スウィングさせてベースを弾く練習

スウィングがどういうリズムか頭で理解できたら、初歩的なベースラインやメロディーを、スウィングさせて弾く練習をしていきましょう。音源はミディアムスウィング(1拍3連符)と、それより強いスウィング(付点8分音符+16分音符)を用意したので、両方を聴き比べてください。後半2枚の音源はあえて作らなかったので、何の曲か考えながらスウィングしてみましょう。

ベースラインもメロディーもスウィング

スウィングのアクセントが裏拍にある譜面

スウィングのアクセントは裏拍

過去のページでも説明したように「>」は音を強く弾く、という意味のアクセント記号ですが、先ずはそれを無視して弾いてみるのもいいでしょう。ベースライン自体はそれほど難しいものではないので、ミディアムスウィングと強めのスウィングの、リズムの違いを聴き分けてから、アクセント記号を意識するといいでしょう。


休符が入ってくるスウィングの譜面

休符が入ってくるスウィング

1小節目から4小節目までは、ベースラインが一音ずつ動いているので、それをスウィングさせて弾くのは難しいと思います。ここも先ほどと同じく、裏拍のアクセントは一先ず置いておき、ベースラインを跳ねて弾くことから始めてみましょう。5小節目からは8分休符も入ってきますが、もちろん、8分休符も跳ねなければならないので、音源をよく聴いてリズムを掴んでください。


童謡をスウィングさせて弾く譜面

童謡をスウィングさせる

ある童謡のメロディーを、譜面にしてみました。原曲も跳ねるリズムなので、これを弾いても、違和感はないと思われます。それをミディアムスウィングで跳ねるか、それより重いスウィングで跳ねるか、またはそれ以外で跳ねるかは自由です。テンポもフリーなので、無理のないテンポから始めてみましょう。


文部省唱歌をスウィングさせて弾く譜面

文部省唱歌をスウィングさせる

同じく小学校などでも、一度は歌ったことがあると思う文部省唱歌です。これも原曲は跳ねているリズムなので、分かりやすいかと思います。実際のジャズの曲で、裏拍のアクセントをこれ見よがしに強くは弾きませんが、ここでは練習の為に強く弾いてもいいでしょう。最初はその方が、スウィングしているというのが、分かりやすいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です