言っても、ミリ単位の違いですが、弾き心地は大きく変わってくるでしょう。先ずは確実に弦に当てられるよう、ピックの先を長めに設定して、練習していくことをお勧めします。

ピックを弦に当てる角度について

このページの最後では、ピックを弦に当てる角度について見ていきましょう。ピックと弦の標準的な角度があるので、先ずはそれを覚えておきましょう。逆に、あまり良くないピックと弦の角度もあるので、気をつけてください。

弦に対しピックが平行の時
弦に対してピックを平行に当てている写真
弦に対しピックに角度がある時
弦に対しピックを斜めに当てている写真

ピックは弦に対し平行に当てるのが基本

左(上)の写真は、ピックが弦に対して平行に当たっており、これがピック奏法の基本的な弾き方となります。弦に対しピックが平行でない写真を確認すると、ピックを倒し過ぎたり反し過ぎたりしており、これが絶対に悪いとは言い切れませんが、単純に弾き難いかと思います。前述したピックの先の長さにもよりますが、ピックと弦を平行に当て弾く時が、一番力強い音が得られるでしょう。

ピックに角度をつけ弦に当てる

右(下)の写真は、弦とピックが平行な状態から、少し角度をつけ斜めに当てています。ピックが弦に当たる面積を少なくしているので、音は小さくソフトになりますが、ピックが抜け易くなるため、弾き易く感じる人もいます。写真はピックの表面をブリッジ側に向けていますが、逆にピックの表面をネック側に向け、ピックの側面で弾くベーシストもいます。初心者のうちから、ピックに角度をつけ練習するのは避けるべきですが、こういった弾き方も間違いではないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です