ウォーキングベースを作るために

ジャズでベーシストが作る、主なベースラインをウォーキングベースと言い、先ずはそれの基本的なことから見ていきましょう。コードについての知識も、必要不可欠になってくるので、そのことも考えなければいけません。

ウォーキングベースは4ビート

4ビートは4分音符中心のリズムということを説明する4小節

4ビートは4分音符中心のリズム

ウォーキングベースは4ビートと言われる、4分音符を中心に組み立てられ、上記の4小節もウォーキングベースだと言えるでしょう。4ビートは4分音符を中心に組み立てていきますが、その他のリズムを入れてはダメ、ということはありません。4小節目のように、8分音符などを使うケースもよくあります。スウィングの音楽記号もあるので、8分音符は跳ねるように弾きますが、1・2・3小節目の4分音符を弾く場合も、スウィングを意識できればもっと良いです。それを音符で表してみましょう。

4分音符だけで表した小節
1拍3連符をタイ記号で結びスウィングを意識した小節

4分音符もスウィングを意識する

左(上)の小節は4分音符が4つあり、それをそのまま弾いても、決して間違いではありません。しかし、スウィングのリズムを意識してやると、右(下)の小節ような音符が作れると思います。1拍3連符を全てタイ記号で結んでやった形で、リズム的にはどちらも同じです。単に4分音符をベタベタ弾くのではなく、スウィングさせる意識を持ち、演奏することをお勧めします。次に指板図で表す、コードのポジションについて考えてみます。

コード「Am7」のポジション
コード「Am7」のポジションを示した5フレットまでの指板図
コード「Dm7」のポジション
コード「Dm7」のポジションを示した5フレットまでの指板図

コード「G7」のポジション
コード「G7」のポジションを示した5フレットまでの指板図
コード「CM7」のポジション
コード「CM7」のポジションを示した5フレットまでの指板図

コードのポジションを表す記号

これら4つの指板図は、最初に見た4小節のコードのポジションです。ここでは5フレットまでですが、ルートを表す記号はルート(根音)を、短3度を表す記号は短3度を、長3度を表す記号は長3度を、完全5度を表す記号は完全5度を、短7度を表す記号は短7度を、長7度を表す記号は長7度を表しています。これら一音ずつはコードを作っている音で、コードトーンやアルペジオ言われます。コードトーンをそれぞれ、4小節に振り分けてみましょう。

コードトーンではない音もウォーキングベースというのを説明する4小節

コードトーンではない音もウォーキングベース

ウォーキングベースの4分音符には、コードトーンに含まれない音もあり、1小節目なら3弦2フレットと3弦1フレット、2小節目なら3弦2フレット、4小節目なら2弦0フレットがそうです。ウォーキングベースでは、こういったコードトーンではない音も重要で、それがウォーキングベースらしさを出してくれたりします。このことは後のページでも。詳しく説明しています。

これから後のページでは、こういった感じでウォーキングベースを説明していくので、エレキベースのコードに関する知識がないと、意味が分からないはずです。コードについては、エレキベースのコードを参照してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です