ペンタトニックスケールは五音音階

メジャースケールやマイナースケールを、始めとするダイアトニックスケールは、7つの音から構成される、七音音階(しちおんおんかい)でした。ここでは五音音階であるペンタトニックスケールを見ていきましょう。ペンタトニックスケールも、主にメジャースケールと、マイナースケールに分けられます。

メジャーペンタトニックスケール

Cメジャースケール
Cメジャースケールを記した小節
Cメジャーペンタトニック
Cメジャーペンタトニックスケールを記した小節

メジャーペンタトニックスケールはヨナ抜き

先ずは「C」音を主音とする、Cメジャースケールから考えていきましょう。そこから第4音目にあたる「F」音と、第7音目に当たる「B」音を抜いてやったものが、Cメジャーペンタトニックスケールになります。他の主音でも同じで、Fメジャースケールから第4音と第7音を抜くと、Fメジャーペンタトニックスケール、Gメジャースケールから第4音と第7音を抜くと、Gメジャーペンタトニックスケールです。このように、メジャースケールから第4音と第7音を抜くので、メジャーペンタトニックスケールはヨナ抜きとも言われます。また、スコットランド民謡でもよく見られる音階なので、スコットランド音階とも説明される場合があります。

メジャーペンタトニックスケールのポジション

先ほど説明したのは「C」音を主音とする、Cメジャーペンタトニックでしたが、主音が変われば構成音も変わってきます。構成音で覚えても間違いではないですが、ポジションで覚えるという練習方法があります。僕も音楽学校で習った練習方法で、指板のポジションで覚えておくと、主音が他の音になっても対応しやすくなる、というメリットがあります。先ずは「C」音を主音として見ていきましょう。

ポジション1
Cメジャーペンタトニックスケールのポジション1を表した指板図
ポジション2
Cメジャーペンタトニックスケールのポジション2を表した指板図

のフレットが主音の「C」音を表し、●が残りの構成音である「D-E-G-A」に当てはまるフレットです。ポジション1だと、0フレットから3フレットまでで考え、ポジション2だと、2フレットから5フレットまでで考え、それぞれが左右(上下)の、指板図のようなポジションを作ります。


ポジション3
Cメジャーペンタトニックスケールのポジション3を表した指板図
ポジション4
Cメジャーペンタトニックスケールのポジション4を表した指板図

ポジション3の場合は、5フレットから8フレットまで、ポジション4の場合は、7フレットから10フレットまでが、Cメジャーペンタトニックスケールの構成音である「C-D-E-G-A」のフレットがあり、指板図のようなポジションが作れます。


ポジション5
Cメジャーペンタトニックスケールのポジション5を表した指板図
ポジション6
Cメジャーペンタトニックスケールのポジション6を表した指板図

ポジション5の場合は、9フレットから12フレットまでが当てはまり、これがポジション的には最後です。ポジション6をよく見てみると、ポジション1と同じで、ポジションが一回りしています。なので、これより上のフレットでは、ポジション2・3・4・5と続く分けです。

他のメジャーペンタトニックスケールでは?

説明してきたのは主音が「C」音の、メジャーペンタトニックスケールのポジションでした。主音が変わり、Eメジャーペンタトニックスケールになったとすると、どうなるでしょうか。ポジションが変わることはありませんが、ここで説明してきた、Cメジャーペンタトニックスケールのポジションを基準にするなら、ポジション5から始まることになります。同じように、Eメジャーペンタトニックスケールのポジションも作っておいたので、確認しておいてください。

マイナーペンタトニックスケール

Aマイナースケール
Aマイナースケールを記した小節
Aマイナーペンタトニック
Aマイナーペンタトニックスケールを記した小節

マイナーペンタトニックスケールはニロク抜き

先ずは「A」音を主音とする、Aマイナースケールから考えていきましょう。そこから第2音目に当たる「B」音と、第6音目に当たる「F」音を抜いてやったものが、Aマイナーペンタトニックスケールになります。メジャーペンタトニックスケールは、メジャースケールから第4音と第7音を抜きましたが、マイナーペンタトニックスケールは、マイナースケールから第2音と第6音を抜いてやるので、ニロク抜きです。Cメジャーペンタトニックスケールと、Aマイナーペンタトニックスケールを比べてやると、同じ「B」音と「F」音が抜かれており、構成音も同じです。これはメジャースケールとマイナースケールの、平行調の関係に同じです。

マイナーペンタトニックスケールのポジション

Cメジャーペンタトニックスケールを、ポジション別で覚えたように、Aマイナーペンタトニックスケールも、ポジション毎に分けて、指板図を見てみましょう。勘の良い人なら気づいたと思いますが、この二つは構成音が同じなので、もちろん主音は違いますが、ポジションは自然と同じになります。

ポジション1
Aマイナーペンタトニックスケールのポジション1を表した指板図
ポジション2
Aマイナーペンタトニックスケールのポジション2を表した指板図

同じようにが主音の「A」音を表し、●が残りの「C-D-E-G」のフレットを表しています。Cメジャーペンタトニックスケールの、ポジション1とポジション2とを見比べても、主音のが違うだけで、全く同じポジションなのがわかります。


ポジション3
Aマイナーペンタトニックスケールのポジション3を表した指板図
ポジション4
Aマイナーペンタトニックスケールのポジション4を表した指板図

これもCメジャーペンタトニックスケールの、ポジション3とポジション4と、押さえるフレットは同じです。このAマイナーペンタトニックスケールのポジション3は、4弦5フレットが主音のから始まっているので、これを基準にしても、分かりやすいかと思います。


ポジション5
Aマイナーペンタトニックスケールのポジション5を表した指板図
ポジション6
Aマイナーペンタトニックスケールのポジション6を表した指板図

やはり、ポジション5とポジション6も、Cメジャーペンタトニックスケールのそれと同じです。当然、ポジション6がポジション1と同じになり、ポジションが一回りしたことになります。このように、Cメジャーペンタトニックスケールと、Aマイナーペンタトニックスケールは、の主音の位置が違うだけです。

主音が違うマイナーペンタトニックスケール

主音を変えた、Cマイナーペンタトニックスケールでも確認しておきましょう。Aマイナーペンタトニックスケールのポジション5が、Cマイナーペンタトニックスケールでは、ポジション1になっているのが分かると思います。また、CマイナーペンタトニックスケールとEメジャーペンタトニックスケールは、平行調の関係になるので、主音のの位置が違うだけで、ポジションの順番も同じになります。

ペンタトニックスケールはソロで活躍

メジャーとマイナーに分けて、ペンタトニックスケールを説明してきましたが、これらはベースラインにはもちろん、特にソロでよく使われるスケールです。名前の通り、Cメジャーペンタトニックスケールは、コード「CM7」や、Cメジャーキーで使え、Cマイナーペンタトニックスケールは、コード「Cm」や、Cマイナーキーで使える、というのは想像できると思います。しかし、コード「CM7」などCメジャーキーの時に、Cマイナーペンタトニックスケールを使用する、ということはよくあります。これを僕なりに説明すると、凄く長くなってしまうので割愛しますが、ソロを弾く機会があれば、メジャーコードやメジャーキーの場合も、マイナーペンタトニックスケールを使える場合が多い、というのを覚えておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です