ツーファイブの作り方とマイナーキーのツーファイブ

ジャズではアドリブ演奏中に、コード進行を変化させることがあります。ベーシストも変化させたコード進行で、ウォーキングベースラインを作ることも可能です。コード進行を変化させる一つにツーファイブを作るという方法があります。バグス・グルーヴのコード進行を用いて、ツーファイブの作り方を見ていきましょう。

ツーファイブの作り方

バグス・グルーヴのコード進行を記したツーファイブが強調されている簡略譜面

バグス・グルーヴのツーファイブ(アレンジなし)

バグス・グルーヴのコード進行だけを記した簡略譜面で、この時点ではまだ、コード進行にアレンジはしていません。バグス・グルーヴのキーは「Fメジャー」で、トニックコードは「F7」です。11小節目の「F7」に注目してみると、一つ前の10小節目が「C7」で、もう一つ前の9小節目が「Gm7」で、9小節目から11小節目にかけてが、ツーファイブだと分かります。今度は1小節目の「F7」に注目してみましょう。最後の12小節目は、小節内に「Gm7」と「C7」が並んでおり、ここも1小節目にかけて、ツーファイブしていることになります。このコード進行の場合だと、小節の長さは違いますが、2回のツーファイブを見ることが出来ます。


バグス・グルーヴの6小節目にツーファイブを作った簡略譜面

ツーファイブを作った6小節目

本来なら6小節目も、5小節目の「B7」が続きます。冒頭でも説明したように、ジャズのアドリブ演奏中には、コード進行をアレンジすることがあり、ツーファイブを利用するのも其の一つです。7小節目にはトニックコードである「F7」があり、そこをめがけて、6小節目に「Gm7」と「C7」を置いてやると、6・7小節目でツーファイブワンの完成です。6小節目も「B7」で弾き続けることに飽きたら、ツーファイブのコード進行にしてやることにより、ウォーキングベースラインに広がりが生まれます。


仮のトニックコードとしてツーファイブを作ることを説明したバグス・グルーヴの簡略譜面

仮のトニックコードとしてツーファイブを作る

コード進行にアレンジを加えなければ、3小節目に続いて、4小節目も「F7」です。しかし、ここにツーファイブ作ってやることにします。5小節目は「B7」なので、前と同じ「Gm7」と「C7」では、ツーファイブが成立しません。そこで5小節目の「B7」を、仮のトニックコードとして見てやります。そうすると、4小節目は「Cm7」と「F7」にしてやるとよく、これで4度進行が2回ある、ツーファイブワンになる分けです。

コード進行を勝手にアレンジして大丈夫?

しかし、このようにコード進行を勝手にアレンジして、ウォーキングベースラインを作ってもいいのでしょうか。時には伴奏者やアドリブ奏者と、音がぶつかってしまうこともありますが、極端におかしくなることはありません。またベースだけでなく他の演奏者も、ツーファイブを利用したりして、コード進行をアレンジすることがあります。これを音楽理論的に説明すると、長くなってしまうので割愛しますが、コードの構成音が似ているなどの理由により、ツーファイブを使ってコード進行をアレンジ出来る、というのを覚えておきましょう。

マイナーキーのツーファイブ

これまでは、メジャーコードへのツーファイブを見てきましたが、マイナーコードが中心の曲も当然あり、そこへツーファイブがかかることもあります。基本的なことは同じですが、マイナーキーのツーファイブになると、少しだけ変化があるので見ていきましょう。

マイナーコードのツーファイブが確認できるサマータイムの簡略譜面

サマータイムでマイナーコードのツーファイブ

ジャズのスタンダードには「サマータイム」という曲があり、これはそのコード進行を簡単に直したものです。トニックコードは「Am7」で、そこにツーファイブがかかりますが「Bm7(♭5)」「E7」「Am7」と、ツーファイブのツーのコードには(♭5)が付いています。このように、マイナーコードのツーファイブのツーには、(♭5)を加えるのが基本です。また、10・11小節目のツーファイブのファイブには、テンションノートである(♭9)が付いています。ファイブのコードにも、テンションノートを使うことがよくありますが、基本は「●m7(♭5)」「●7」が、マイナーコードのツーファイブだと、覚えておいてもいいでしょう。


枯葉のコード進行でマイナーコードと平行調のツーファイブを説明している簡略譜面

枯葉でマイナーコードのツーファイブ

次は枯葉のコード進行で、この曲は「Gm」や「Gm7」がトニックコードになります。5・6・7小節のルートだけを見てみると「A」「D」「G」と4度進行しており、4度進行するのはメジャーコードのツーファイブと同じです。ルートの右側も確認すると「Am7(♭5)」「D7」「Gm」と、先ほど説明した、基本のマイナーコードのツーファイブと同じです。枯葉では「Gm」や「Gm7」がトニックコードですが、曲によっては「Gm6」や「GmM7」が、トニックコードになることもあります。最後の8小節目ですが、1小節目へのツーファイブを作ってみてください。

平行調で見るツーファイブ

枯葉のキーは「Gマイナー」ですが、平行調のキーは「Bメジャー」になります。そう考えると、1・2・3小節目にかけては、メジャーコードでツーファイブしているのが分かります。音階のことを理解してないと難しいですが、4度進行していることからも、ツーファイブのコード進行だと分かるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントで意見交換してみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です