ヴィブラート奏法

押弦している指で弦に素早い振動を与え、音を振るわせるテクニックをヴィブラート奏法と言います。頻繁にヴィブラートをかける楽器もあれば、そうでない楽器もあり、どちらかというと、エレキベースは後者に当たるかもしれません。弦楽器では横と縦のヴィブラートがあるので、その二種類を見ていきましょう。

ヴィブラート奏法で音を振るわせる

水平方向のヴィブラート(無音)
垂直方向のヴィブラート(無音)

水平方向のヴィブラート

左(上)の動画は、水平方向にヴィブラートをかけている状態です。肘からの動きを利用して、左右だけではなく、少しばかり楕円を描くような動きも入れてやると良いでしょう。僕は水平方向のヴィブラートの場合、中指を使うことが多いですが、他の指でも構いません。親指はネックを軽く支えておいても、離してしまってもいいでしょう。ギターは弦の細さから、水平方向のヴィブラートも効果的ですが、エレキベースは弦が太い為か、1弦の高音域あたりからでないと、その効果が聴き取り難いかと思います。

垂直方向のヴィブラート

右(下)の動画は、垂直方向にヴィブラートをかけている状態です。水平方向のヴィブラートとは異なり、低音域でも音の揺れがよく聴き取れるかと思います。上下に動かすチョーキングを、素早く繰り返しているのが、垂直方向のヴィブラートだと思えばいいでしょう。垂直方向のヴィブラートも、ベーシストにより得意な指があるようで、僕は動画のように、中指と薬指でフィンガリングすることが多いです。親指はネックを支えてもいいですし、ロックスタイルでネックを握り締めるようにした方が、垂直方向のヴィブラートをかけやすい場合もあるでしょう。


ヴィブラートと音価の関係を説明した譜面

ヴィブラートと音価

ヴィブラートを指示する音楽記号は「vib.」とされていることが多いでしょう。音価(おんか)というのは音の長さのことですが、短い音価だとヴィブラートの良さが出ないので、ある程度の長い音価で使うことが一般的でしょうか。ここでもタイ記号で連なった、2分音符以上の音価でヴィブラートを使っています。ヴィブラートをかける度合いは自由なので、最初から大きく音を揺らせたり、少しずつ大きくしてやっても面白いでしょう。


ヴィブラートの演奏記号がなくてもヴィブラート

2・4・8小節目でヴィブラートの演奏記号があり、そこは4フレット目を小指で押弦していますが、小指だけでの垂直方向のヴィブラートは、まず無理だと思います。他の指も一緒に使い、弦を音を揺らしてやりましょう。また、ポピュラー音楽はクラシック音楽と違い、譜面にヴィブラートの演奏記号は、そう多くあることではないと思います。ヴィブラートの指示がなければ、強いて使う必要もないですが、使えそうな音価があったなら、ヴィブラートをかけてやってもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です