指弾きか、ピック弾きかで迷う

エレキベースの弾き方には、スラップ奏法という少し特殊な弾き方もありますが、メインになる弾き方といえば、これまでに説明してきた指弾きピック弾きになるでしょう。この両方について、具体的なことを考えていきましょう。

音色・音楽ジャンル・音楽スタイル

メールやレッスンでも「指弾きかピック弾きか、どっちがいいですか?」という質問を、ベース初心者の方々からされることがあります。それはもう好きな方でとしか言えませんが、それでも迷ってしまうものです。事実、僕もエレキベースを始めた頃は、指弾きかピック弾きかで、随分と迷っていた記憶があります。僕は両方練習していましたが、それは自分が目指す音楽にも左右されるでしょう。

指弾きの主な特徴

指弾きが好まれるジャンルとしては、ポップス・ファンク・R&B・ジャズ、などが挙げられるでしょう。指で直接弦に触れて弾くので、音の強弱や表現がつけやすく、全体的にコントロールしやすいでしょう。左右両手のフィンガリングの動きが多いベースラインにも、指弾きの方が対応しやすいような気がします。指弾きでは暖かく丸みのある音色が期待できますが、アンプやベースのセッティング次第では、音が丸くなり過ぎて聴き取り難い、というデメリットもありがちです。

ピック弾きの特徴

ピック弾きが好まれるジャンルは、ロック・パンク・メタルなどの、激しい系のジャンルが挙げられます。そういったジャンルでは、一定の音を速いテンポで、繰り返し弾き続けることが多く、それがピック弾きには向いているでしょう。また、音量を均等に揃え易いのも、ピック弾きに分があるかと思います。硬いピックで弦を弾くので、やはり音色も硬くなり、アタック感のあるハッキリした音が出せます。しかし、指弾きのようにソフトな音を出すのは厳しいです。

指弾きとピック弾きの難易度

僕の周りではピック弾きより指弾きの方が、若干ですが難しく感じている人が多いです。バンドにベーシストがいなくなったから、などの理由で、ギターからベースに転向する人も多く、その場合はギターの続きで、ピック弾きを続けるのが自然でしょう。そういった人たちになら、指弾きは難しく感じられるかもしれません。しかし、僕が楽器経験皆無の生徒さんたちに、エレキベースを教えるに関して言えば、指弾きもピック弾きも、どちらも同程度の難易度に思えます。

ピック弾きベーシストは下手?

ピック弾きは指弾きに比べるとレベル的に下、というようなことを見聞きします。確かに僕らのような、エレキベースを教えるインストラクターは、ピック弾きを勧める人は普通おらず、指弾きで教えるのが基本かと思われます。ピックより自らの指を使う方が、ベースを弾くのに適しているからでしょう。しかし、ピック弾きベーシストが下手というのは大きな誤解で、素晴らしいプレイヤーはたくさんいます。スティーブ・スワローもピックを愛用するベーシストで、しかもそれでジャズを演奏するのだから驚きます。音だけ聴いていると、とてもピックで出しているとは思えないような暖かい音です。

演奏の幅を広げる為に

最初にも書きましたが、指弾きかピック弾きかで迷っている人は、好きな方を選んで練習していきましょう。憧れのベーシストがピック弾きならピックを選び、後々スラップをしたいと考えているなら、同じ指を使う指弾きを選んだ方がいいでしょう。他人の目や意見を気にすることはありませんが、色んな音楽ジャンルに興味があり、将来的に演奏もしたいと考えているなら、指弾きもピック弾きも両方練習しておいた方が、選択肢は確実に広がるはずです。

指弾きとピック弾きの共通点

弦をピッキングする位置により、音や弾く感触などが違ってき、慣れてくれば使い分けることもあります。これは指弾きとピック弾きに、共通していることです。ジャズベースを例に挙げ、ピックアップを境界線にして考えていきましょう。また、演奏している時の目線にも、気を配れるようになりましょう。

ピックアップとコントロールノブ
ピックアップとコントロールノブの写真
三分割したピッキングの位置
ピックアップを境に三分割したピッキングの位置

フロントピックアップとリアピックアップ

ピックアップはマイクみたいな役割をし、弦の振動を電気信号でアンプへと送り、音を出します。基本的なジャズベースだと、ネック側にある番をフロントピックアップ、ブリッジ側にある番をリアピックアップと言います。フロントピックアップは番のコントロールノブで調節し、リアピックアップは番のコントロールノブで調節します。一般的にはフロントピックアップが暖かい音、リアピックアップが硬い音を作ると言いますが、自分の耳で確かめることが大事です。番はトーンコントロールノブと言い、フロントピックアップとリアピックアップの、両方の音色を変更できるノブです。

ピッキングの位置で音と弾き心地は変わる

右(下)の写真のように、ピックアップを境に三分割で考えてみましょう。フロントピックアップから、ネックの根元あたりは柔らかい音で、ピッキングの感触もソフトに感じられるでしょう。フロントピックアップからリアピックアップの間を、先ずはピッキングの標準的な位置と考えておくとよく、ピックアップが最も弦の振動を拾える場所なので、そのエレキベースの純粋な音がするでしょう。リアピックアップからブリッジあたりは、硬い音でピッキングの感触もハードに感じられるでしょう。音に拘るのはもちろん、弾き易さのことも考え、ピッキングの位置を考えてみてください。


指板を覗き込んでいる目線
指板を覗き込んでいる目線の写真
指板を覗き込まない目線
指板を覗き込まない目線の写真

指板を覗き込まないで弾く

立奏の時も座奏の時もそうですが、背筋や首を曲げ、指板を覗き込んで弾いている人が多いです。そうすると、左(上)の写真のような目線になり、確かにフレットや弦を確認しやすいです。そして、最初は指板を覗き込む目線になってしまうのは、仕方のないことだと思います。しかし、慣れるにつれて背筋や首を伸ばし、右(下)の写真のような、指板を覗き込まない目線で弾けるようになりましょう。フレットもあまり見えず、弦もほぼ4弦だけが見える状態ですが、慣れれば指の感覚だけで、運指押弦が出来るようにもなってきます。

指板ばかり見るのは見栄えも良くない

指板を覗き込まない目線も、顔は指板の方を向いていることになります。特にライブで、指板ばかり見ているベーシストやギタリストは、お客さんから格好が良い印象は持たれないでしょう。なので、最終的には目線を指板から外し、指の感覚だけで弾けるようになることを目標にしましょう。ただ、指板を全く見ないということではなく、シフティング(ポジション移動・フレット移動)が必要な時は、プロベーシストでも指板を見るので、勘違いしないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です