スラップ奏法のサムピングの基本と種類

スラップ奏法を始めるにあたっては、親指で弦を叩くサムピングから覚えていくといいでしょう。スラップ奏法では、全体的にサムピングの占める割合が多いので、サムピングこそがスラップの基本動作、と言っていいかもしれません。親指のどの位置を使って弦を叩くのか、サムピングにはどんな種類があるのかなど、主に動画を使って見ていきましょう。

サムピングの基本動作と弦を当てる位置

サムピングは腕や手首の回転

サムピングの基本フォームを見ていきましょう。親指は力まない程度に真っ直ぐ伸ばし、残り四本の指は軽く握る感じでいいでしょう。そのような状態から、動画のように、腕から手首にかけての回転を利用し、親指を振ってみましょう。団扇を扇ぐようなイメージに似ているかと思います。サムピングは親指を押し当てるのではなく、腕の回転を活かした方が、切れ味の良い音がします。


サムピングの位置

サムピングの位置について

僕の基本とするサムピングの位置は周辺ですが、後に説明するサムピングの種類によっては、周辺になることもあります。この二箇所のサムピングの位置に拘らなくてもいいので、しっくりくる位置があれば、そこでサムピングをしても問題ありません。

サムピングのコツ

サムピングで上手く音が鳴らない理由の一つに、親指を弦に当てる時間が長すぎる、というのがあります。親指が弦をアタックする時間は一瞬です。また、サムピングは親指で弦を叩くと説明しましたが、僕は親指を弦でバウンドさせている、というイメージを持っています。そちらの方が力まずに、サムピングを出来るかもしれないので、試してみるのも良いでしょう。

サムピングの種類

サムピングにも何通りかのフィンガリングが見られ、音楽スタイルによって使い分けられたり、使用するテクニックも異なってきます。他にも存在するのかもしれませんが、ここではサムピングを三種類に分けて見ていきましょう。

ノーマルサムピング

最も多く見られるサムピングで、これがサムピングの基本と言って良いでしょう。先ずはこのノーマルサムピングから始めていくことをお勧めします。弦に当てる親指の細かい位置を、少しずつ変えながら試してみてください。


サムダウン&サムアップ

サムダウンは親指を振り切ってしまい、下の弦で止めるといいでしょう。ノーマルサムピングとは違い、サムダウンは親指の腹寄りでのサムピングになるかと思います。サムダウンが終わって親指を返す時に、爪を当てるようにするのがサムアップです。


フリー風サムピング

親指を下に向けてのサムピングは、レッド・ホッド・チリペッパーズの、フリーが流行らせたサムピングだと思われるので、ここではフリー風サムピングとしています。このサムピングなら、エレキベースを低く構えたとしても、弦を叩くことが出来るでしょう。

サムピング三種類の特徴

ノーマルサムピングは、最も使い勝手が良いサムピングですが、連打するのはしんどいです。親指をピックのオルタネイト奏法のようにして扱う、サムダウン&サムアップなら、高速プレイも可能ですが、それなりに技術も必要になるでしょう。フリー風サムピングなら、ベースを下で構えられますが、同時に二本の弦を叩くことが多かったり、押弦やミュートが大変がだったりします。このように、ここで紹介した三種類のサムピングには、それぞれ特徴があると思います。

サムピングは全ての弦で

僕が中高生の頃に見た、スラップ教則本には「サムピングは低音弦の4弦と3弦」と書いてあることが多かったのですが、最近では1弦と2弦もサムピングするのが普通でしょう。細い1弦に正確なサムピングは難しいですが、最終的には目を瞑ってでも、納得できる音が出せるようにしておきましょう。また、サムピングはネックの根元周辺が基本ですが、ピック寄りの弦をサムピングしても、音や感触が違ってくるので、試してみるのも面白いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です