クロマチックスケールで運指押弦ストレッチ

ベース初心者のうちは当たり前ですが、指が思うように開いてくれず、手が痛くて押弦にも苦労します。クロマチックスケールという音の並びを利用して、指を開く練習をしていきましょう。フレット移動をして弦を押さえる、というフィンガリングも覚えておきましょう。

1弦のクロマチックスケール(半音階)

1弦のクロマチックスケールの2小節

クロマチックスケールは半音階(はんおんかい)とも言われ、半音ずつ上がり下がりすることです。上記の2小節も簡単なクロマチックスケールで、後述しているように押弦していき、運指の練習をしていきましょう。

1弦5フレットを人差し指で押弦している写真

1弦5フレットを人差し指で押弦

左の写真は1弦5フレットを、人差し指で押さえている様子で、は指で弦を押さえている状態だと思ってください。フィンガリング時の親指と押弦のコツでも説明したように、フレットの直ぐ近くを押弦しましょう。


1弦6フレットを中指で押弦している写真

1弦6フレットを中指で押弦

続いて1弦6フレットを、中指で押さえています。が中指にありますが、人差し指にもあります。なので、人差し指も弦から離さずに、押弦したままの状態で、1弦6フレットを中指で押さえましょう。


1弦7フレットを薬指で押弦している写真

1弦7フレットを薬指で押弦

今度は1弦7フレットを、薬指で押さえています。ここでもを見ても分かるように、音を出す1弦7フレットの薬指だけでなく、中指と人差し指も押弦したままの状態です。このあたりから力が入り、手も痛くなってくると思います。


1弦8フレットを小指で押弦している写真

1弦8フレットを小指で押弦

最後は1弦8フレットを、小指で押さえていて、最終的にはが4つになり、1弦を四本の指で押さえている状態が出来上がります。親指をしっかりとネックに立てて、四本の指をいっぱいに広げて、押弦する必要があります。

運指はゆっくり確実に

2小節目からも同じようにして、鳴らす音より低いフレットは、押さえたままの状態を作りながら、運指をしていきましょう。ベースを始めたばかりの人には、少し手が痛かったかと思います。速さは全く必要ないので、確実に押さえられる状態を作り、手に感覚を覚え込ませてください。

シフト・シフティング・ポジション移動・フレット移動

4弦のクロマチックスケールの2小節

今度は4弦の2フレットから、クロマチックスケールを押弦していきます。フレット幅も広くなっており、1弦より指も届きにくいので、更に手が痛くなることでしょう。また、ここでは手を動かしての押弦も考えてみましょう。

固定は人差し指で押弦
4弦2フレットを人差し指で押弦している写真
移動も人差し指で押弦
4弦2フレットを人差し指で押弦している写真

4弦2フレットを押弦

譜面の運指に「●固定⇒」とあるのは、先ほどもやったように、指を開いて押弦します。「●移動⇒」は手を動かして押弦していきます。この手を動かして押弦することを、シフト・シフティング・ポジション移動・フレット移動、などと言います。最初の4弦2フレットは、どちらも人差し指で押弦しています。


固定は中指で押弦
4弦3フレットを中指で押弦している写真
移動は人差し指で押弦
4弦3フレットを人差し指で押弦している写真

4弦3フレットを押弦

固定で押弦する場合は、中指で4弦3フレットを押さえ、人差し指でも4弦2フレットを押さえたままです。移動で押弦する場合は、4弦2フレットを押さえていた人差し指を、3フレットにシフトさせます。なので、弦に触れているのは人差し指だけです。固定も移動も、フレットの直ぐ近くを押弦してやりましょう。


固定は薬指で押弦
4弦4フレットを薬指で押弦している写真
移動は中指で押弦
4弦3フレットを中指で押弦している写真

4弦4フレットを押弦

固定は薬指で4弦4フレットを押さえ、以前の中指と人差し指でも、4弦をしっかりと押さえておきましょう。移動は中指で4弦4フレットを押さえ、人差し指も4弦3フレットを押さえています。このあたりからでも運指的には、シフティングで押さえた方が楽だと感じてくるでしょう。


固定は小指で押弦
4弦5フレットを小指で押弦している写真
移動は薬指と小指で押弦
4弦5フレットを薬指も添えるようにして小指で押弦している写真

4弦5フレットを押弦

固定は小指で4弦5フレットを押さえ、これで四本の指で4弦を押さえていることになり、かなり指の開きもきついはずです。移動も小指で4弦5フレットを押さえますが、指の開きには余裕があり、楽に押さえられるでしょう。また、画像ののように、薬指でも一緒に4弦を押さえてやると、小指だけで押さえるより、楽に押弦できるでしょう。薬指と小指セットでの押弦は、よく見られる運指です。

クロマチックスケールは指の柔軟体操

ポジション移動を利用すると、押弦も比較的楽に出来るはずです。しかし、まずは固定の運指でやったように、指をいっぱいに開く運指で練習をしてください。最初は思うように指も開かず痛いばかりですが、体の柔軟体操と同じように、毎日の練習で指も柔らかくなり、少しずつ開くようになってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です