エレキベースの選び方

これから初めてのエレキベースを買う人や、2本目以降のエレキベースを買う人もいるかと思います。プレベかジャズベか、アクティブベースはどんなものだろうか、弦高に関してなど、僕なりの考えをまとめてみました。

エレキベースを買う前に考えよう

エレキベースをまだ所持していない人も、このサイトを見てくれていると思います。一本目から高価なエレキベースを買うのか、入門用のエレキベースを選んだほうがいいのか、知り合いがベースをしていたり、ベースだけ既に持っているという人もいるかもしれません。購入する前にいろいろ考えてみるのもいいでしょう。

エレキベース入門セットについて

一端のエレキベースやアンプを揃えようとすると、10万近くかかってしまい、これでは予算的に厳しい人が大半だと思います。そんな人はエレキベースと付属品が集まった、入門セットで十分でしょう。これならかかっても3万円程度ですし、止めてしまった場合にもリスクが少ないはずです。入門セットと聞くと粗悪なイメージかと思いますが、最近の入門セットはしっかりしています。

入門用と高価なエレキベース

入門用より何十万円するエレキベースの方が、弾きやすく音も良いのは当たり前です。でも初心者の人が両方を弾いて、ハッキリと違いが分かるかと言えば、そうでない人の方が多いでしょう。僕も高校生の時に楽器屋さんで、15万と3万のエレキベースを弾かせてもらいましたが、あまり違いが分かりませんでした。3万のエレキベースで3年ほど弾き続け、その間に自分の欲しい音やスタイルなどが少しずつ分かり、2本目のエレキベースを購入する時に活かせました。

買う前に借りられないか

エレキベース購入時に悩むのことが、やはり予算のことでしょうか。社会人や裕福な家庭で、お金に余裕のある人はいいですが、これから始めようと思っている人は、一般家庭の中高生が多いと思います。また、エレキベースのみならずベースアンプであったり、弦など最低限の付属品も必要になり、何かとお金がかかってしまうものです。なので、買う前にエレキベースを貸してくれる人が、近くにいないかも考えてみてください。例え貸してもらえなくても、何時間か弾かせてもらえるだけでも、エレキベースがどんな楽器か少しは感じられるでしょう。

お勧めベースアンプ

運良くエレキベースだけはあるという人は、お勧めのベースアンプを紹介しておきます。10Wと聞くと少し物足りなさを感じるかもしれませんが、それ以上にパワーは大きく感じられ、家庭練習用のベースアンプとしては十分でしょう。コンパクトなので持ち運びにも適し、ドラムが入るとさすがに厳しいですが、簡単なセッションでなら、音も埋もれてしまわないでしょう。それでいて1万円を切るので、お買い得かと思います。僕も二台目のアンプとして所持しており、用途に合わせて使っています。amPlug(アンプラグ)という、スマートフォンほどの小型アンプも所持しており、もちろんパワーはありませんが、簡単な音を確認したり、ちょっと遊びたい時に重宝しています。

ジャズベとプレベ

初めて買うベースはプレシジョンベースモデルか、ジャズベースモデルのどちらかを選んでおけば正解、とは言い切れませんが、無難な選択だと思います。実際にこの2本で迷う人も多いですし、色んな曲のジャンルで使われているエレキベースです。プレベは自作のものですが、僕は両方所有しているので、簡単に違いを挙げてみましょう。

プレベは男らしい

プレベは低音がドッシリとしていて太く厚い音が特徴的です。コントロールノブはボリュームとトーンの2つが基本で音作りの幅は狭いです。プレベで一番に感じることはネックが太いと思うことでしょう。全く初めてエレキベースに触る人なら違いも何もないですが、ジャズベをある程度弾いていた人がプレベに持ち替えると、顕著に弾きづらさを感じられるでしょう。サウンドと感触に男らしさを感じさせるのがプレベだと思います。

ジャズベは女らしい

ジャズベはプレベのようなパワーを持っていませんが、バンド全体で演奏した時に、細く良く通る音が特徴的かと思います。コントロールノブはボリュームが1つと、トーンが2つあるのが基本で、プレベに比べると幅広い音作りが可能です。ネックが細いのも特徴で、手が小さい人に弾きやすさが感じられるでしょう。サウンドや弾き心地から、女らしさを感じるのがジャズベだと思います。

アクティブベースとパッシブベース

ベースアンプは大まかに「BASS(低音)」「MIDDLE(中音)」「TREBLE(高音)」とノブがありますが、アクティブベースにはその3つ(4つや5つの場合もあり)のノブが、ベース本体にもあるような感じで、手元でも楽に幅広い音色が得られます。アクティブベースは電池によって動くので、エレキベースに電池ボックスがあれば、それはアクティブタイプだと思ってください。アクティブベースに対し、電池が入らないものをパッシブベースと言います。

アクティブベースのメリットとデメリット

当然、パッシブよりアクティブの方が音作りに余裕が出来ますし、電池を使っている分だけ出力が高く、パワフルで活きの良い音が出せます。またノイズに強いというメリットや、エフェクターとの相性が良いとされています。しかし、電池が少なくなるにつれ細く萎んだ音になるので、常にストックの電池を持っておかなければなりません。また、エレキベースにシールドを差しておくだけでも、電池が減ってしまうので注意が必要です。パッシブベースに対し、値段が少し高めなのもデメリットと言えるでしょう。

パッシブベースはアクティブベースに劣る?

音質的にはアクティブベースの方が上質、という気がしてしまいますが、決してそんなことはありません。パッシブベースを好んで使うベーシストも多いです。よく言われるのが、アクティブベースは機械的に作られた音で、パッシブベースは純粋な音が出せるということです。また、パッシブベースはアクティブベースより、音の強弱がはっきりしているので、表情がつけやすくなるかと思います。

パッシブベースからアクティブベースにモディファイ

アクティブタイプのエレキベースを有名にしたのは、マーカス・ミラーというベーシストと、彼のエレキベースをモディファイした、ロジャー・サドウスキーでしょう。モディファイとは改造の意味で、パッシブベースの中にプリアンプという機械を備え付け、アクティブベースにした分けです。なので、もしパッシブベースを所持していたなら、それをモディファイしてアクティブベースにすることだって可能です。また、プリアンプにはベース本体に組み込む、オンボードプリアンプ(内蔵型)と、エフェクターのようにシールドで繋ぐ、アウトボードプリアンプ(外付け型)があります。パッシブかアクティブかでも幾つか選択肢があるので、じっくり考えてみてください。

弦高の高さについて

エレキベースを弾き易くさせる要因の一つに弦高(げんこう)というものがあります。弦高とはフレットと弦の間の高さのことで、この高さがミリ単位違うだけで、弾きやすさや音にも影響してきます。初心者には弦高を低くすると弾き易いと言えますが、これにも良し悪しが出てきます。

ローアクションとは?

弦高を低く設定することをローアクションと言います。弦高の高さは12フレットで計るのが通常で、ローアクションの高さに基準はないですが、ローアクションで有名なインナーウッド社では、1弦12フレットが1ミリ以下で、ローアクションと考えられているようです。

ローアクションのメリットとデメリット

フレットと弦の距離が近ければ、楽な力で弦を押さえられます。特に長時間の演奏や、何日も連続でライブ演奏が続く場合など、ローアクションのありがたさが分かると思います。また速弾きをするベーシストや、スラップを多用するベーシストにも、弾きやすいセッティングとされています。しかし、弦高が低すぎると、弾いた弦が揺れてフレットにカチカチ当たり、俗に言うビビリという現象が起きます。バラードのような静かな曲で、音をビビらせてしまっては台無しです。また、低い弦高ではアタック感が小さくなりがちで、ビシっと決めなければならない音でも、イマイチと感じられるかもしれません。

弦高はベーシストによりけり

結局「弦高は高いか方がいいのか、低いほうがいいのか」と言われれば、好みや音楽スタイルの問題です。ローアクションでビビっても気にならないし、バンド演奏でもビビリなんて聴こえてこないし、アタック音にも問題ないと思ったら、ローアクションでもいいでしょう。また、弦高の調節はネックやフレットの状態にも大きく左右されるので、楽器のケアにも気を配る必要があります。

4弦ベースと5弦ベース

1984年に日本で初めて5弦ベースを発表したのが、ヤマハ社らしいです。当初は演奏性能やアンプの音割れなどの問題があったみたいですが、2015年現在ではほぼ解決していて、楽器店でも多く見られます。4弦ベースと5弦ベースを比較して考えてみましょう。

弾きやすさ

5弦ベースをある程度弾き慣れた人でも、弾きやすさは4弦ベースの方がかなり楽だと感じるはずです。1本弦が多くなる分だけミュートにも気を使いますし、ネック幅が広がることで、フィンガリングにも影響が大きいです。重量は言わずもがな、5弦ベースの方が重いので、立っての長時間の演奏はしんどいです。

音の鳴り方

バンド演奏した時に、より音が通るのは4弦ベースの方だと僕は感じます。もちろん音の設定にもよりますが、4弦ベースの方が音の輪郭がハッキリしている、という印象です。僕が上等な5弦ベースを弾いたことが無いというのもありますが、5弦ベースは少し曇った音が出るような気がしています。

5弦ベースのLow-Bで音楽観が変わる

僕が4弦と5弦で気になる2点を挙げてみましたが、これだと5弦ベースはデメリットばかりかと思ってしまいます。でも決してそんなことはなく、僕もそれほど高価なものではないですが、5弦ベースを所有していて、5弦目のLow-Bと言われる4弦より更に低い音が出せると、音楽観が変わる気さえします。半音下げチューニングなどにもそのまま対応できますし、5弦ベースにもメリットが多々あります。これから5弦ベースを弾こうと考えている人は、弦が1本増えるだけですが、大きく違う楽器と考えておいた方がいいでしょう。

いきなり5弦ベースという選択肢

「初めて買う1本目に5弦ベースはダメですか?」と聞かれることがあります。僕は4弦ベースから始めたので、全く問題ないとは言い切れませんが、5弦ベースから始めてみるのも面白いと思います。実際に3人だけですが友達や生徒さんは、5弦ベースから始められても問題なく弾けていました。5弦ベースから始めてみると、上記のような差で悩むことがないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です