エレキベースの弦の種類

弦は消耗品なので寿命があり、いずれは新しい弦を買わなければなりません。弦にも色んな種類があり、特に長さにさえ気をつけておけば、張って弾けないこともないですが、スケール・ゲージ・巻き線・材質について知っておくと、弦について深く知ることが出来るでしょう。

弦のスケールについて

音楽理論でスケールは音階のことを意味しますが、弦やネックの長さのこともスケールと言います。正確にはナットからブリッジまでをスケールと言い、そのスケールに合った弦を張るのが基本です。また楽器メーカーによっても、エレキベースのスケールは多少の誤差があります。ここで例に挙げるのは、ダダリオという弦メーカーのパッケージです。

スーパーロングスケール

スーパーロングスケール

右上の赤線部分にはスーパーロングスケールとあります。35インチ以上の弦長で、4弦ベースの他に、5弦ベースや6弦ベースで使われることが多いです。弦が長いとテンション(張力)強くなり、音の安定や伸びが良くなると言われているようです。エクストラロングスケールとも言われたりします。


ロングスケール

ロングスケール

34インチの弦長で、4弦ベースを基本に張られるのがロングスケールです。このロングスケールが、最も多く使用されているかと思います。一般的なエレキベースは、ほとんどがロングスケールなので、これを弦のスケールの基本と考えてもいいでしょう。


ミディアムスケール

ミディアムスケール

33~32インチの弦長はミディアムスケールです。ロングスケールのエレキベースに比べると、ボディもやや小さくなっているでしょう。ネックも短くなっているので、その分フレット幅も狭くなっており、手の小さい人などにも向いているかと思います。


ショートスケール

ショートスケール

ミディアムスケールより更に短い、約30インチの弦長がショートスケールです。ロングスケールと比べてしまうと、テンションは大きく下がるので、音の安定や伸びが悪くなる、という点が挙げられます。しかし、十分に使えるベース弦なので、プロベーシストにも愛用者は多いです。

弦のゲージについて

ゲージというのは弦の太さを表します。太めのゲージならテンションも強まり、音も太く伸びますが、弦が太い分だけ押さえづらくなり、ネックへの負担も大きくなります。細めのゲージならテンションが弱くなり、音も細い印象を受けますが、弦は押さえやすくなります。弦のゲージは数値で表されますが、それに合わせたゲージ名もあります。しかし、ゲージ名はメーカーによって、若干ですが異なるので、基本は数値に注目しておくといいでしょう。

スーパーライトゲージ

スーパーライトゲージ

画像には「40-60-75-95」と書いてあり、これが弦の太さを表しています。左から順番に1弦が40、2弦が60、3弦が75、4弦が95となっています。数値を見ても1弦が一番小さいので細く、4弦が一番大きいので太いというのが分かります。ダダリオ製ではスーパーライトゲージと呼び、比較的に細めの弦とされています。


レギュラーライトゲージ

レギュラーライトゲージ

1弦から「45-65-80-100」とあり、ダダリオ製ではレギュラーライトゲージと呼ばれています。レギュラーライトゲージは、標準的な弦の太さと言っていいでしょう。ロングスケールのレギュラーライトゲージは、弦の長さも太さも標準的で、初心者からベテランまで、幅広く使われていると思います。


レギュラーライトトップ,ミディアムボトム

レギュラーライトトップ|ミディアムボトム

1弦から「45-65-85-105」とあります。一つ前のレギュラーライトゲージとは、1弦と2弦が同じ値で、3弦と4弦が太くなっているのが分かります。このレギュラーライトトップ|ミディアムボトムゲージも、標準的な弦の太さと言われているようなので、レギュラーライトゲージと同じく、ゲージの基準と考えておいてもいいでしょう。


ミディアムゲージ

ミディアムゲージ

1弦から「50-70-85-105」とあります。前述したように、ゲージを上げると弦のテンションが上がり、音に太さや伸びが加わります。パワフルな音が欲しい人は、ミディアムゲージや更に太い、ヘヴィーゲージもあるので、それらを使用するといいでしょう。半音下げや全音下げのチューニングにも、太い弦はよく使用されます。

ベース弦の芯線と巻き線

エレキベースの弦は、一本の芯線に巻き線がグルグルと巻かれ作られています。ここで重要になってくるのは巻き線の方で、巻き線の形状によって音が変わり、ピックや指で弾いた時にも感触が違ってきます。弦メーカーによって、色んな巻かれ方や呼び方がありますが、代表的な三種類を見ていきましょう。

ラウンドワウンド

ラウンドワウンド

左上の赤線部分にはラウンドワウンドと書かれています。ラウンドワウンドは、丸い断面の巻き線が使われており、感触はザラザラしています。音の立ち上がりが良くキレもあり、サステイン(音の伸び)も出る、というのが特徴でしょう。ラウンドワウンドが、最も使われている巻き線かと思います。


フラットワウンド

フラットワウンド

平らな断面の巻き線が使われており、感触がツルツルする巻き線がフラットワウンドです。ラウンドワウンドのような元気のある音ではなく、少し曇りのある落ち着いた音が出せるでしょう。フレットノイズが出難い、というのも特徴です。フレットレスベースでは基本の弦とされています。


ハーフラウンド

ハーフラウンド

赤線部分には、セミ-フラットワウンドと書かれていますが、ハーフラウンドと言われることが多いでしょう。ラウンドワウンド弦の表面を研磨して、ザラザラ感をなくした弦です。音はラウンドワウンドと、フラットワウンドの中間的な、両方の良い部分を兼ね備えていると思います。

ベース弦の材質

エレキベースの弦は金属から作られていますが、その金属にも幾つか種類があり、それにより音に大きな変化があります。また、全ての弦が金属製ということもなく、金属性以外の弦を好んで使用するベーシストもいます。やはり同じ材質でも、メーカーにより音や使用感は違ってくるはずです。

ニッケル弦

ニッケル弦

弦パッケージの中央にはニッケル(NICKEL)と書かれてあり、これが弦の材質を表しています。エレキベースの弦は、このニッケルが一番多く見られ、どんなジャンルの曲にでも頻繁に使用されています。低音から高音まで、バランスの取れた音が作り易いでしょう。先ずはニッケル弦を、基準に考えておくといいかもしれません。


ステンレス弦

ステンレス弦 / スチール弦

中央にはFLEX STEELSとあり、これがダダリオ製のステンレス弦になるのでしょう。ニッケル弦より立ち上がりが速く、明るめな音が特徴的でしょう。ダダリオにはPRO STEELSというスチール弦もあり、更に明るくギラギラした音を感じられます。ステンレスもスチールも硬い素材なので、フレットの減りが早いともされています。


ナイロン弦

ナイロン弦

中央にNYLONと書かれているように、これがナイロン弦です。黒色の弦が一般的なので、ブラックナイロンとも呼ばれます。とにかく低音で、曇った音が特徴的でしょう。ほぼ張替え要らずで、フレットにも優しいですが、ノイズが多く張力が弱いので、弾き辛いと感じる人も多いでしょう。メインの弦として使用する人は少数かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です