ピック奏法のダウンピッキングとアップピッキングでオルタネイトピッキング

ピック奏法の細かな部分にも、具体的な呼び方が決められており、演奏目的によって使い分けられることもあります。既にピックで弾いているベーシストは、自然と出来ているかもしれませんが、呼び方の確認をしておきましょう。また、ピック奏法で辻褄を合わせる弾き方、も覚えておくといいでしょう。

ダウンピッキングとアップピッキング

ダウンピッキングの記号がある小節

ダウンピッキングの記号と特徴

ピックを親指と人差し指で摘むとして、人差し指側のピック表面で弾き下ろせば、それはダウンピッキングと呼ばれます。ダウンピッキングの記号は、上記の2小節にもあるようダウンピッキングを指示する記号と表されるのが一般的でしょう。ピックで弾き始めるとなれば、ダウンピッキングから入るのが自然な流れとなり、それが弾き易いはずです。音の粒(音量)を揃えやすいのも、ダウンピッキングの特徴でしょう。ただ、テンポが速い曲になってくると、ダウンピッキングのみで弾き続けるのは難しいでしょう。


アップピッキングの記号がある小節

アップピッキングとオルタネイトピッキング

同じくピックを親指と人差し指で摘むとすれば、親指側のピック表面で弾き上げれば、それはアップピッキングと呼ばれます。アップピッキングの記号は、上記の2小節にもあるアップピッキングを指示する記号と表すことが多いです。アップピッキングはダウンピッキングの後に使うと、テンポの速いフレーズも楽になり、上記の2小節のようにダウンピッキングを指示する記号アップピッキングを指示する記号を交互に繰り返すことをオルタネイトピッキングと言います。ダウンピッキングとは違い、アップピッキングだけを連続させて弾くことは、普通はありえないことですが、慣れてくるとそれも面白いです。


アップピッキングから入っている小節

アップピッキングから弾き始めてみる

先ほども少し触れましたが、小節の頭はダウンピッキングを指示する記号のダウンピッキングから弾き始めた方が、大抵の人は弾き易いはずです。そこをあえて弾き出し辛いアップピッキングを指示する記号のアップピッキングから入ってみる、というのも良い練習になります。弾き始めがアップピッキングのピック奏法になると、最初はフワフワと宙に浮いた感じで、リズムが取り辛いと思います。しかし、必ずしも必要な練習方法ではないので、余裕があれば試しに練習してみる、程度に思っておいてください。

空ピッキング・空ピックで弾き易く

ダウンピッキングのみや、またはアップピッキングも取り入れた、オルタネイトピッキングで、8ビートのベースラインを練習してみましょう。また、オルタネイトピッキングをしていると、弾き出し辛い音も出てくるので、自分に都合が良くなるピッキングを作っていきましょう。

オルタネイトピッキングを練習する為の譜面

ダウンピッキングとオルタネイトピッキングの音の粒

譜面には指示が無いですが、先ずはダウンピッキングだけで弾いてみましょう。説明したように、ダウンピッキングは音の粒を揃え易いので、このような8分音符だけが続く譜面では、効果的かと思います。しかし、テンポが速いので、体力的に厳しくなる人もいるでしょう。そういう場合は、オルタネイトピッキングを利用しますが、アップピッキングが入ると、音の粒が極端に揃わなくなる人もいるので、オルタネイトピッキングでも、同じ音量が出せるように心がけましょう。


空ピッキング・空ピックを練習する為の譜面

ダウンピッキングを連続する

1小節目から4小節目にかけてですが、オルタネイトピッキングで弾こうとすると、2小節目と4小節目の頭は、アップピッキングから入ることになり、弾き辛くなってしまいます。そこで上記の譜面のように、ダウンピッキングを指示する記号のダウンピッキングを連続させ、2小節目と4小節目もダウンピッキングから入れるよう、辻褄を合わせています。このように、ピッキングの順番を考えてみることも大事です。

8分休符を空ピッキング

譜面の空ピッキングを表す記号空(から)ピッキング空ピックを表しています。空ピッキングとはピックを弦に当てず、空振りさせてやることです。5小節目と7小節目の頭にある8分休符を、ダウンピッキングで空ピッキングさせてやることにより、次の音をアップピッキングしやすくなります。これらのことは、6小節目と8小節目の頭をダウンピッキングから入れるよう、やはり辻褄を合わしてやる為です。意識していなかった人も居るかと思いますが、1・2・3小節目のダウンピッキングを指示する記号が連続する間には、アップピッキングによる、空ピッキングが発生している、とも考えられるでしょう。

空ピックをゴーストノートで

空ピックの代わりにゴーストノートがある小節

5小節目の空ピックを、ゴーストノートにしてやったものが、右の小節です。空ピックはワザと空振りさせますが、ゴーストノートは実際にピックと弦の接触があるので、リズムやタイミングを取りやすい人もいるでしょう。空ピックがどうしても上手くいかない時などは、ゴーストノートから練習してみるのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です