ツーフィンガー奏法のオルタネイトとレイキング

ツーフィンガー奏法にはオルタネイトと言われる弾き方と、レイキングと言われる弾き方があります。ツーフィンガー奏法では、オルタネイトが基本かと思いますが、部分的にレイキングを取り入れてやると、自然で楽なフィンガリングになるでしょう。

ツーフィンガー奏法のオルタネイト

ツーフィンガー奏法を確認

先ずはツーフィンガー奏法というものを、動画で確認しておきましょう。お手本にはならないかもしれませんが、ツーフィンガー奏法とは大よそ、この動画のように、人差し指と中指を交互に使い弾いていきます。次にTAB譜面でも、指の使い方を見ていきましょう。

ツーフィンガー奏法のオルタネイトで弾く譜面

オルタネイトは指を交互に使う

過去のページでも説明したように、ツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号は人差し指、ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号は中指で弾くことを表しています。動画でも弾いた上記の譜面のように、ツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号で交互に弾いていくことを、ツーフィンガー奏法でのオルタネイトと言い、これを基本的な弾き方として覚えておきましょう。人間には利き手があるように、利き指というのを作ってしまうベーシストもいますが、運指に偏りが出てくるので、望ましくないと思います。なのでツーフィンガー奏法の人差し指を指示する記号から弾き始めても、ツーフィンガー奏法の中指を指示する記号から弾き始めても、違和感のないように練習しておきましょう。

ツーフィンガー奏法のレイキング

今度はツーフィンガー奏法の、レイキングと言われるフィンガリングを見ていきましょう。オルタネイトに比べると、使用機会は少ないですが、レイキングを取り入れてやることにより、ベースラインが簡単になることもあるでしょう。

ツーフィンガー奏法のレイキングがある譜面

レイキングは一時的ワンフィンガー奏法

7小節目まではオルタネイトで弾いていますが、8小節目の1弦4フレットからは、中指のツーフィンガー奏法の中指を指示する記号が連続しています。1弦4フレットを中指で弾き終えると、アポヤンドにより中指は2弦に止まるので、そのまま中指で2弦4フレットも弾き、3弦2フレットと4弦0フレットも、同じように中指で弾き切りましょう。こういった同じ指を連続して使う弾き方を、レイキングと言います。8小節目のようなフレーズでは、オルタネイトだと難しくなってしまうので、人差し指か中指のどちらかのレイキング、一時的ワンフィンガー奏法を利用してやりましょう。

ツーフィンガー奏法時の薬指と小指

ツーフィンガー奏法をしていると、薬指と小指がピンと立ってしまう人も居ます。これが絶対的に悪いとも思いませんが、余計な力が入ってしまい、リラックス出来ていないかもしれません。どうしても立ってしまうなら、軽く握ってしまう方がいいでしょう。徐々に握りを弱めていき、最終的にはツーフィンガー奏法の人差し指と中指に続き、薬指と小指も動いているようになれば、力が抜けて弾けている状態でしょう。

ツーフィンガー奏法のまとめ

  • 親指はピックアップの上が基本で、慣れてくればミュートも考える。
  • 基本はオルタネイトで、フレーズによってはレイキングをする。
  • しっかりとした音を出す為に、弦は指先ではなく指の腹で捉える。
  • 人差し指と中指で音量にバラつきが出ないようにする。
  • 弾き終わった指は上の弦で止める、アポヤンド奏法を基本とする。
  • 指の第一関節は曲がらず、第二間接を少し曲げるようにする。

最後にツーフィンガー奏法をまとめておきましょう。何でも同じですが、絶対に書かれているように弾かなければならない、ということはありません。簡単なアドバイスみたいに思ってもらえればいいでしょう。自分なりの弾き方を試したいと思ったら、暫く続けてみるのも、決して悪いことではないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です