エレキベースの手入れ・ネックや弦について

楽器のケアはエレキベースに限らず必要不可欠です。先ず基本となるのは、楽器を綺麗にする道具でしょう。ギター系の楽器のケアで、大きく気を使う部分といえばネックかと思います。ネックの為には、出来る限りのことをしてやりましょう。また、アンプを通して弾く際にも注意が必要なので、エレキベースとアンプの接続手順についても確認しておきましょう。

楽器を手入れする道具

毎日エレキベースを弾いていると、面倒に思えるかもしれませんが、演奏後はしっかりと楽器のケアをしましょう。特にペグ・弦・コントロールノブ・ブリッジなどの金属部分は、手の汗でサビついていきます。演奏後は手で触れた場所を、しっかりと拭きとっておくようにしましょう。

楽器専用のポリッシュクロス

ティッシュやタオルで弦を拭いてしまうと、細かい繊維がついてしまい、逆に汚れてしまったり、弦の寿命を縮めたりするかもしれません。一番良いのは専用のポリッシュクロス(布)を使うことです。演奏後に弦を拭くのと拭かないのとでは、かなり寿命も違ってくるので、演奏終わりには弦を拭く癖をつけておきましょう。

潤滑剤や楽器専用オイル

ポリッシュクロスを使い拭くだけでも十分ですが潤滑剤(じゅんかつざい)などを利用してもいいでしょう。弦がツルツルになりフィンガリングにも良い影響があるかもしれません。また、弦のサビ防止にもなっていいのですが、多少ベタつき感があり好き嫌いがあるので、一度使ってみて良かったら続けるといいでしょう。ヘッドやネック、ボディなどの汚れがひどい場合は、楽器専用オイルを使ってみるのもいいかと思います。

ネックについて

ベースやギターなどの大部分は木材で、湿気や乾燥などの影響で音も変わってきます。特に厄介なのがネックの曲がり、捻れについてです。ネックの問題については、一生悩まされることになるでしょう。

ネックの為に出来ること

楽器店などでは除湿機やドライ、壁掛け用のスタンドなどを使用して、楽器に最適な温度や湿度が保たれ、管理されてあります。しかし、一般家庭では中々そうもいかないので、長い間エレキベースを弾かない時は、専用のギターケースに入れておいたり、弦を少し緩めておく(後に説明あり)とよいかもしれません。湿度調整剤を使うのもいいと思います。でも、どんなにエレキベースに気を使っていても、ネックは少しずつ曲がってしまうのが辛いところです。

ネックの為に弦は緩める?緩めない?

先ほども少し触れましたが、長く演奏をしない時はネックへの負担を考え、弦を緩めておくという人もいます。知り合いのリペアマン(楽器の修理などをする人)は、三日以上演奏しないのなら弦を緩めておいた方がよい、と考えているようです。しかし、どれだけ長く演奏しない時でも、弦は緩めない方がよいと言う人もいます。プロベーシストの板谷直樹さんの著書にも、弦は緩めない方がよいと書いてありました。個々のエレキベースにより対応が違い、はっきりとは決まっていないようですが、弦を頻繁に締めたり緩めたりするのは、ネックに大きな負担がかかるのは確かなので、毎日弾く場合は弦を緩める必要はないでしょう。

弦交換は一本ずつ?

上記のように弦を緩めない人は、弦交換の時も一本ずつ張り替えます。正しくチューニングされた状態が、弦とネックがバランス良く釣り合っている、とするからです。なので、弦とネックのバランスをなるべく保つ為に、弦交換も一本ずつと考えるのでしょう。なるほどと思いますが、僕はどうしても弦交換の時はベースを全体的にクリーニングしたいので、弦を全て外してから張り替える派です。それでいてネックに異常は見られないので、僕はそうしています。前述したように、それぞれのエレキベースの状態に合わせてやるのが大事かと思います。

ベースアンプへの接続手順

ベースアンプへの接続に慣れてしまうと、いい加減になるものです。スイッチがオンの状態でシールドを抜いたり、音量をいっぱいにしたまま、電源を切ったりしてしまいます。故障の原因にもなりますし、何よりも電気を扱っているので危険です。水分を近くに置くのも避けるようにしましょう。

ベースアンプへの接続と切断

  1. エレキベースとアンプの音量や他のメモリも0にします。
  2. 最初にエレキベースにシールドを差し込みます。
  3. 次にアンプへとシールドを差し込みます。
  4. 音量やメモリが0なのを確認してからアンプのスイッチを入れます。
  5. 音量は一気に上げずに少しずつ上げて音を確かめます。
  6. 演奏が終わったら全ての音量やメモリを0にします。
  7. アンプのスイッチを切って5秒ほどしたらシールドを抜きます。

ベースアンプを使うメリット

ベースアンプの接続方法の説明をしたので、ついでに少し書いておくと、時々「ベースアンプなしでも練習になりますか?」という質問を受けることがあります。ベースアンプを通さなくても練習にはなると思いますが、持っているならベースアンプを使って練習した方が良いです。ベースアンプを使わないで弾いていると、自分の意図としていない音が勝手に鳴っていて、それに気づかないことがあるからです。演奏は音を鳴らすばかりではなく、余計な音を出さないことも大事になってきます。ある程度の音量でアンプを使って弾いていると、そういったことがよく分かるので、可能な限りベースアンプを使って練習することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です