エレキベースのメーカー

スポーツ用品にナイキやアディダスのようなメーカーがあるように、エレキベースにも世界で知られるメーカーがあります。エレキベース自体はアメリカで生まれた楽器ですが、今日ではたくさんの国でエレキベースは生産されています。海外メーカーと国産メーカーに分けて、会社名や使用しているベーシストなどを簡単に見ていきましょう。

海外メーカーのエレキベース

メーカー名フェンダー
創設者・代表者レオ・フェンダー
主なエレキベースプレシジョンベース / ジャズベース
代表的ベーシストジェームス・ジェマーソン / ジャコ・パストリアス

エレキベースの誕生

1951年に世界で初めて生まれたエレキベースがフェンダー社のプレシジョンベースです。それまでのベースと言えば、フレットがないコントラバス(ウッドベース)でした。1960年に扱いやすさや音色のことを考えられた、ジャズベースが誕生しました。後にフェンダー社のプレシジョンベースとジャズベースを手本にして、多くのメーカーがエレキベースを作ることになります。


メーカー名ギブソン
創設者・代表者オーヴィル・ヘンリー・ギブソン
主なエレキベースサンダーバード / レスポールベース
代表的ベーシストジャック・ブルース / ニッキー・シックス

ロッカーのエレキベース

主にギター系統のメーカーとして有名だと思いますが、エレキベースにも個性的な味を持つものがあります。そのルックスと力強いサウンドから、ロックベーシストが愛用していることが多いようです。フェンダー社のようにネックが簡単に外せるボトルオンネックに対して、ギブソン社はネックとボディが一体型となっているスルーネックやセットネックが特徴的なエレキベースです。


メーカー名ミュージックマン
創設者・代表者レオ・フェンダー etc.
主なエレキベーススティングレイ
代表的ベーシストフリー / 細野晴臣

アクティブベースの先駆け

ミュージックマン社にも何本かのエレキベースがありますが、一番有名なのはスティングレイです。9ボルト電池仕様のアクティブベースなので幅広い音作りが可能です。プロミュージシャンにも愛用者が多く、個人的なイメージではスラップ奏者に好まれているように思えます。現在では他の会社に買収されていますが、ミュージックマン社のスティングレイという方が有名でしょう。


メーカー名リッケンバッカー
創設者・代表者アドルフ・リッケンバッカー
主なエレキベースリッケンバッカー4000シリーズ
代表的ベーシストポール・マッカートニー / クリス・スクワイア

ゴリゴリサウンド

リッケンバッカー社はエレキギターを主力としているようですが、ベーシストがリッケンバッカーと聞けばエレキベースを思い浮かべるでしょう。プロベーシストでも愛用者は多いですが、中でも元ビートルズのポール・マッカートニーが愛用していたことで有名になったと思われます。一度見れば忘れられないルックスと、鋭くゴリゴリした男らしいサウンドが特徴的かと思います。


メーカー名サドウスキー
創設者・代表者ロジャー・サドウスキー
主なエレキベースメトロラインシリーズ
代表的ベーシストウィル・リー / ジェイソン・ニューステッド

ドンシャリサウンド

サドウスキーは楽器の修理や改造をするリペアショップ専門でしたが、今では世界中に知られているギターブランドです。本家のサドウスキーはニューヨークですが日本にも代理店があり、サドウスキーメトロライン(サドウスキー東京)として購入も可能なようです。低音が目立って尚且つ高音もよく鳴る、所謂ドンシャリサウンドの代表的なエレキベースと言えるでしょう。


メーカー名カール・ヘフナー
創設者・代表者カール・ヘフナー
主なエレキベースヘフナー500-1
代表的ベーシストポール・マッカートニー/ 矢沢永吉

ヴァイオリンベース

ヘフナー社に他のエレキベースがあるのか分かりませんが、ヘフナーのベースと言えば元ビートルズのポール・マッカートニーが、デビュー当時から使用していたヘフナー500-1が有名です。ボディがヴァイオリンのような形をしているので、ヴァイオリンベースと形容されます。ボディの中身が空洞でとても軽く大きさもそれほどないので、扱いやすいエレキベースだと思います。

国内メーカーのエレキベース

メーカー名ヤマハ
創設者・代表者山葉寅楠
主なエレキベースTRBシリーズ
代表的ベーシストビリー・シーン / ネイザン・イースト

癖のないエレキベース

日本を代表する楽器メーカーのヤマハは、あらゆる楽器で世界的に有名かと思われます。エレキベースにも優れたものが多く、特にBBシリーズがよく知られていて海外のプロベーシストにも愛用者が多いです。個人的には非常に弾きやすいエレキベースで、予算に余裕があれば初めて買う人にもお勧めしています。ヤマハ社独特の開発が、見た目にも音にも上手く表現されたエレキベースだと思います。


メーカー名ESP
創設者・代表者椎野秀聰
主なエレキベースAMAZEシリーズ
代表的ベーシストIKUO / J

ビジュアル系の御用達

多くはギターを中心とする日本の企業で、海外でもESP社の楽器を使用するミュージシャンがたくさんいます。見た目が華やかなギターやベースが多いためか、ビジュアル系のバンドがよく使用しているイメージがあります。また、よく言われるのがESP社の楽器は他のメーカーに比べ割高ということです。新品に手が出せない人は中古品を狙ってみるのもいいかもしれません。


メーカー名フェルナンデス
創設者・代表者斉藤重樹
主なエレキベースFRBシリーズ / ZO-3BASS
代表的ベーシストka-yu / 矢沢永吉

ZO-3ギターで有名

フェルナンデスは主に、エレキギターとエレキベースを販売する楽器メーカーです。フェンダーとギブソンのギターやベースを手本として製造されていたみたいで、今もその形状をしたエレキベースが見られます。もちろん、フェルナンデス社のオリジナリティを感じられるものもあり、ギターやベースそのものにスピーカーが内臓されてある、ZO-3シリーズが有名です。


メーカー名アイバニーズ
創設者・代表者星野義裕
主なエレキベースSRシリーズ / ATKシリーズ / BTBシリーズ
代表的ベーシストゲイリー・ウィリス / ジェラルド・ビースリー

高級感溢れるエレキベース

アイバニーズは星野楽器が所有する、ギターやベースのブランドです。日本でも愛用者が多いアイバニーズですが、海外のプロミュージシャンの方が好んで使用しているような気がします。エレキベースではSRシリーズが特に有名で、ベテランが使うような高値のものから、初心者にも求めやすい手頃な値段のものまであります。4弦ベースだけでなく、5弦ベースや6弦ベースの種類も豊富です。


メーカー名ムーンギターズ
創設者・代表者山﨑等
主なエレキベースJJシリーズ / CLIMB
代表的ベーシストラリー・グラハム / 下野ヒトシ / 今沢カゲロウ

ハイクオリティなエレキベース

ムーンギターズはフェンダー社のギターを手本とした、エレキギターとエレキベースが主体の楽器メーカーです。他の大手楽器メーカーに比べると、それほど有名ではないですが、楽器の作りは非常にしっかりとしていて、個人的には好きな楽器メーカーです。エレキベースはフェンダー社のジャズベースをモデルとしたものがほとんどですが、フェンダーとはまた違う印象を受けるでしょう。


メーカー名アトリエZ / デイズコーポレーション
創設者・代表者本橋弘吉
主なエレキベースMシリーズ / DALシリーズ
代表的ベーシスト青木智仁 / 日野賢二 / リチャード・ボナ

M#245とM#265

アトリエZはデイズコーポレーションが運営する楽器メーカーで、製品にはギターもありますがメインはエレキベースです。こちらもフェンダーのジャズベースをモデルとする、スイッチでパッシブとアクティブに切り替えるタイプのエレキベースが大半だと思います。代表される青木智仁モデルの「M#245」と「M#265」はドンシャリサウンドで、多くのスラップベーシストに愛用されていると思います。


メーカー名インナーウッド
創設者・代表者木内広隆
主なエレキベースInnerWood / MBasses
代表的ベーシスト納浩一 / ジミー・ハスリップ

ローアクションのエレキベース

インナーウッドは工房を伴う小さな楽器メーカーですが、使用するプロベーシストは国内外にいます。インナーウッドのエレキベースの大きな特徴として、ローアクション(低い弦高のセッティング)が一番に挙げられると思います。ローアクションのエレキベースは他のメーカーでも多くありますが、僕が演奏した中では最も弾き心地がよかったです。また、オリジナル弦の「頑固弦」も有名です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です