スラップ奏法のプラッキング(プル)

サムピングは親指で弦を叩きましたが、主に人差し指や中指を使い、弦を引っ張り音を出すことをプラッキングプルと言います。サムピングよりも鋭い音を出し、アクセントをつけられるのが、プラッキングやプルの特徴でしょう。プラッキング(プル)のみでも練習にはなりますが、サムピングとセットで練習する方が、感覚を掴み易いはずです。因みに、日本ではプラッキングよりも、プルと説明されていることの方が、多いような気がします。

プラッキング(プル)の基本

指を斜めに入れるプラッキング
指を斜めに入れるプラッキングの写真
指を真っ直ぐ入れるプラッキング
指を真っ直ぐに入れるプラッキングの写真

プラッキング(プル)の角度

左右(上下)両方の写真とも、1弦を人差し指でプラッキング(プル)する瞬間の写真です。人差し指が1弦に入っている角度に注目してみると、左(上)は斜めに入っており、右(下)は真っ直ぐに入っています。指が斜めに入るプラッキングの方が自然で、腕の回転を活かしたプラッキングが出来るかと思います。スラップ奏法のサムピングの基本と種類でも説明した「フリー風サムピング」ならば、指を真っ直ぐに入れるプラッキングにもなるでしょうが「ノーマルサムピング」と「サムダウン&サムアップ」なら、プラッキングの指は少し斜めを意識した方が良いでしょう。

プラッキング(プル)は浅めに軽く引っ掛ける

プラッキングやプルは、英語で「引っ張る」という意味なのですが、スラップ奏法では「軽く引っ掛ける」程度が良いと思います。指の引っ掛かり具合も大袈裟でなく、僕は上記の写真くらいで、指先を浅めに引っ掛けている程度です。意識してプラッキングするのではなく、何となく指が弦に引っ掛かってしまった、というようなニュアンスが出せれば最高でしょう。もちろん個人差もあり、極端なところでは、指の第一関節あたりで弦を捉え、思い切り引っ張るベーシストもいます。

プラッキング(プル)をする指と弦

プラッキング(プル)で使う指ですが、最も使い易いのは人差し指でしょう。それだけでも問題ありませんが、中指でもプラッキング出来るようになると、プラッキングでのダブルストップ(二弦同時弾き)など、バリエーションが増えると思います。もちろん、薬指や小指でプラッキングしても構いません。また、プラッキングする弦についてですが、4弦ベースの場合だと、1・2弦ばかりでなく、3弦のプラッキングもよくありますし、強烈な音が欲しい時などは、4弦のプラッキングもあります。


プラッキング・プルの記号がある譜面

プラッキング(プル)を指示する記号

上記の譜面を使い、プラッキング(プル)の練習をしてみましょう。最初にも説明したように、プラッキングはサムピングと一緒に練習した方が、感覚を掴み易いでしょう。こういったオクターブのフレーズは、サムピングとプラッキングの基本練習として、最適かと思われます。サムピングで鳴らす音には、これといった記号はありませんが、プラッキングで鳴らす音には、アクセント記号(強めに弾くことを意味する)と同じ、プラッキング・プルを指示する記号といった記号がつけられます。しかし、スラップ奏法に関する譜面の全てに、プラッキングを指示する記号が記される分けではないので、音源があれば聴くなどして、自分でプラッキングの判断をしなければならない、場合も出てくるでしょう。

サムピングとプラッキングの距離感

動画は先ほどの譜面と、同じフレーズを弾いています。1小節目の1弦へのプラッキングは、割と人差し指を潜り込ませやすいですが、2小節目はプラッキングが2弦になるので、人差し指が1弦に当たってしまったりと、難しく感じられるかと思います。暫くこのフレーズを繰り返し、サムピングの親指と、プラッキングの人差し指の、程よい距離感を掴んでみてください。

ロータリー奏法

今度もプラッキング(プル)に関することですが、サムピングがサムダウン&サムアップに変わります。なので、サムダウン&サムアップが出来ない人は、先ずその練習からしていきましょう。サムダウン&サムアップをやらないという人は、無理に覚えるテクニックではないので、確認するだけでいいでしょう。

サムダウン&サムアップ
ロータリー奏法

サムダウン&サムアップの確認

先ずは前のページでも説明した、サムダウン&サムアップの確認をしておきましょう。必ず次のようにする必要もありませんが、3弦をサムダウンするなら、親指を振り切り、2弦に親指が当たるようにするといいかもしれません。そして、2弦に止めた親指を返す時に、親指の爪で3弦を弾くのがサムアップです。親指の爪ですが、長くする人もいれば、僕のように短い方が良いという人もいます。

ロータリー奏法について

サムダウン&サムアップが、確実に出来るようになったなら、右(下)の動画でも見られるように、プラッキング(プル)を加えてみましょう。どのタイミングでプラッキングを入れてもいいですが、先ずは「サムダウン→サムアップ→プラッキング」という順番で練習してみましょう。後から譜面でも説明していますが、動画ではサムダウン&サムアップで、計4つの音を鳴らし、その後にプラッキングをしています。このように、サムダウン&サムアップの後に、プラッキングを入れてやることをロータリー奏法と言い、スラップ奏法の中でも難易度の高い弾き方です。


ロータリー奏法の譜面

ロータリー奏法を表す記号

動画でも弾いていた、ロータリー奏法の2小節です。ロータリー奏法を表す記号ですが、サムダウンはダウンピッキングを指示する記号と表され、サムアップはアップピッキングを指示する記号と表され、これらはピック奏法のダウンピッキングと、アップピッキングに同じです。また、サムダウンはDownの頭文字を取り「D」と、サムアップはUpの頭文字を取り「U」とも表されます。プラッキング(プル)を表す記号は、このページで説明したプラッキング・プルを指示する記号です。この2小節のよう一音ずつに、ロータリー奏法の記号と分かる譜面もあれば、記号が全くない譜面もあります。

ロータリー奏法の練習方法

上記の2小節は、ロータリー奏法の基本練習レベルですが、初心者にはかなり難しく感じられるはずです。最初から動画と同じテンポで弾こうとせず、一音ずつを確実に弾ける程度のテンポから、ゆっくり練習していきましょう。また、1小節目ならサムダウン&サムアップで、3弦3フレットを4つ弾き、1弦5フレットをプラッキング(プル)し終えたら、一度そこで止めてみましょう。ここまでが確実に弾けるようになった後、次の音に入っていくという、部分的な練習方法も、難しいフレーズでは有効かと思います。

ロータリー奏法を出来ないプロもいる

説明してきたように、ロータリー奏法で使うサムピングは、サムダウン&サムアップです。今はノーマルサムピングだけを練習したい、という人はそれで構いませんし、それが賢明かと思います。プロベーシストでも、サムダウン&サムアップは使わない人もおり、従ってロータリー奏法も出来ないでしょう。スラップ奏法自体を、全くしないプロベーシストもいるので、自分が欲しい奏法を選べば良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です